« 最近のクロベェ | トップページ | 4週間経ちました »

2011年5月21日 (土)

気持ちの区切り

こんばんは。5月21日(土)の夜です。
クロベェは少し食欲が出てきました。
先週は、帰宅してフードボウルを見たときにドライフードが全く減っていなかったので心配しましたが、今週は毎日少し減っていました。

皮下点滴は、朝シリンジで60cc、シーパラ(ビタミン)をアンプルの半分くらい入れます。
夜は、輸液パックから直接100ccくらい。
相変わらず、針を刺す毎日です。
お薬は、ファモチジン1/2錠(朝のみ)、ウルソ1/2錠(朝夜)、メトロニダゾール1/2錠(朝夜)、タウリン末1/4袋(夜のみ)

薬に関しては、未来よりも種類が多いのですが、口を開けて「あーん、ポイッ」ができます。
メトロニダゾールは、ものすごく苦くて少しでも舌の上に落ちると、ゲーッと吐き出してしまうため、喉の穴を目標に投げるように入れます。
このとき緊張し過ぎて、今まで2回ほど失敗しました。
どうなるかというと、クロベェはあまりの苦さにびっくりし、動き回り、口の中は唾液で泡だらけ、洗剤でも舐めたのかと思うくらい大変なことになります。

薬を用意して、抱っこすると、クロベェは「わっ!薬だ」と分かってしまうので最初はシリンジで猫ミルクをあげて、抱きしめて機嫌を良くしてからという手順を踏んでいるのですが、最近はそれもバレバレになってきました。

クロベェは、よく我慢してくれています。
皮下点滴のとき、私が準備すると自分から「伏せ」のような格好をしてくれるし、ピュンと逃げることもありません。

我慢してくれているけど、不憫でね・・・
朝も夜も薬に皮下点滴。
今月末の検査で、結果が良くなっていたら薬を減らしてもらえるだろうか。

★さて、話は変わります。

このブログを始めるとき、タイトルをどうしようかと考えました。
腎不全に関する情報が欲しかったし、共有したかったし、日々の出来事よりも、とにかく「腎不全、腎臓病」に的を絞ることが目的でしたので、タイトルも現実的にストレートに付けました。

たくさんの方々に応援して頂きました。
本当にありがとうございました。

未来が旅立った後、これからも続けていくかというと、私は気持ちの整理がある程度ついたら、終わりにしようと考えています。
ブログそのものは残します。

焦るつもりはありません。何月何日と決めているわけでもありません。
あくまでこのブログは未来のこと、腎不全のことに的を絞ってきたので、区切りをつけたいのです。
今のところ、こんな風にしか書けないのですが、もう少し時間が経ったらきちんと書けると思います。

最近、井上ひさしさんの「日本語教室」に書いてあった文章を読んで、すごーく頷きました。

『人間がそれぞれ持っている精神を言葉というものに託したときに、つまり人間がいてこそ言葉は生きていくわけです』

前後のつながりを書かずに、ここだけ抜粋すると「はぁ?」と思われるかもしれませんが、「精神を言葉に託す」という部分がとても好きなんです。
「気持ちを言葉に託す」と表現してもいいですね。

自分が知っている日本語で、いかに表現できるか、説明できるか。
一生の課題だなあ。もっと大人にならなくては。
だんだん話が逸れてきたかな。

★またまた、話は全く変わりますが、放射能のこと。
私は、新聞やテレビから得る情報を全て信じることができなくて、とても危機感を持っています。

福島や茨城の農家を応援したいけれど、野菜がすべて安全だと誰が言い切れるでしょうか。
カゴメやデルモンテが福島産の加工トマトの契約栽培を休止しました。
農家にとっては、痛手です。
けれど、私がカゴメの社員だったら、休止に賛成すると思います。

野菜が売れない、生乳が売れない、それは辛いことです。
生産者の方々がおっしゃるとおり、これは自然災害ではなく、人災です。
でも、「安全な野菜を食べさせる」という基本に戻って考えると、放射能物質を含んだものを出荷して、それを子どもが食べる事態は避けなくてはならないのでは?

