参考にした本

2009年4月28日 (火)

今まで購入した本から(5) 腎不全とタンパク質

こんばんは。豚インフルエンザのニュースを見ていると、今後どうなっていくのか分からないので心配ですね。これ以上、感染が広がらないことを祈ります。

さて、本シリーズ第5弾(そんな仰々しいものでもありませんが・・・)は、この本です。
『ペットの老後を健やかに』by木村伸子先生

Book05

ベリーママさんが4月23日に下さったコメントで、参考にしていると書いていらっしゃった本です。なんといっても、口コミが一番と思い、購入しました。
ドトールで熱中して読みましたよん。
よかったら、補足してくださいね。

シニア犬、シニア猫に多い疾患、「泌尿器系と循環器系」に絞って書いてあります。つまり腎臓と心臓ですね。
僧帽弁閉鎖不全症、結石、膀胱炎、急性腎不全、慢性腎不全などの概要、症状、食事、サプリメントなどについて書いてあります。

いくつかピックアップ、要約して書きますね。

  • 腎機能の低下した動物には、タンパク質を制限した食事を与えることが重要だと言われ続けてきたが、腎臓疾患とタンパク質制限に関しては、まだ知られていない部分が多くある。
  • 極端なタンパク質の制限食は、犬や猫たちの寿命を縮めるだけ。本当に健康的な身体を維持するためには、高タンパク質の食事が重要。腎臓(糸球体)を傷つけることはない。
  • 腎不全の食事においては、タンパク質の「量」よりも「質」が大切。例えば卵などの質の良いタンパク質は、消化が簡単なので完全に分解されて老廃物がほとんど作り出されない。
  • 腎臓に問題を抱えていても、最低2g/kgのタンパク質を供給する。
  • 可能であれば、生肉を中心とした手作り食にすることがベスト。
  • 質の良いタンパク質を充分に与えることが重要。卵、カッテージチーズ、ミルク(特にヤギ乳)などは、鶏肉や牛肉よりも良質なタンパク質。
  • 血液検査でBUNの値が、80以上でクレアチニンの値が2.5以上になったら、タンパク質をある程度減らす。
  • 充分なエネルギーを供給するためにも充分な脂肪を与える。
  • 食欲が減少したら、一回に与える量を少量にして、回数を増やす。
  • 腎臓の働きを補助するためのサプリメントとして、アルファルファ、ネトル、タンポポなどのハーブ、ビーポレン(蜂花粉)、ロイヤルゼリー、ギー(バターから不純物を取り除いた乳脂肪)などがよい。

タンパク質を制限し過ぎないほうがいい、と獣医師さんが書いているのを読んでホッとしました。未来ちゃんの場合、制限しなくてはいけないほど食べない!のでありますが・・・

体重1キロあたり、最低2グラムのタンパク質ということは、体重11キロだと22グラムのタンパク質で、牛肉や鶏肉100グラム強はOKということになります。
でも、生肉はわが家の場合食べませーん。

それから、ひとつ疑問に思ったのが下記の説明です。
↓↓
「腎臓疾患の場合は、身体を冷やしてくれる食べ物を長期に渡って与えます」

食べ物には身体を暖めるものと、冷やすものがある、という考え方はよく聞きますが、腎臓の場合は「冷え」は良くないので、身体を暖めるものがいいと思っていました。
具体的には、ラム肉は身体に熱を加えるので腎臓疾患では与えないほうがよいと書いてあります。
うーん、これに関しては「?」です。

レシピは殆ど載っていませんが、知識は増えるし、今まで疑問に思っていたことが解消したり、次のステップに繋がるかもしれません。

木村先生の本は他にもありまして、このサイトが参考になりそうです。
→→コロ出版のWebサイト

さて、本についてはこの辺で一度終了しますね。あと数冊あるのですが、腎不全には直接関係ないのでまたの機会にします。

本日の未来ちゃん、新しいものに挑戦。アズミラの「オーシャンフィッシュ」という缶詰です。とてもいい匂いがするので、こりゃいけるかな?と期待しましたが、少ししか食べませんでした。成分を見ると、なかなか良いのでありますが・・・
また明日、詳しく書きます。

