2009年3月31日 (火)

猫のクロベェが入院

 今日、猫のクロベェ が入院しました。昨年11月にも1週間入院し、すい臓炎、胆管肝炎と診断されました。点滴、抗生物質の投与などで症状は落ち着いていましたが、必ず再発すると言われていました。
 昨日、今日と嘔吐が続き、急に気持ち悪そうにしたので 「またあの症状だ!」と思って病院に行ったら、黄疸が出ていると言われてすごいショック。
朝、私がまぶたの裏や歯茎を見たときは、普通だと思っていたのですが、先生が「ここです」とおっしゃった目の奥は、薄い黄色でした。
 前足の毛を少し剃って、点滴の準備。クロベェは何をされても、本当に大人しくて優等生なのです。前より悪化していたらどうしよう。

 クロベェが入院すると未来ちゃんの元気がなくなり、未来ちゃんが入院するとクロベェの元気がなくなります。今夜は家の中がやけに静かです。
今頃、どうしているだろう。
 点滴の効果が出ますように。少しでも早く家に帰ってくることができますように。
出るのはため息ばかりです。
しっかりせんかい! >> 自分

 未来ちゃんの食欲がなくなるのではないかと心配しましたが、ご飯、お魚(ブリ)、リンゴを食べました。元気を出そうね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2009年1月17日 (土)

黒黒コンビ

わが家には、猫もいます。もうシニア猫といってもいい年なのですが、いたずら好きで甘えん坊で、今でも子猫のような男の子です。
Kurobe01_2

 クロベェ、推定 9歳です。2000年1月1日に未来ちゃんと散歩していたとき、ミャーという子猫の声がしました。畑の横を歩いていたのですが、枯れた草の中に子猫がいました。
 鼻水と目ヤニでぐちゃぐちゃの子猫を未来ちゃんは、丁寧になめてきれいにしてあげました。子猫はきれいな顔になり、立ち上がって、私たちのあとを付いてきたのです。
 うーん、既に猫がいるし、どうしよう。後ろを向くとトコトコ付いてくる黒猫。元旦だし、これも何かの縁だ。うちの子になる?ということで、わが家に来たのでした。

 クロベェも健康とは言えず、昨年11月に胆管肝炎と診断されました。点滴、薬の投与で今は落ち着いていますが、また再発しますと言われています。元気にしているけど、とても心配。

 昨日の朝、未来ちゃんは全く何も食べませんでした。どうしたんだろう。前日の夜は完食したのに。しばらくして「キュルキュル、グルグル」の音が聞こえました。ブスコパンをシリンジであげましたが、首を振って出そうとしてしまう。
 夕飯の頃には具合が良くなったのか、食べました。セロリが残っていたので、また挽肉と炒めてみたら美味しそうに食べたので一安心。
 今朝は、鳥レバーを茹でて細かく潰し、サツマイモを蒸してマッシュしたのと混ぜました。サツマイモが目立たないようにしないとね。潰していないレバーも混ぜないと。器に入れて3分の2くらい食べました。よかった~!
 去年の10月、具合が悪くなるまではドッグフードを食べていました。手作りに切り替えるとき、手作りならば食欲も出るだろうと期待していましたが、匂いだけ嗅いで 「フン」と顔を背けてしまうことが続きました。

 腎不全のワンちゃんが、なかなか食べなくて苦労なさっている方々たくさんいらっしゃると思います。ごはんをガツガツ食べたいけれど、気持ち悪くて食べられないというのが腎不全のワンちゃんなので、あまり落ち込まず(飼い主の気持ちはワンちゃんに伝わってしまうから)気持ちを素早く切り替えて 「少し食べられたね、よかったねえ」 と話しかけたり、「明日は何を作ろうかな?」と考えたりしてみてください。
 ・・・と書きつつも、私の毎日は未来の食欲があるかどうかで、気持ちが左右されてしまうのを自覚しています。

Mirai_03

カメラをあまり好きではない未来ちゃんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)