低濃度の汚染だから安心、安全と言われても、納得できません。
たとえ低濃度でも、体内に蓄積されると、ガンになる可能性はとても高いのではないでしょうか。

東電が、海に流出した放射能汚染水は、広い海で希釈されるなどと発表していますが、これも「ちゃんと調べないで適当なことを言ってる」としか思えないのです。
海洋学者、生物学者は、もっと危機感を持っているはず。

どうする?
関西に引っ越すか?仕事を辞めて?
私に子どもがいたら、そうするかもしれません。

今の私にとっては、引越は現実的ではありませんが、「千葉も東京も安全ではない」と考えています。

長文になってしまいました。
今日も読んでくださってありがとうございました。

腎不全のワンちゃん、シニアのワンちゃんと暮らしている方々、「今いっしょにいる時間」を大切にして、しんどいときは息抜きもして、ご自分の体も大切にしてくださいね。
ワンちゃんたちが、穏やかに過ごせますように。
いつも応援しています。

|

« 最近のクロベェ | トップページ | 4週間経ちました »

コメント

クロベェちゃんもがんばってますね~薬を飲んでもらう時はちゃっぴぃは全くだめで飲んだら吐いたりで 自分でもこれでいいのか 飲ませられない時は、落ち込んだりしてた時も ご飯が食べれないときもみゅうさんのブログで勇気元気もらえた事思い出しています。 みゅうさんのブログにおじゃまさせてもらってから すごく勇気をもらってる立場ですが、未来ちゃんの闘病日記はとても 最初のコメントで( 未来の命が続く限り続けて行きます。)という始まりのところに魅かれてほぼ毎日見させてもらってます。ちゃっぴぃが旅立った後も見させてもらっています。未来ちゃんの名前も残して欲しいなあ~ ブログも続けて欲しいな~と 思い お返事させてもらいました。
みゅうさんとクロベィちゃんのそばに未来ちゃんはいると思います。穏やかに過ごせますように~
また おじゃまさせて下さい。  

投稿: ちゃっぴぃママ | 2011年5月22日 (日) 23時03分

ちゃっぴぃママさん、こんにちは。
いつもブログを見てくださって、ありがとうございます。
記事の中に書いたとおり、このブログはずーっと続けていくのではなく、もう少ししたら終わりにします。
大変申し訳ありません。
ブログそのものは残しますので、いつでもご覧くださいね。

投稿: みゅう→ちゃっぴぃママさん | 2011年5月24日 (火) 04時24分

クロベェちゃん少し食べてくれたんですね〜
やったー(*^^*)
それにしてもクロベェちゃんは健気でお利口さんですね
皮下する時にふせしてくれるなんて…
よく猫さんの方が痛みに強いと言いますが飼い主にしてみれば大好きな愛猫に毎日針を刺さなければならないのは辛い事ですから健気にされるとたまらないでしょうね
想像したらなんとも言い難い気持ちになりました
クロベェちゃんには泣かされてばかりです(涙)

ブログの件ですが私ならと考えてみましたが私も同じ決断をすると思います
このブログが更新されなくなるのは寂しい事ではありますが無くなる訳でないですからね
いつかクロベェちゃんのブログをされるのでしたら教えて下さいね!
猫さんの事はさっぱりわからない私ですが猫さん飼いの友達は沢山いますので役に立つかも?ですよ(笑)

投稿: しゃん | 2011年5月24日 (火) 09時15分

みゅうさん、こんにちは。
以前コメントさせて頂いた16歳の腎不全のわんこの飼い主です。
GWに膵炎を併発しどうなることかと思い大変でした。
ブログにお伺いして大変に驚きました。未来ちゃんの食欲は心配だったのですが、過去のブログもかなり読ませて頂き、血液検査はずっと落ち着いているので大丈夫だと思っていました。
みゅうさんの介護には頭がさがります。そして、大変に気持ちが綺麗で優しいです。
未来ちゃんはみゅうさんの娘でどれほど愛しているかも分かります。
私は今回取り乱してしまいました。
今現在は安定しているのですが、体重が6キロです。中型なのに。
自分の事を申し上げてしまい、申し訳ありません。
これからも応援させてください。
みゅうさんの過去ブログ、大変に大変に参考にさせて頂いています。
ありがとうございます。

未来ちゃん、今はごはんたくさん食べれますね。未来ちゃん、どうかどうか安らかに。
ママとクロベェちゃんを見守ってください。

投稿: まみ | 2011年5月24日 (火) 14時48分

はじめましてウィルともうします。
以前からこちらのブログを拝見させていただいておりました。
今年2月に愛犬のレオを腎臓病で亡くしました。発病してからまともにご飯も食べてくれず、ずっとずっと悩んでいた時にこちらのブログにたくさんの知識や、介護への勇気をいただきました。

