« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

尿検査(1/30, 2011)

おはようございます。1月31日(月)の早朝です。
週末に更新できませんでしたが、未来の体調に大きな変化があったわけではなく、まあまあ穏やかに過ごしています。

昨日、日曜日の朝に採取した尿を検査して頂きました。
比重が軽いのは、いつものことで数値は1.016でした。
タンパク質も菌も全くなく、とーってもきれいな尿でありました。よかった!

今までの経過は、血液検査と同じページにあります。

http://homepage3.nifty.com/web-samples/kensa/

午後、未来を連れて再び病院へ。
診察台の上で自力でしっかり立てません。
家から滑り止めを持参しましたが、ふらふらしたり、尻餅をつきそうになったりします。
体重を測る一瞬だけ、手を放し、すぐにまた保定。
体重が9.6キロ。今までで最も軽い。

診察と爪切りをして頂きました。

先生の「頑張ってるね」の一言が嬉しくて、看護士さんの笑顔が嬉しくて、日頃の疲れが飛んでいくような気がしました。

朝食は、キドナを1袋。
夕食は、アニモンダのニーレン(ウエット)を久しぶりにほぼ完食。
茹でた手羽先をほぐして、2本くらい食べました。
豆乳クッキー、ボーロなどは全く食べなくて、最近のブームはこれです。

ヤクルトのヨーグルト「ソフール」のプレーン味。
ソフール

ナチュラルヨーグルトではなく、ゼラチン、寒天を使って固めてある、つるんとした食感です。
食感が気に入ったのかもしれません。

これを食べるときは、嬉しそう。
表情は殆ど変わりませんが、「うふふ」という声が聞こえてくるような気がします。

抱っこしたり、体を支えたり、点滴をしたり、毎日繰り返していることですが、時々、ジグソーパズルのピースがカチッと合うみたいに、ぴたっと私と未来がくっついて、ただひたすら抱きしめていることがあります。
そんなとき、私がぎゅっと抱きしめても、未来は動かずじっとしていて「うんうん」と言ってるみたいです。
喜ぶ場面なんでしょうが、泣いてしまいます。

今日も穏やかに過ごせますように。

読んでくださってありがとうございました。

| | コメント (6)

2011年1月22日 (土)

血液検査(1/19,2011)

こんにちは。22日(土)の午後です。
1週間ぶりにペーパードリップでコーヒーを淹れて飲んでいます。

19日(水)、お休みを取って病院へ行きました。先にクロベェを連れていき、次に未来です。
未来の結果は下記のとおりです。

未来
BUN 43
CRE 1.8
IP 3.2

今までの経過、グラフなどをご覧になる場合は、下記のリンクをクリックしてください。

http://homepage3.nifty.com/web-samples/kensa/

BUN、CRE、IPの値は、安定しているのですが、貧血状態が突然大幅に悪化しました。

未来
赤血球数RBC 484
ヘモグロビン濃度 10.6
血液の濃度HCT 31.4(%)

まだ、エリスロポエチンの注射を打つほどではありませんが、上記3項目すべて、今までで最も低い値です。

「ペットチニック」というサプリがあるのですが、未来はこれが大嫌い。とほほ・・・

病院で結果を見て、「来たか・・・」と思いました。
でもね、2008年の秋から今まで、未来ちゃんは本当に頑張ってきたのだし、いつかは悪化するのだし、ここで焦ってもしょうがない。
ジタバタするのは止めよう。

嫌いなサプリを無理矢理シリンジで押し込みたくない。そんな気持ちです。

クロベェの結果は下記の通りです。

クロベェ
BUN 22
CRE 1.6
IP 3.8

クロベェも毎月血液検査をしているのですが、ブログにはあまり載せていません。
クレアチニンが2.0に上がったこともありましたが、最近は安定しています。
k/dを毎日美味しそうに食べてくれるので、あまり心配していません。
心配なのは、胆石が少しずつ大きくなっていることです。

