« クロベェの緊急入院 | トップページ | 慢性膵炎かも »

2011年2月21日 (月)

クロベェの容態

こんばんは。日付が変わってしまいましたが、まだ日曜日の深夜という感じがします。

クロベェは16日(水)、夜間対応の病院で血液検査をしたところ、白血球の値が「400」でした。

400???

先生が「白血球の値がゼロに近い」とおっしゃったときに、ビックリして結果を覗き込むと、「400」と確かに書いてありました。

猫エイズでもなく、猫汎白血球減少症(猫パルボ)でもない。

クレアチニンの値が4.4と高いが、BUNが16、リンも正常値なので腎不全とも言えない。
肝酵素の値は、AST,ALTの数値は高いが、ALP, GGTは正常。
黄疸の指標は、1.5

検査、診察してくださった先生は、この検査だけでは原因を特定できないとおっしゃいました。
入院の手続きをして、タクシーで帰宅しました。

翌日、木曜日、仕事が終わってから面会に行きました。
ぐったりして、全く元気なし。私の顔をチラと見て、目を閉じてしまう。
朝、1度嘔吐。食欲は全くなし。

夜間対応の病院ですが、面会は19時までと決まっています。
どんなに頑張っても、19時15分くらいになってしまうので、予め電話でお願いして到着したらインターフォンで話して、中に入れてもらいました。

金曜日。やはりぐったりしていて元気なし。
ただ、ほんの少しだけ、私の顔を見たときの反応が強くなったような気がしました。
白血球の値が正常値に戻ったと言われて、心底ほっとしました。
相変わらず食欲はゼロ。
猫は絶食状態になると、肝リピドーシスとなって、ますます肝臓が悪くなってしまう。
ここが犬とは違うところ。なんとか食べさせなくてはならないのです。

土曜日。私の顔を見ても起き上がらない。
私を見ている時間が、前日よりも少し長いかな??
フードを手から食べさせようとしたが、顔を背けて寝てしまう。

日曜日。私の顔を見て「ミャア」
嬉しくて嬉しくて、駆け寄りました。
相変わらず食欲なし。
入院が長引くだろうと言われて覚悟していたのですが、今日になってかかりつけの病院に戻ることを考えてもいいと言われました。
危ない状態から脱出したから?
今日の血液検査結果を見ると、良くなっている値もあれば、同じ値もありました。

もう夕方でしたし、今すぐ、フラフラのクロベェを動かす気になれず、水曜日の朝に移動することにしました。

夜、病院から電話がありまして、鼻からチューブを入れて少し流動食を取ったそうです。
今のところ嘔吐もないと言われてホッとしました。
そして次の一言に、ガーン・・・
「外注に出した血液検査の結果ですが、膵臓の値も良くないです」
詳しいことは明日聞くことにしました。

肝臓、胆管、膵臓、全部良くないのかもしれません。
肝炎は、なかなか完治しないのですが前回入院してから2年近く安定していたし、先月の検査もOKだったので安心していました。
クレアチニンの値が高いのも、膵臓などの影響を受けたのかもしれません。
これからが大変だと思います。

家から比較的近いところにある、夜間対応の病院は「急患が多くて受け入れられない」と断られてしまい、今回入院したのは、都内の病院です。
平日、面会を終えて帰宅すると、20時45分。
未来はオムツを着けたまま、お腹を空かせたままで、辛抱強く待ってくれていました。

水曜日から日曜日まで、怒濤のような日々でした。
ここまで書いて、疲れたので今日はこの辺で失礼します。

コメント欄は開けますが、コメントを頂いても返信できるのは1週間後だと思います。
前回コメント欄を閉じたら、その前の記事にコメントをくださった方がいらっしゃいました。
お気持ちは嬉しいのですが、「閉じます」と書いたときは少し待って頂けるとありがたいです。

★とある獣医師様へ★

お忙しいところ大変申し訳ありませんが、前々回の記事に付いた津島さんのコメントに「ワクチン」についての質問があります。
9種類のワクチン、私は必要ないと考えている人間ですが、単なる1人の飼い主としての意見なので、先生のアドバイスを頂けたらありがたいです。
よろしくお願い申し上げます。

|

« クロベェの緊急入院 | トップページ | 慢性膵炎かも »

コメント

こんばんは、みゅうさん。
すみません、一言だけ…
クロベェさんの快復を心からお祈りしております。
みゅうさんも、できるだけ休息をとられますように。
(このコメントへの返信は不要です)

投稿: さと | 2011年2月23日 (水) 20時52分

具合の悪い愛犬の看護は、本当に苦しいものですし
愛する犬の苦しみを見ることは、私たちにとって1番の恐怖であり、苦しみですね。

私も仕事をついに休業して5ヶ月間一人で24時間介護をしてるので
余裕のないときの辛さはよくわかりますbearing
そんな中返信くださったのでコメント欄閉じてるにも関わらず
お礼だけでもと思ったのですが却って申し訳なかったですbearing

がんばってるわんちゃんにがんばってというのも
酷でしたね・・・
ごめんなさいね。

こちらも返信不要です。

投稿: テリー | 2011年2月25日 (金) 03時34分

さとさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
今日は土曜日で少し余裕もあるので、やっぱり返信します。
心配してくださってありがとうございます。
完治は難しいけれど、小康状態を保ちつつ生きていけるように、少しずつ食べられるようにと毎日思っています。
さとさんもお体大切にね。

投稿: みゅう→さとさん | 2011年2月26日 (土) 11時51分

テリーさん(terryさん)、こんにちは。
コメントありがとうございます。
今日は土曜日で少し時間もあるので返信します。
仕事を休業するまで、いろいろ考えたり、迷ったりなさったと思いますが、よくぞ決心しましたね(^^)
確保できた時間を最大限に使えますように。
ご自身のお体も大切にしてください。

投稿: みゅう→テリーさん | 2011年2月26日 (土) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クロベェの緊急入院 | トップページ | 慢性膵炎かも »