Azmira

次は、点滴中の未来ちゃんです。カメラ見てる~!何を言ってるのかな?
「もう帰れるの?」

Hospital

読んでくださって、ありがとうございます。
皆さまのワンちゃんの体調が良くなりますように。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

| | コメント (2)

今まで購入した本から(4)

 こんばんは。「また本なの~?」と言われてしまいそうですが、もう少しお付き合いくださいませ。明日で終わる予定です。

再び須﨑先生の登場で『7歳からの老犬ごはん』です。

Book04

須﨑先生は、手作り食の本を何冊も出版なさっていて重複している内容もかなりあります。立ち読みして、自分が気に入るのを購入すれば充分ではなかろーかと思います。

前半は、手作り食に切り替えると、こんないいことがあるよ~という説明や細かいことは気にせず、とにかく始めてみようという説明が書いてあります。
それから今までドッグフードを食べていて、手作り食にすると、嘔吐や下痢をすることがあるけど心配しなくても大丈夫という説明も詳しく書いてあります。
排泄正常化のスイッチが入るためであり、数か月で収まると書いてありました。

でも腎不全の場合は、腸が弱ってくるので健康なシニア犬のようには、いかないなあというのが実感です。

後半はカラー写真付きで、いろいろなレシピが載っています。
カテゴリーは「老犬のアンチエイジングレシピ」と「病気対策のスペシャルレシピ」に分かれています。
「病気対策」の中に腎不全は含まれていませんが、「血行促進レシピ」などは参考になると思います。
この中で、私が「これを飲んでくれたら嬉しいなあ」と思ったのは、野菜ジュースです。

キャベツ 30グラム
小松菜 10グラム
りんご 4分の1
はちみつ 小さじ1
水 100cc

ザクザク切ってミキサーにかけるだけです。
毎日ではなくて、週に一度、これを飲ませて消化器を休めましょうと書いてあるのですが、未来ちゃんは飲まないだろうなあ(遠い目・・・)

「腎臓サポート」や「k/d」を食べないし、手作りにするといっても、何をつくればいいんだ~と悩んだときに、写真付きのこういう本が参考になるかもしれません。

今日の未来ちゃんの食事は、
朝が、成犬用ミルク150cc とヨーグルト少し
夜が、成犬用ミルク150cc  牛肉とご飯を混ぜたのを3口くらい(もっと食べて~)

薬を飲ませるのに、ヨーグルトを使っています。無糖ヨーグルトは食いつきが悪く、甘いヨーグルトは選択を間違えると、速攻で下痢Pになってしまいます。
いくつか試して、ウンチに影響を与えないと分かったのが、これです(香料、安定剤なし)。
明治の十勝ヨーグルト4個入り。どこにでも売ってますが、これしか買わなくなりました。

Tokachi

さて最後に久しぶりに未来ちゃん登場です。ちょっとピンぼけごめんなさーい。

Mirai4_26

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

| | コメント (0)

2009年4月26日 (日)

今まで購入した本から(3)

 こんばんは。明日は、全国的に最高気温が平年を下回るそうです。体温調節が苦手なシニアのワンちゃんが、体を冷やさないように気をつけましょうね。

 さて、また本についてです。今回は本の内容だけでなく、前から疑問に思っていた「たんぱく質」についても書いてみます。

 本のタイトルは『おいしい犬ごはん+おやつ』by牛尾理恵さん。
獣医師さんではありません。フードコーディネーターであり愛犬家だそうです。監修は獣医師さんです。
Book03

殆どのページがカラーで、美味しそうな食事の写真がたくさん載っています。見ているだけで楽しい。(*^-^)
レシピは小型犬、中型犬、大型犬それぞれの量が書いてあります。