やっと少し気持ちが落ち着いて久々に覗かせていただいた所、未来ちゃんの訃報を目にして涙が止まりませんでした。

レオも最期はまともに歩けず点滴の毎日でした。
大好きなお肉すらうけつけず、常に吐いてひとりで歩けなくお散歩にもいけませんでした。

飼い主として勝手かもしれませんが、そんな毎日でも生きていて傍にいてくれるだけで嬉しかったです。

亡くなる前日まで、大変でもレオがいてくれる毎日が続くと信じていました。

亡くなった後は本当に何も考えれず、ただただ泣く毎日。
未だに気を抜くと涙がでてしまいます。

でもきっと自分が泣いてばかりではレオも困るんじゃないかなと思い、前を向く努力をしようと考えています。
極力家族や友人との会話などにレオのことを交えようとしたりしてます。
レオがおバカなことをしてたことや、場所や季節での思い出など話していると少しずつですが笑って話すことができるようになりました。

今は大好きなおやつやお肉もおなかいいぱい食べて元気に遊んでくれてるのかなと思います。

未来ちゃんとレオが元気に一緒に走る姿を勝手に思い浮かべてしまいます。

レオが亡くなるまでの間、レオと私はみゅうさんと未来ちゃんにとても励まされました。
一生懸命生きた未来ちゃんを忘れません。
本当にありがとうございました。
ずっと言おうと思っていたのですが、お礼が遅くなってしまい申し訳ないです。

またこちらにお邪魔させてください。


投稿: ウィル | 2011年5月25日 (水) 23時43分

しゃんさん、こんにちは。
クロベェの食欲は相変わらず細いです。
ただ、元の体重に戻ると「太りすぎ」になってしまうので「なんとか、これ以上減らないように」と思っています。
どんなブログにするか、ずっと続けるかは、書いている人次第で、考え方もいろいろですね。
もう少しだけ更新しようと思っています。

投稿: みゅう→しゃんさん | 2011年5月26日 (木) 04時29分

まみさん、こんにちは。
コメントにはご自分のワンちゃんのこと、どんどん書いてくださっていいのですよ~
年を重ねると体重が増えなくなりますね。
未来も、痩せていきました。
消化する力も少しずつ衰えていきます。
抱っこする度に軽くて、切ない気持ちでした。
まみさんのワンちゃんが安定していて嬉しいです。
今を大切に、穏やかに過ごせるよう応援しています。

投稿: みゅう→まみさん | 2011年5月26日 (木) 04時32分

ウィルさん、はじめまして。
2月にレオちゃんが旅立ったときも、今までも文章にできないくらい、悲しかったことと思います。
私も普通に明日が来ると信じていました。

楽しかったことも沢山思い出すと、少し気持ちが和みますね。
「日にち薬」は少しずつ効いて、涙も少しずつ乾くとは思うけど、何かのきっかけで洪水のようにまた溢れてしまうと思います。
それでいいのじゃないかな・・・
だって大切な大切な家族ですから。
いつまでも大好きですから。
また何か話したくなったら、コメントくださいね。

投稿: みゅう→ウィルさん | 2011年5月26日 (木) 04時41分

初めまして。
14歳メスの犬が腎障害だと言われました。通院していた病院では皮下点滴と薬(心臓)の2つから皮下点滴を進められました。
セカンドオピニオンでの病院では、皮下点滴はまだせず、薬(エースワーカー・犬慢性心不全用ACE阻害剤、僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に伴う症状の改善)の服用と腎臓病食への変更を言われました。
薬も飲み続けなければならないし、副作用など難しい…皮下点滴も不安…
どちらを信じ、どうしたらいいのかわからず、すがる思いでメールさせて頂きます。 不安いっぱいで探して出会えたこちらのブログ。泣きながら自分もしっかりしなくちゃ と思えたのです。
ありがとうございます。

投稿: のりこ | 2011年5月27日 (金) 00時00分

のりこさん、はじめまして。
突然、愛犬が腎臓病と言われたら驚き、不安になりますね。お気持ちよく分かります。
皮下点滴をしたほうがいいのかどうかの判断は、のりこさんのコメントを拝見しただけでは私には分かりません。
血液検査の結果が、それほど悪くない場合、つまりBUNやクレアチニンの値が高くないならば、まだ皮下点滴をしなくても大丈夫かもしれません。
その判断は先生が行うので、先生に質問なさるのが一番です。

ACE阻害剤は、腎臓病のワンちゃんが必ずといっていいほど服用する薬で、未来も飲んでいました。
飲むならば、確かに毎日です。
皮下点滴、お薬、食事療法、どれも対症療法としては一般的、誰もが頷くと思いますが、今ののりこさんのワンちゃんの状態を知らないので全て行ったほうがいいのかどうか、ここでお答えすることはできません。
申し訳ありません。