2頭とも、のんびり暮らしています。
普通の土曜日、普通の午後、のんびり昼寝をしている姿を見ながらコーヒーを飲む。
とても幸せな気持ちです。

「食事」についての記事、まだ続きはあるのですが途中で止まっています。
もう少しお待ちくださいませ。

さて、写真です。
可愛い枕でしょう?ベリーママさんの手作りです。
昨年頂いて、嬉しくて嬉しくて未来に使ってほしかったのですが・・・
なぜか、すぐに頭から外してしまうのであります。

未来と枕

クロベェが、「僕が貰うよん」と上手に使っています。枕のアップリケは表と裏と両方に付いています。
この写真は夜に撮ったせいか、色が少し違うかな。

クロベェと枕

今日も読んでくださってありがとうございました。

※補足です。

今回の貧血は、「腎性貧血」である可能性がとても高いのです。
腎不全が進行すると、腎臓は赤血球を造る指令をうまく出せなくなってしまいます。
更に悪化すると、エリスロポエチンという腎臓から出されるホルモンを注射することになるのですが、これが人間用。
抗体ができて、だんだん効かなくなってしまいます。
悪化のスピードが遅いことを祈るばかりです。

| | コメント (8)

2011年1月16日 (日)

寒い寒い日曜日

こんにちは。日曜日の昼前です。今朝は雪が降っていました。

洋服の内側にホカロンを付けて、少しだけ外に出てみました。8時頃です。

雪の朝

最近、早朝は寒いのでお散歩をしない日もあります。
7時20分に家を出るので、それまでに全てのことを済ませようとすると、暗くて凍り付くような寒さの中を歩かなくてはならず、ためらってしまいます。

足跡

少しだけ歩いてから、抱っこして戻りました。

こちらは昨日の朝です。尻餅を付いちゃった。

公園の未来

数少ない、目をはっきり開けている写真です。

未来ちゃん

左手でカメラを持って、一緒に撮るのは、なかなか難しいです。

未来と私

未来とクロベェ
背後の段ボール、ちょっとカッコ悪いですが無視してね~

未来とクロベェ

まあまあ穏やかに過ごしています。

今週は、皮下点滴の途中で「キュンキュン」鳴くことが多くて「よしよし、もうすぐだからね~」と撫でながら、「ごめんね」と言いながら、なんとか500cc入れています。

時々毛細血管を刺してしまうことがあるので、あれ?痛いのかなと思って針を抜いてみると何ともなかったりします。
輸液を温めて、毛布と滑り止めを敷いて、ブラッシングしてから、いっぱい撫でてから、のんびりやってるつもりですが、本人はもういいかげん嫌なのかもしれません。

こういうことが数日続くと、もう点滴なんか止めようかと思うこともあります。
いやいや、そういうわけにはいかない。

昨日食べたものは、キドナ1袋、茹でた手羽先2本、ランフリーのオーダーメードフード20グラムくらいでした。

1日でこれだけなのでカロリー不足ですが、焦らないのが1番です。

夜中に未来の様子が気になって起きると、未来も目が覚めてしまうことが多くて、ちょっと不思議です。
だって朝は、私が起きてもグーグー寝ているのですよん。起こすのが大変なくらいです。

夕べは、未来がウンチをしたがっている夢を見て、あ、ウンチだ!と目が覚めたのでした。
そうしたら、未来がふと顔を上げて起き上がり、ウロウロ。
ありゃ、本当にウンチだ。慌てて起きてキャッチしました。嘘のような本当の話でした。

今日も読んでくださってありがとうございました。
楽しい日曜日でありますように。

| | コメント (2)

2011年1月10日 (月)

腎不全と診断されてからの食事について(3)