「腎臓病」に4ページ割かれていて、ポイントが3点書いてあります。

  1. 良質なタンパク質を適量与えましょう。
  2. 利尿効果の高い食材を取り入れましょう。
  3. 血圧を下げる効果のある海草類を取り入れましょう。

「1」については、「動物性たんぱく質のほうが植物性たんぱく質よりも排泄する老廃物が少なくてよいとされています」と書いてあります。

前回取り上げた、須﨑先生の本では「たんぱく質の摂取制限が必要な場合は、豆類を中心にする」と書いてありました。豆は植物性たんぱく質です。

私は専門的なことは、分からないのでありますが「たんぱく質」というと、思い浮かぶのが「アミノ酸」です。
「必須アミノ酸」といって、体内では作ることができないものは食べ物から摂取しなくてはならないわけで、これが動物によって異なるようです。

「たんぱく質」を含むものを何でも制限すればいい、というわけではないかも?

ネットで調べると、ワンちゃんの必須アミノ酸について説明しているサイトもありますし、サプリメントもあります。
関心のある方、詳しい方、教えて下さーい。

実は、細かいことを気にしている場合ではないのです。未来ちゃんの場合。
とにかく食が細くなってしまい、体重が下降線。まずはカロリーを摂らなくてはならないのでした。

「2」については、利尿効果の高い食材として、ニンジン、セロリ、あずき、イモ類が挙げられています。
そして、腸における吸収の低下(まさしくこれだ!)、尿中への排泄増加により、ビタミン(B群、C、K)、ミネラル類(鉄、亜鉛)が欠乏しやすいため、食餌にこれらを添加したほうがいいと書いてあります。ただしビタミンDの補給は不要だそうです。

とほほ・・・そんなに無理だわさ。

「3」については、海藻多糖類のフコイダンが血圧を下げる働きがあると書いてあります。

うーん、食べないよ、きっと。

具体的なレシピは、なかなか美味しそうです。

  • レバーペーストのパスタ
  • 焼きサバと小豆の混ぜごはん
  • いわしと卵のオーブン焼き

ここに詳しいレシピを書いたほうがいいのかな。リクエストがあれば書きますよん。

本日の未来ちゃんの食事は
朝が、成犬用ミルク100cc、夜が焼いたササミとヨーグルトを少し。
カロリーが全然足りないよ~ (涙)
昨日、かなりひどい下痢をしたせいもあり、またまた食欲がありません。

猫のクロベェは何を食べているのかと申しますと肝臓用療法食「l/d」

Ld

「猫が大好きなおいしさ」と書いてありますが、不味そうな匂いしかしません。最初は全く食べませんでした。
先生は、これよりは腎臓用のフードのほうが美味しいみたいだから混ぜてみたらとおっしゃったので

Kd

出た~! k/dです。腎臓が悪いわけではないのですが、こちらは少し、美味しそうな匂いがするので少し混ぜています。
退院してから、少しずつ慣れてきて今では殆ど「l/d」にしています。

長文になってごめんなさい。
皆さんのワンちゃんの食欲が出ますように!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

| | コメント (4)

2009年4月24日 (金)

今まで購入した本から(2)

 こんばんは。今日は少し肌寒く感じました。4月は初夏のような日もあり、3月に戻ってしまったような日もあり、体温調節の苦手なシニアのワンちゃんは体調を崩しやすいようです。

さて本日のタイトルは、また本でーす。
Book02_2

須﨑先生は、手作り食に関する本を何冊も出版なさっていますね。この本は症状や病気別に食事療法が載っているので購入しました。

先生お勧めの腎臓病ケアは

  • 歯周病が腎臓病の原因のひとつとして疑われている。歯磨きをしよう。
  • タンパク質の摂取制限が必要な場合は、豆類を中心にする。
  • 魚に含まれるオメガ3系脂肪酸(EPA・DHA)は血行を良くする。
  • 魚介類に含まれるアスタキサンチン(抗酸化物質)は、活性酸素を抑えてくれる。
  • イワシに含まれる、イワシペプチドは腎臓の機能を強化してくれる。

3つ目の「EPA・DHA」は、腎臓に限らず、シニアのワンちゃんには良いみたいですね。
2日前に書いた、「しそ油」に含まれてるα-リノレン酸が、体内でコレになるのでした。