病院の先生が何もかもきちんと説明してくださらない場合は、自分で質問を整理して、自分から尋ねてみましょう。

今回のコメントを拝見して、まだ初期の状態ではないかなと思いました。
ならば、今が大切です。
食事療法と薬は早めのほうがいいように思います。
今回のコメントを読んで、分かりにくければまた返信してください。

最初は誰もが驚き、戸惑い、悲しみます。
でも大丈夫!大切なワンちゃんのために、きっと頑張れます。

投稿: みゅう→のりこさん | 2011年5月27日 (金) 06時10分

ありがとうございます。
とても参考になり、頭の整理ができました。
一人で考えていると分からなくなり、不安でいっぱいになります…
挫けてしまいそうでした。でもしっかり先生方に話が聞けるように、後悔しないように…頑張ります。
症状ですが、BUN61.3 クレアチニン2.1です。
レントゲンから一つの腎臓がかなり小さくなっているそうです。
様々な症状が考えると当てはまります。きちんと向き合おうと思います。
本当に感謝致します。
勝手ですが、今このブログが私の支えです。

投稿: のりこ | 2011年5月27日 (金) 18時33分

みゅうさん、お久しぶりです。コメントするのは、1年ぶりです。

愛犬コウ太が腎不全で亡くなって1年経ちました。
コウ太がいなくなってからも、このブログは拝見させてもらってました。
コウ太も、未来ちゃんと、虹の橋で『ご対面』した事と思います。

未来ちゃんのことを知って、コウ太が腎不全と宣告されたときのこと、寿命は生きられないと言われ、まさか1年で亡くなってしまうとは思わなかったこと、昨日まで食べたのに、昨日まで歩けたのに、昨日までここにいたのに・・・と、思い出してしまいました。

持ち帰った遺骨と写真に向かって、笑いながら話しかけていますが、気を抜くと、6年半しか生きられなかったコウ太の事を考えてしまい、泣いてしまう日々です。

憐れんではダメ、泣いてはダメ、と思ってはいますが、なかなか・・・

腎不全と診断されてからの1年間は、食べたいものも食べれず、薬は毎日、おまけに皮下点滴・・・大変な思いをして頑張ったのだから、今は虹の橋で、お友達と未来ちゃんと、楽しく遊んでいると信じています。

みゅうさんのブログには、大変お世話になりました。
ありがとうございました。

投稿: コウ太 | 2011年5月27日 (金) 21時23分

再び、のりこさんへ
血液検査の結果を教えてくださってありがとうございます。
BUN61.3 CRE2.1の状態で、ワンちゃんに普通の食欲があるのならば、毎日皮下点滴をしなくてもいいかもしれません。
未来が通っていた病院では、この数値ならば週に3回くらい皮下点滴をしていました。
お薬も飲んでいました。参考までに。

食事療法は早いほうがいいと思います。
普通のフードではなく、タンパク質、リンを控えた腎臓用のフードが何種類もあります。

進行が速いかどうかは、ワンちゃんによって異なります。
今はCREが2.1でも、どんどん上昇していく子もいます。
ワンちゃんの状態、検査の結果、こまめにチェックしてあげましょう。

私自身の経験、他のワンちゃんの飼い主さんから聞いたことを思い出すと、世の中には「腎不全」と分かるとあまり親切に対応してくれない先生もいるようです。
「腎不全は治らない」とか「仕方がない」とか、マイナス志向で話す先生でないことを祈ります。

確かに完治する病気ではないけれど、進行を遅らせることはできるので、落ち着いてね。
のりこさんの熱意が先生に伝われば、説明もしてくださると思います。
大丈夫!応援しています。

投稿: みゅう→のりこさん | 2011年5月28日 (土) 09時37分

コウ太さん、お久しぶりです。
ジャックラッセルテリアのコウ太君、虹の橋で走り回っていますね。未来は付いていくのに必死かも?しれません。

若かったコウ太君を思い出すと、これからも涙は溢れると思います。
泣くのを我慢するのではなく、泣きたいときはいっぱい泣きましょう。

楽しかったことや、数々のイタズラなども思い出して、笑いながら「あんなこともあったねえ」と話すこともありますね。
残されて生きている私たちは、泣いたり、後悔したり、笑ったり、話しかけたりの繰り返し。
自然な気持ちでいいのではないかと思います。

病気で旅立ったワンちゃんたちは、虹の橋では楽しく、美味しい毎日を送っていると信じています。
何の心配もなく、毎日笑顔で過ごしていて、いつかまた飼い主と会えるのを待ってくれていますね。