こんばんは。昨日、「マンマリゾ」に触れましたが、マンマリゾの商品はもうすぐ販売終了になるそうです。
下記のリンクを見ると、マンマ・リゾ株式会社は営業を止めてしまうらしい。
倒産したのん??分かりません。

http://www.mammariso.co.jp/

似たような商品、クックンラブという商品がグリーンドッグさんから発売されています。マンマリゾの創業者とグリーンドッグさんのコラボらしいのですが、詳しいことはよく分かりません。

http://www.green-dog.com/brand/cknl.html

さて、以前書いたことがあるフードですが、「ランフリー」のオーダーメイドフードもいいと思います。
あっこさんに教えて頂きました。

http://www.runfree-inc.com/

オーダーメイドのフードを注文するとき、年齢、体重、アレルギーの有無など他に慢性腎不全であることを書くと、低タンパク、低リンのフードのレシピを数種類作ってくださいます。
それを見て調整してほしい部分があればお願いします。
このレシピは、ものすごく細かくて、脂肪、ビタミン、アミノ酸の種類や分量もビッシリ書いてあります。
フードの質は、とてもいいと思います。

100グラムずつの少量パックにしてくださるのも便利だし、匂いや味もなかなかいいようで、未来は完食していたことがありました。
しかし、全く食べなくなり、半年以上中止していました。
最近久しぶりに注文したら、1日20グラムくらいですが食べています。

明日の祝日、成人の日はお仕事なのです。
また数日間、更新できないかもしれません。

今、未来はグーグー寝ています。
朝まで寝てくれるかなあ。
しょっちゅう、丑三つ時に起きるのです。ウロウロ、クルクル廻って廻って、時々「ワン!」

今日も読んでくださって、ありがとうございました。

| | コメント (8)

2011年1月 8日 (土)

腎不全と診断されてからの食事について(2)

こんにちは。8日(土)のお昼前です。千葉はいいお天気です。
訃報が続き、コメントくださった方々のお気持ちを想像するだけで涙ぐんでしまいます。
先に旅立ったワンちゃんたち、未来が虹の橋を渡るときに案内してくださいね。臆病で、犬見知りする子なんですが、よろしくお願いします。

食事についての続きです。

2年前を思い出してみると、何をあげても「ぷい」と横を向いてしまう未来の姿が脳裏に焼き付いています。

なんでこんなに食べないんだろう。
どうして食べてくれないの?
どうしよう・・・
未来の目の前で焦り、落ち込み、ため息をつくこともありました。
食べたくないんだったら、もういい!と勝手に怒ったこともありました。

そんな、ひどい!と言われてしまうかも。
恥ずかしいですが、感情的になってしまうことも多かったのです。

この記事を読んでくださっている方々の中で、自分もそうだと思う方がいらっしゃったら、まず気持ちを落ち着けましょう。
深呼吸してもいいし、シャワーを浴びてもいいし、少し休憩してもいいし、愛犬の名前を呼んで優しく撫でてあげるのもいいですね。

ワンちゃんがフードを食べないのは、食べたくないからです。
人間でも、胃がムカムカしているときは食べたくありません。
そのうえ「ほら食べなさい」「少しでもいいから食べなさい」「食べなきゃダメよ」なーんて言われながら、じっと見つめられながら、食事を目の前に出されたら、余計に食欲を無くします。

慢性腎不全のワンちゃんも胃がムカムカして気持ち悪い状態です。
胃酸を抑える薬、嘔吐を抑える薬を飲んでいる場合は、少しマシかもしれませんが、どの程度気持ち悪いのかは、想像してあげるしかありません。

未来の場合、匂いが気に入らないと絶対に口を開けませんでした。
「ぷいっ」と横を向くのは怒っているわけでも何でもなく、単に「今は食べたくない」という意思表示ですが、この仕草は私を拒否しているような気がして、とても辛かったです。

どんな匂いが嫌いなのか、これはワンコによって異なるようです。
日によって変わることもあり、特定できるものでもありませんでした。
元気なときは大好きだったおやつでも、全く食べなくなりました。

腎臓サポートやk/dなどの療法食を食べてくれるのなら、他のものは与えず、できるだけ長く、療法食をあげるほうがいいと思います。
もっと美味しいものを知ってしまうと、療法食は食べなくなります。

未来は、病院で処方されるフードの中で少し食べたのが、腎臓サポートの缶詰とマンマリゾ(レトルト)でした。
ドライフードは全滅でした。
ウエットフードは、水分が多いので十分なカロリーを摂取するためにはかなりの量を食べなくてはなりませんね。
好きでないものを沢山食べることは無理で、いつもカロリー不足でした。

