« クロベェ退院 | トップページ | 血液検査・尿検査(4/27,2011) »

2011年4月18日 (月)

最近の未来

おはようございます。4月も半ばを過ぎました。
原発は、どうなるのか。不安な日々が続きます。避難している方々は、もっと不安で憤りを感じていらっしゃるでしょう。

最近、夜鳴きというより、「夜吠え」になってきました。
大きな声で吠えるのです。
全く別のワンコになってしまったみたいに・・・

抱きしめると一瞬止まりますが、じっとしているのを嫌がります。

食欲はあまりありません。
食べることに関心がないといいますか、動き回ること、吠えることに集中しています。
リフレックス錠も以前のように効かず、「夜吠え」がひどくなるので、投与の回数を減らしました。

体重がまたまた減って、ガリガリに近い状態になってきました。
でも、まあまあ元気にしています。

文章で書くと、なんだか大変みたいな印象を与えてしまうかも?しれませんが、ずっと一緒に暮らしてきたから、もう全部受け入れて、時にはため息をつきながらも、大丈夫!「今」を一緒に生きています。

クロベェは昨日、血液検査をして「OK」でした。
よかった、よかった。

春です。
冬を乗り越えて、私たち家族は、春を一緒に過ごせることに感謝です。

今日もいい日でありますように。
いつも応援ありがとうございます。

|

« クロベェ退院 | トップページ | 血液検査・尿検査(4/27,2011) »

コメント

こんにちは。
うちの子も16歳で腎不全です。
もともと肝臓、心臓と悪いので併発してしまいました。今朝も嘔吐がありました。。
先日からブログ拝見させて頂いています。
応援しています。
頑張って下さい。

投稿: まみ | 2011年4月20日 (水) 15時38分

まみさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
腎臓は他の臓器の影響を受けやすいので、辛いですね。
食欲がなかったり、嘔吐したり、飼い主の気持ちも安定しないですが、今一緒に居る時間を大切に穏やかに過ごせるよう祈っています。
いつでもコメントくださいね。
応援しています。

投稿: みゅう→まみさん | 2011年4月22日 (金) 04時56分

初めてコメントします。
遅くなったけど…クロベェちゃんの退院おめでとうございます。
先月末家の8才のワンコが血液検査で腎臓が悪いと言われました。
今はまだ元気で本当に病気かな?と思います。
セカンドオピニオンも考えたけど体に負担をかけると思って辞めました。
みゆぅさんのブログは色々なことがとても参考になります。

おやつも あげられないと思うと悲しくなります。
治療は始まったばかりで不安になるけど…病気と戦っている子がいて勇気づけられました。

また遊びに来ますね。

投稿: ちぃ | 2011年4月24日 (日) 10時49分

初めまして、うちの子も 同じように闘病生活してます。
腎不全、尿毒症も進んでいるミニチュアダックスの女の子(実はおばあちゃん)です。なんと1995年9月18日生まれで、未来ちゃんと同じ誕生日です。
嘔吐や下痢、食欲不振、発作、徘徊、などの症状が出てます。
今日は食欲があり、プリンとはんぺんを食べましたが、いつも何を食べてくれるか・・・
カートに乗せておしゃべりしながら(私の単なる独り言)通院してます。穏やかに残された日々を過ごせることだけを願ってます。
お互い笑顔を忘れず がんばりましょう!

投稿: びーママ | 2011年4月25日 (月) 14時46分

ちぃさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
8歳で腎臓が悪いと言われたらショックだと思います。お気持ちお察し致します。
元気にしているということは、まだごく初期の段階かな?
今の状態がキープできるよう応援しています。
おやつをあげることで、食欲が出ることもあるので少しくらい大丈夫だと私は思っています。
「~しなくてはならない」とがんじがらめになってしまうとストレスが溜まり、それがワンちゃんにも伝わってしまいます。
時には息抜きもしましょうね。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: みゅう→ちぃさん | 2011年4月26日 (火) 04時19分

びーママさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
なんと!未来と全く同じ誕生日なのですね。
ビックリです。
嘔吐や下痢があると、とても心配になりますし、気持ちも落ち込みますね。
うんうん、笑顔を忘れないように(^^)私も心がけています。
一緒に居ることができる時間に感謝して、今日も穏やかに過ごせますように。
応援しています。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: みゅう→びーママさん | 2011年4月26日 (火) 04時24分

こんにちは。わが家の愛犬(ウェルシュコーギー・9歳)も腎不全で、この夏から食欲が落ち、体重も減少。「とにかく食べられるものを探して食べさせて体重を増やしましょう」と獣医師に言われていますが、療法食を食べず、どうすればいいのかわからず、元気のない愛犬を前にめげています。わらをもすがる気持ちでいろいろと検索していてここにたどりつきました。もう少ししたらまた病院にでかけるため、まだ詳しく読んでいませんが、食事を摂らない様子がうちのコとまったく同じで、涙が出てきました。今実家の母(人間)も入院中で、精神的にも参っています。また後でゆっくり拝見して、いろいろと参考にさせていただきます。とにかく同じ思いの人とつながれることが心強いです。

投稿: アレックの母 | 2011年8月26日 (金) 08時49分

アレックの母さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
返信遅くなって申し訳ありません。

9歳という若さで腎不全と診断されて、辛いことと思います。
お母様が入院中で、心身ともに疲れが溜まっているでしょう。
ご自身のお体も大切になさってくださいね。

ワンちゃんは食べることが大好きなのに、食欲がないと本当に悲しくなりますね。
お気持ち、とってもよく分かります。

でもね、今現在、目の前に愛犬が居るというのは幸せなことです。
「今」を大切にして、気持ちを少しでも落ち着けてアレックちゃんが穏やかに過ごせるといいですね。
応援しています。

投稿: みゅう→アレックの母さん | 2011年8月29日 (月) 00時48分

なんやかやで慌ただしい日々のなか、なかなかメール・ブログチェックもできず、今コメントが返っていることに気づきました! お忙しいのに、ありがとうございます。アレックはもともと結石持ちで、今年の冬食欲が落ち、血液検査で腎不全が発覚しました。もともと通っていた病院があったのですが、この夏食欲がなくなり嘔吐がみられて心配になり、セカンドオピニオンを求めるつもりで今の病院を受診しました。多くの検査の結果、慢性膀胱炎と前立腺肥大もあり、まずこれを治すことが必要と言われました。試行錯誤の末ダメもとで与えてみたヒルズのk/dのドライを食べるようになり数日たちますが、便がかなりゆるんでなかなか治りません。また薬を嫌がるようになり、どうやっても口にしなくなって困っています。エサに混ぜたり好物に混ぜても器用に出したり、最近ではまず見向きもしなくなりました。注射器でやると、口を固く閉じて反抗し、やる人間も犬も疲れ果ててしまいました。医療費も膨大で、かなり頭を抱えています。どこまで投薬や治療を行えばよいのか、いろいろな意味で悩んでいます。
悩みは尽きず、精神的にもキツイので、ときどきコメントさせていただけるとうれしいです♪

投稿: アレックの母 | 2011年9月 3日 (土) 12時05分

アレックの母さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
いつでもコメントを書きに来てくださいね。

薬を嫌がると辛いですね。未来もそうでした。スイカの種を吐き出すみたいに、ペッと出したり、私が一瞬横を向いたときに出して、掃除のときに気付いたり。

イライラして、キーッとなっても悪循環です。
アレック君は、お母さんの気持ちをお見通しなのかもしれません。
少し気持ちを落ち着けてから、トライしてみましょう。
毎日確実に薬を飲ませたいところですが、完璧主義を目指すと人間もワンコも疲れてしまいます。

腎臓病用のフードは、タンパク質を抑えて、脂肪を多めにしてあるのでウンチがゆるくなることもあるかも。
その他腸内バランスが崩れると、ゆるくなります。
ウンチの検査をして異常がなければ、ミヤリサンなどを処方して頂くのもいいですね。

未来が生きていた頃は、私も精神的に辛いことが沢山ありましたので、お気持ちはよーく分かります。
しんどいときは、息抜きも必要です。
愚痴をこぼすことも必要です。
「もう限界だ~」と言うことも、思い切り泣くことも、時には必要。
人間ですもん。
どんなに頑張っても、愛していても、辛いときは辛いのですよん。
愚痴をこぼしたくなったら、いつでもコメントください。
応援しています。

投稿: みゅう→アレックの母さん | 2011年9月 3日 (土) 17時08分

みゅうさん、お返事ありがとうございます。

アレックは昨日も新しいおやつに薬を混ぜていることを見事に見抜き、そこにササミを混ぜようとも、私が口に入れるマネをしておいしそうにみせようとも、まったく近寄ってきませんでした。どうして変なところでこんなに賢いんだろう? と情けなくなります。

でも、みゅうさんからのコメントをみて、「高価な薬、そしてアレックの病状回復のためになんとしてでも飲ませなければ!!」と必死になりすぎるのを少しセーブしてみようか、と思いました。毎日飲まないからって、たとえしばらく飲めなくてもいいよねって思うことが今の私とアレックには大切なことなのかもしれません。

ウンチのゆるさは、ロイヤルカナンからヒルズに替えたこと、またしばらく食べられない状態が続いていたのに急に食べるようになり腸が対応できていないためのようです。とにかく今薬を飲まないので、整腸剤の処方は先送りして、腸が慣れるのを様子見しています。

ここのところ精神的にかなりしんどかったので、みゅうさんからのコメントにとても救われました。ありがとうございます。「私はこんなにしんどいんだよぉ~!」って、いう気持ちを同じ目線で理解してくださる方がいることに感謝です。

またときどき愚痴りにお邪魔すると思いますが、よろしくお願いします♪

投稿: アレックの母 | 2011年9月 4日 (日) 10時40分

こんにちは。
ずいぶんのご無沙汰になってしまいました。
前回コメントしてから早2ヶ月、途中何度もくじけそうになりながらも、病院通いや介助や心労やらの日々で、コメントも入れられずそのままになってしまいました。

アレックは10月1日に天に召されました。
生まれて初めての入院が、生涯で最後の入院になりました。

腎臓を患うということ、それが犬であるということ。

私の兄も腎臓病患者で、もう長く人工透析を続けています。
だから、腎臓病で人工透析なしで過ごすということがいかに危険なことかはよくわかっていました。

本当に食欲不振がひどくなっ転院したのが8月の初め、約2ヶ月の末期闘病生活でした。
病院の先生が、「2ヶ月といったらとても短いと思われるかもしれないけれど、犬の2ヶ月はけっこう長いですから…」と言われた言葉がずっと胸に残っています。

それならば、最後に入院させた約1週間は、アレックにとってどんなに長かったんだろう、独りぼっちでどんなに心細かっただろう? と思ってしまうのです。

12月28日で10歳になるはずでした。
せめてお誕生日まで…、の願いもかないませんでした。

今頃は虹の橋を渡って、お腹いっぱい、療法食じゃないおいしいごはんをおなかいっぱい食べてるかな?
たくさんのお友達と元気いっぱい走り回ってるかな?

もうあれ以上、アレックに「頑張れ」とは言えなかった。
だから、彼が天に召されたことは仕方のないことだと頭ではわかっているのですが、いつも一緒にいただけに、彼が写真立ての中に収まってしまったこと、ここにいないこと、撫でることができないことがとても寂しいです。

せめて最後の夜をわが家で一緒に過ごして、最期のそのときをともに迎えられたことだけが、救いでした。


ようやく1ヶ月がたち、少しは落ち着いて来ましたが、まだまだ当分立ち直れそうにありません。

でも、アレックに出逢えたことは本当に素晴らしいことでした。
遠くない将来、また新しい出逢いができればいいな、と思っています。

本当に短い間でしたが、みゅうさんのサイトに出逢えて助けられました。
ほんとうに、ありがとうございました。


投稿: アレックの母 | 2011年10月31日 (月) 17時28分

アレックの母さんへ
こんばんは。みゅうです。返信が遅くなって申し訳ありません。

アレック君もお母さんも本当によく頑張りました。
最後の日、一緒に過ごすことができてよかった・・・

今のお気持ち、とてもよく分かります。

立ち直ろうと思わなくていいのですよ。
自分の気持ちに素直になって、いっぱい泣いて、いっぱい思い出していいのです。

未来が旅立って半年経ちましたが、今もあまり変わりません・・・
泣いていたら未来が心配するから元気出そうと思ったり、話しかけてみたり、楽しいことも思い出して笑ったり、ああすればよかった、こうすればよかったと後悔したり、そんなことを繰り返しています。

アレック君は、今までもこれからも家族の皆さんと一緒です。
気持ちは、きっとアレック君に届いています。

アレック君へ
よく頑張ったね。今は虹の橋で楽しく遊んでいるかな?
未来に会ったら、友達になってあげてください。
いつか、みんなで会える日が来るから、それまで少しお別れだね。
お空から、お母さんのこと見守ってあげてね。

投稿: みゅう→アレックの母さん | 2011年11月 4日 (金) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クロベェ退院 | トップページ | 血液検査・尿検査(4/27,2011) »