投稿: みゅう→コウ太さん | 2011年5月28日 (土) 09時54分

ありがとうございます。
やはりどこかで私はまだ認めたくない、良くなる…という気持ちがあるのだと思います。皮下点滴も覚悟しなければと思いました。
早速フードを変えて、薬をはじめます。
沢山の力をいただきました。
ありがとうございます。
挫けてしまうかもしれません…また、つながらせていただけたら嬉しいです。 いただいたお言葉をいつも心に持ち、進みます。
どうかお元気でありますように。

投稿: のりこ | 2011年5月28日 (土) 18時40分

初めてコメントさせていただきます。私のラブラドールも、昨年、慢性腎不全で亡くなりました。ネットでいろんな情報を探している最中に、未来ちゃんのブログにたどり着きました。
好奇心だけで聞いてくる人や無神経な人には本当に怒りを覚えます。私は岩手の内陸に住んでいますが、今回の震災でもそれを感じてしまいました。思いやりのある人が増えてくれたらと思う日々です。
丁寧で親切なブログに感謝しています。

投稿: あい | 2011年5月29日 (日) 16時02分

あいさん、はじめまして。
岩手にお住まいなんですね。内陸でもかなり揺れて、大変だったでしょう。
よく「人の立場に立って考えよう」という言葉を聞きますが、なかなかできることではないですね。
震災を経験したことがない人には、被災した人の気持ちは本当には分からないし、大切な家族や友人を亡くしたことがない人には、やはりその気持ちが分からない。
でも、それは仕方がないこと。
あらゆることを経験している人なんて、どこにもいないから。

でも、正直な人、想像力のある人、どのくらい距離を取ればいいのか察することができる人、思いやりのある人は、少なくとも人を傷つけることはないような気がします。
自分に言い聞かせるためにも書いています。

あいさんも、大切なワンちゃんを亡くして辛いですね。
今は、笑顔で楽しく遊んでいますね。
未来と虹の橋で会ってるかな。

投稿: みゅう→あいさん | 2011年5月31日 (火) 23時14分

何よりも大切だった愛犬が慢性腎不全末期と診断されて、このブログをみました。
診断されてたったの1週間で旅立ちましたが、未来ちゃんママのブログを何回もみて、いつか来る日を覚悟してました。
もうすぐ49日です。
幸いにも最期をみとりましたが、それでもまだ死んだことを受け入れられていません。
受け入れられないことを、誰にも言えません。
天国があるのなら、行ってほしいので、未練を残さないようにと思うので。
また会いに来てくれるんでしょうか?
49日目に、死を受け入れてあげなければと思っています。
未来ちゃんママ、今はどう過ごしていますか
夢で会えますか?

投稿: フブコレ | 2012年10月26日 (金) 03時55分

フブコレさん、はじめまして。
夢でもいいから会いたい。今もそう思います。
なぜか、全く夢には登場してくれません。

愛犬が旅立ってしまったことを受け入れることができない気持ち、お察し致します。
これは、私の考えですが、無理に受け入れようとする必要はないと思います。
時間に任せて、自分の気持ちに任せて、もう自然そのままでいいのではないでしょうか。

年月と共に「日にち薬」のおかげで、少しずつ悲しみが和らぐようにも思えますが、写真を見たり、形見を触ったりすると、涙が止まらなくなります。
精一杯のことをしたけど、あれでよかったのかと今でも考えてしまいます。

また会える。私の場合はこう考えることで少し気持ちが落ち着きます。
見守っていてくれる、そんなふうにも思います。

仕事など日常生活が忙しいことで気が紛れているというのが正直なところです。

フブコレさん、何のお役にも立てませんが、頑張らなくては!とか、受け入れなくては!と思わず、泣きたいときは思い切り泣いて、楽しいことも沢山思い出してみてください。
あとは時間が少しずつ少しずつ手伝ってくれるかもしれません。


投稿: みゅう→フブコレさん | 2012年10月26日 (金) 14時08分

ありがとうございます!
日にち薬、信じてみます。
悲しそうな顔、嬉しそうな顔、困った顔、笑った顔、全部が今はまだ苦しいですが、どう考えても楽しかった事の方が多かったです。
また会えるかわかんないんなら、会えると信じてたほうが、いいですもんね!

本当に、未来ちゃん&みゅうさんに会えてよかったです。
勝手に覗いて、勝手に力もらって、ごめんなさい。
でも、ありがとうございました!

みゅうさん、未来ちゃんに、会えますよ、きっと!
ありがとうございました。

投稿: フブコレ | 2012年10月26日 (金) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近のクロベェ | トップページ | 4週間経ちました »