先生は療法食をそれほど強く薦めませんでした。
「療法食はたぶん食べないと思うけど・・・」と最初から否定的でした。
活性炭も先生が何も言い出さないので、私から質問しました。
そうしたら、「試してみる?未来ちゃんは食べないと思うなぁ」なんて言われてしまいました。

あの頃は、とにかく知識がなくて頭の中はグチャグチャでありました。
先生がおっしゃることに反論もできなかったのです。

先生は療法食よりも、手作り食を薦めました。
薦められたもので、記憶にあるのは以下のとおりです。

・卵の黄身(完全食だから、食べないときの理想的な蛋白源)
・脂肪分(バターでもラードでもいい)摂取カロリーの維持
・甘いもの
・なまり(カツオ)鉄分補給のため
・サツマイモ(炭水化物)

全部試しましたが、少し食べることもあれば全く食べないこともありました。
サツマイモは、カリウムが高いから良くないのではないかと質問すると、そんなに神経質にならなくてもいいと言われました。
当時はカリウムの値が高くなかったからでしょう。

引き続き、約2年前の先生のアドバイスです。
腎不全の食事療法で重要な点は2点。
充分に食事量がとれ、体重が維持されている場合には適度なタンパク質の制限が必要。
このため療法食、低タンパク、低塩食を規定通り与えるのが最良。

一方、ワンちゃんの食欲に任せていた場合に体重減少がみられてしまうような場合には、特に食事制限は必要ない。
その理由は絶対的なカロリーの不足ある場合には、体のタンパク質がカロリーの補給用に分解されてしまい、結果的に過剰なタンパク質を摂取したことと同等になってしまうため。
腎不全の進行やBUNの上昇に伴って食欲は減退していくのが普通。
多くの腎不全のワンちゃんは全く食欲がなくなって元気を失った状態で来院するため、あまり食事に関しては芳しくない。
また、早期に発見され療法食を食べることができていたワンちゃんも次第に食事をとらなくなってきてしまう。

そしてもうひとつ言われたのが、「無理をせずにできることを継続してあげてください」でした。
励ましだったのでしょうが、私はもう助からないと通告されたように感じて、ドーンと落ち込みました。

手作り食は、いろいろ試しました。
おじや、チキンスープ、お好み焼き、ブリ大根、過去のブログ記事にも出てきます。
食べたり食べなかったりでした。

そして「アニモンダ」というドイツのメーカーが製造している「ニーレン」を知って、試してみたら食べたのです。
他の療法食は食べないけど、これは食べるというワンちゃんが多いそうですが、必ず食べるとは限りません。
このブログにも何度も登場しているので、ご存じと思いますが、一応リンクを下に貼っておきますね。

http://www.animonda.co.jp/lineup/dog_protect2.html

ニーレンのドライフードをしばらく食べていました。
今はもう食べません。
ニーレンのウエットフードは今も食べていますが、かなり飽きているようで昨夜は2口しか食べませんでした。

とりあえずここで区切りますね。
今日も読んでくださってありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年1月 7日 (金)

コメントありがとうございます。

おはようございます。7日(金)の早朝です。
先程、コメントの承認をしましたが、返信する余裕がなくて申し訳ありません。
もうすぐ週末なので、本日の深夜、または土曜日の朝に必ず返信します。

書きたいことは沢山あるのですが、今朝はここまでで申し訳ありません。
また深夜か明日の朝、書き込みます。

| | コメント (2)

2011年1月 6日 (木)

腎不全と診断されてからの食事について(1)

こんばんは。最近のコメントを拝見すると、切実な気持ちが伝わってきます。
何をあげたら食べてくれるのだろう・・・
この悩みは、本当によく分かります。

何を用意しても、食べてくれない。
口元までフードを持っていくと、「ぷいっ」と横を向いてしまう。
市販のフードを片っ端から試したり、お肉や野菜を茹でたり、おじやを作ったり、台所はお鍋やお皿でいっぱい。