新鮮な青魚が常に手に入るわけではないので、サプリを探したらこんなのがありました。
→→明治製菓のWebサイト

メイベットDCという製品で、オメガ3不飽和脂肪酸(EPAおよびDHA)を主成分とする犬用栄養補助食品だそうです。
ふーむ、病院で尋ねてみようかな。

最後に、この本に出ていた「簡単レシピ」です。

  1. 鍋に水とイワシの煮干しを入れて火にかけ、出汁をとる。
  2. ニンジン、小松菜、さつまいも、ひじきを1口大に切る。
  3. 「1」に「2」を加えて、野菜が柔らかくなるまで煮る。さらに1口大に手で崩した豆腐を加えてひと煮する。
  4. 冷めた「3」をスープごと器によそう。風味付けにティースプーン1杯ほどのごま油をかけて完成。

こういうご飯を食べてくれたら、嬉しいけど。全然ダメです。わが家の場合。
本日の未来ちゃん、またまた夕飯をほとんど食べませんでした。焦らない、焦らない。
明日も頑張りまーす。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

| | コメント (0)

2009年4月22日 (水)

今まで購入した本から(1)

 こんばんは。朝のニュースで知ったのでありますが、昨年から太陽の黒点が観察されず、活動が低下しているそうなのです。
もし、このままだと「寒冷期」が来るかもしれない??
うわ~ コワイ話です。
 さて、昨日の「しそ油」でありますが、未来ちゃんは気に入らなかったようです。フンフンと匂いを嗅いでから「要らなーい」と顔を背けてしまいました。
そんなこともあろうかと、先に少し食べさせてから、しそ油をかけたのでありますが気になるほどの匂いかなあ??と首をかしげました。

 手作り食について何冊か本を購入しましたが、せっかちな私は自己流速読(斜め読みとも言う)をしてしまうので、読み飛ばしているところもあります。
改めて読んでみることにしました。

 昨日の「しそ油」がいいと書いてあったのは、「愛犬のために作るほんとの手作り食!」by長瀬雅之先生
amazonのページにリンクさせようかと思いましたが、タイトルを入力すればすぐに出てくるのでやめました。ごめんなさーい。

Book01_2

 他の本には、あまり書いてないけど長瀬先生が強調していることは

■ワンコの食物アレルゲンのベスト3は「大豆、小麦、乳製品」
■しそ油は、腎臓へ流れる血液量を増やしてくれる作用がある。
■おからは、できれば食べさせないほうがいい。
■手作り食に切り替えることで、血液検査で異常な数値が出たり、痩せたりする犬種があるそうです。ワイヤー・フォックステリア、ウエルシュ・コーギー、ミニチュア・シュナイザー

「おから」を推奨している本のほうが多い中、食べさせないほうがいいと著者が強調する理由は何かというと・・・

大豆タンパクは、ワンコの食物アレルゲンのベスト1に輝くほど抗原性(アレルゲン)が強い食材。
また、大豆イソフラボンを摂取すると、体内で発情ホルモンであるエストロゲンがあたかも分泌された状態になる。もし乳腺腫瘍や子宮の病気を持っていたら、おからが原因で疾患を悪化させるかもしれない。

うーん、そうなのか。未来ちゃんは時々納豆を食べたりしますが、少量なので大丈夫だろうと思っていました。おからも少しあげたことはあります。
翌日、すごくいいウンチが出ました。少しならいいのではないかと思いますが・・・

しそ油は、腎不全でなくても健康なワンちゃんにもいいようです。もちろん人間にも。
「α-リノレン酸」は必要に応じからだの中で「EPA、DHA」に作り変えられるそうです。ほぉ・・・青魚みたいですね。
詳しいことは、→→日清オイリオのページ でどうぞ~

食欲がある日は、「食べたいなあ」という表情になります。そうでない日は、少しだけ食べてとっとと寝床に行って寝てしまいます。
あんなに食べるのが好きだったのにと思うと、悲しくなります。

常に胃が気持ち悪い状態で、それをガマンしているので仕方ないですね。
あっという間に完食して、器をいつまでもなめている姿を見たいなあ・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

| | コメント (4)