そのうえ薬を飲んでくれないとき、軟便や下痢が続くようなとき、本当に辛い。

慢性腎臓病(慢性腎不全)になると、選り好みが激しくなりますし、日によって好みが違うこともしょっちゅうです。

次々といろいろな食事を用意して目の前に出すと、「食べなければ、次に違うものが出てくる」と、未来が学習しているようで、ワガママになり、逆効果なのかと思ったこともありました。

そのうち、食事のことをまとめて書こうと思いつつ、この2年の食生活を振り返るのは、なかなか大変でまだ実現していません。

私が困っていたとき、他のブログを拝見して同じフードを購入したり、手作り食を真似して作っても食べてくれないことのほうが多かったので、皆さまも同じかもしれません。

今のところ、エールを送るくらいしかできないのが残念です。
・・・と言ってるだけでは、何も解決しないので少しずつ食事について書いていきます。
思い付くまま、更新できる日だけ書くというやり方になりそうですが、お許し下さい。

未来の食欲が出ないときは、食事をあげる前に私が同じものを美味しそうに食べる真似をしたり、実際にペチャペチャと美味しそうに食べたりして、未来が少しでも「おや?」という表情をしたら、手にのせて少しあげています。
食べたら「美味しいね~」と声に出してニコニコする。
声に出して「いい子だね~」と誉める。
声に出すことで、自分自身の気持ちを明るくでき、それが未来に伝わる。
効果はあります。
「また食べてくれない・・・」とため息をつくより、少しでもハッピーな雰囲気で少しでも食が進みますように。

今日も読んでくださってありがとうございました。
次回からは、今まで試したフードについて書いてみます。

| | コメント (8)

2011年1月 3日 (月)

2011年、今年もよろしくお願いします

おはようございます。2011年1月3日の朝です。
今年もよろしくお願いします。

大雪で電車が止まったり、停電になったりと、寒い辛いお正月を迎えた方々もいらっしゃいますね。お見舞申し上げます。
早く復旧しますように。

千葉は申し訳ないくらい晴れて、風もなく、穏やかなお正月です。

元旦の午後、暖かかったので公園へ行きました。

眩しくて、目を閉じてます。
元旦早々、ジーンズの膝に穴が開いてます。

2011お正月の未来

もう一度ツーショットを撮ろうとしたら、あっち向かれてしまいました。
私の小さな鞄の中にはティッシュやタオルなど入っています。
腰に見えているピンク色のゴムは、部屋の鍵が付いています。未来を抱っこしたまま玄関の鍵を掛けるとき便利なので。

ツーショット

未来と同じ16歳のメゴちゃんです。目が見えないそうですが、足腰はしっかりしていて、自分でちゃんと立っていることができます。
お顔もしっかりしてますね。
未来ちゃん、元気を分けてもらえたかな?
2頭は、この後匂いを嗅ぐこともなく、ぼーっと並んでいましたが、未来はゆっくり尻尾を振っていましたよ。

メゴちゃんと未来

場面は変わって、お家の中。滑り止めの下は、シーツです。

未来ハウス

タオルや毛布を全て取り替えるとき、未来のお家はこんな感じです。
段ボールで囲ったスペースは、畳2畳くらい。
汚れたところだけ滑り止めとシーツを交換できるようにしています。

未来ハウス

段ボール箱を外側から見ると、フタが開いていて、中にはバスタオルや毛布やいろいろな用品が入った棚のようになっています。
夜は、向こう側の段ボール箱を動かして、私の布団を敷いています。

毛布を敷いている最中です。未来は、くるくると歩いています。
写真だと痩せているように見えませんね。(^^)
くびれの部分は、かなり細いです。片手でつかめます。

未来ハウス

お散歩のとき、リードを使わずに胴輪の取っ手をこんなふうに持つほうが歩きやすいようです。
私が支えていることが直に伝わるせいかもしれません。

胴輪

お正月は穏やかに過ごしました。今年もゆっくりのんびり暮らしたいと思っています。
今年も「今」を大切に。
今日も読んでくださって、ありがとうございました。

新年の未来

| | コメント (16)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »