« 血液&尿検査(6/30,2010) | トップページ | クロベェの検査 »

2010年7月 4日 (日)

お煎餅?

こんばんは。蒸し暑い夜です。
病院に行くとき、未来を抱っこして歩くと汗だくになります。未来も暑いだろうなあ・・・
病院の中は冷房が効いていて、気持ちいい~!

体重は、なかなか戻りません。11キロを切ることのほうが多くなってきました。
どちらの病院でも体重を気になさるので(そりゃそーか・・・)、体重計に乗るときはドキドキです。
抱っこしたときに、たぶん○○キロだなあと推測すると大体当たります。

食欲が出るように飲ませているリフレックス錠は、キドナとオリゴ糖で作ったお団子の中に入れていました。
ところが、これを食べなくなりまして最近は毎日のように薬を捨てていました。

もうこの薬を飲ませるのは無理かも。
プリンもアイスも人形焼きもカステラも、どんなフードに包んでも「ぷいっ」

はあ・・・私は疲れてお腹も空いて、テーブルの上にあった、お煎餅を割ってボリボリ。ちょっと休憩。
割ったお煎餅の断面を見ると、気泡で穴が開いてました。
ここに錠剤がぴったり入るなあ。

ん?やってみるか。
気泡にリフレックス錠を入れて、小さく割ったお煎餅を「はい、どうぞ」

ぱくっと食べたのでした。
初めての味だから?
塩分は控えなくてはならないから、ほんの少しの量でうまく薬をあげなくては。

食欲は出たのですが、選り好みが前より激しい。
昨日は、茹でた手羽先を2本食べておしまい。他のものは一切拒否でした。

先週、友人が「これ食べさせてみたら?」とオランダのフードをプレゼントしてくれました。

http://yarrah.biz/dogfood/chank_vege.php

お肉を全く使っていない、オーガニック野菜使用のフードです。
いい匂いはしません。これはダメかもと思ったら、半分くらい食べました。
野菜中心だからカリウムがちょっと心配。増糊料を使っている点も気になるのですが、食べてくれるのなら少しストックしておこうかな。

話は変わりますが、8月半ばに、飼い主の私が入院することになりました。
命に関わるような病気ではありませんので、ご心配なく。
簡単な手術のため、数日間だけ入院します。
その間、未来をどうするか。

6月は未来の体調がいまひとつだし、上記のことを悩み続けたし、暗い日々でありました。
結局、病院で預かって頂こうと思っています。つまり未来も入院するのです。
来週あたり先生にお話するつもりです。

8月に向けて、日帰り入院で少しでも慣れるようにしようかと考えています。
ペットシッターさんや友人に頼むというのは、候補の中から外しました。
皮下点滴に連れていくのも、今のように何時間もかけて食事の準備をするのも負担が大き過ぎるし、私自身心配で仕方がない。

未来が腎臓病になってから、1度も離れたことがないので不安でいっぱいですが、これもひとつの試練と思うことにします。

ペットシッターさんに来て貰えばいいのに、というアドバイスもあると思いますが、考えた末で決めたことです。
今回はそっと見守ってくださいませ。よろしくお願い申し上げます。

昨日撮った写真です。気持ち良さそうに寝ています。

Mirai

アップも撮ってみました。

お昼寝

今日も読んでくださってありがとうございました。皆さまのワンちゃんたちも穏やかに過ごせますように。

|

« 血液&尿検査(6/30,2010) | トップページ | クロベェの検査 »

コメント

そうでしたか…。
どれだけ考え抜かれたことか、心中お察しします。
うちにマイがいなかったら、私は未来ちゃんのお世話係に立候補していたと思います。
でも私がみゅうさんだったら、たぶん同じ選択をします。
普通のペットシッターさんには引き受けてもらえないと思うし、どんなに仲の良い友達にも頼めません。
「ご飯を食べさせる」そんな当たり前のことがどれほど大変かがわかっているからこそ頼めません。
特別な愛情からくる不屈の精神力がなければ、途中で投げだして当然ですから。
しかし私としては、常人が諦めるその1歩も2歩も先まで手をかけてもらいたいのでありまして…。
だからいざとなったら点滴でもなんででも、状態をキープしてもらえる病院が一番妥当な場所だと考えると思います。
万が一具合が悪くなっても速攻で処置してもらえますからね。
「万が一」を考えると、友達にその責任を感じて欲しくないとも思うと思います。
いずれにせよ、みゅうさんと未来ちゃんとクロベェくんの体調が整いますようにお祈りしています。

投稿: Chinatsu | 2010年7月 5日 (月) 00時06分

未来ちゃん本当によく頑張ってますね。偉いなぁ、みゅうさんも。
数日間離れることは心配で心配でつらいことだと思います。みゅうさんが考えて考えてだした結論。きっとすべて良い方向に流れていきますよ。流れていくこと願っています。
未来ちゃんの寝ている姿かわいい❤

投稿: ムーちゃ | 2010年7月 5日 (月) 00時13分

こんばんは。
ヤラーのベジタリアンは私も試したことがあるのですが、
チロには速攻でプイッとされました…(もともと野菜嫌いだし)。
未来さんはお気に召したのかな?
そうだといいのですが。

お煎餅とは、また意外な(笑)。
塩気が美味しかったのかしらん。
犬も味の濃いものは好きですからね〜。

入院とは大変ですね。
未来さん、病院なら安心だと思います。
点滴もしてもらえるわけですし、
何かあれば対処してくれますものね。
みゅうさんとしても、
一番不安の少ない方法ではないでしょうか
(それでもご心配だとは思いますが)。

あれ、クロベエさんはどうされるのですか?
こちらはご友人かシッターさんでしょうか?

投稿: さと | 2010年7月 5日 (月) 02時37分

Chinatsuさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
私の今の気持ちをすごーく理解してくださって、鼻の奥がツーン・・・となりました。
未来が健康ならば、お友達にお願いすることもできますが、今の状態ではとても無理なのです。
相手にとってもすごい負担になりますね。
病院で何も食べないと思いますが、キドナを強制給餌して頂くなどの方法はあります。
未来には申し訳ないけれど、1番安心なのは病院に預けることだと決めました。
これで気持ちは、スッキリというわけではありませんが、決めることで少し落ち着きました。
いつも応援ありがとう!

投稿: みゅう→Chinatsuさん | 2010年7月 6日 (火) 05時20分

ムーちゃさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
いろいろな方法を考えて堂々巡りして、悩みました。
結局1番安心できるのは、病院に預けることだと思ったのですが未来にとってはストレスになりますね・・・
数日間だから大丈夫!
そう前向きに考えることにします。
いつも応援ありがとうございます。

投稿: みゅう→ムーちゃさん | 2010年7月 6日 (火) 05時23分

さとさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ヤラーのフードを食べたのは、初めてだったからかもしれません。次回はどうなるかな?
未来を入院させたくない気持ちもありますが、1番安全で今の状態をなんとかキープできる方法となると、これしかないと決めました。
クロベェも病院に預けて、未来とクロベェが互いの声を聞くことができるようにしようかと思っています。
応援ありがとうございます。

投稿: みゅう→さとさん | 2010年7月 6日 (火) 05時29分

はじめまして。
まだ全ての記事を読めたわけではないのですが
共感することばかりなのでコメントさせていただきました。

うちのワンコ(14歳)も今、食べてくれなくて毎日アタマをかかえています。
で、食欲があったりなかったり。
薬も飲ませるのにひと苦労で……。
心臓が末期の状態で、それに伴い腎臓も悪くなっています。
体重も、だいたいいつもは11.5キロくらいをキープしていたのですが、腎臓悪くなってからどんどん落ちていってます。
今は10.7キロくらいかな。


みゅうさんが入院とのことで心中お察しします。
私も過去に数日入院しなきゃならないことがありましたが、その時は夫に仕事の途中で抜けてもらいいろいろお願いしました。
心配で心配で仕方なかったです。
退院後も、お腹の手術だったので抱っこのとき痛くて痛くて……大変だったので。
みゅうさんの選択は正しいと思いますよ。
いろいろなことを考えるとやはり、みゅうさんにとっては試練ですが、病院がいちばん良いはずです、その状態では。

不安や心配を乗り越えるのが試練ですよね。
がんばってください。
私も今、2週間に1回くらい自分の通院をしていて、外出している3時間はいつもヒヤヒヤなんです。

ではでは、これから過去の分も読ませていただきます。

思わず先走ってコメントしてしまったことをお許しください。

投稿: msp | 2010年7月 6日 (火) 17時51分

私が、みゅうさんの立場だったら…きっと同じ選択をしていたと思います。
でも、きっと、とってもと~っても悩んだんではないかと察します…良い方向に流れる事、お祈りしてます★ミ

簡単な手術とは言いますが、みゅうさんもお大事になさってくださいね。

ウチのゴン太、最近の天候のせいか、全く食べません…以前、未来ちゃんより体重はあったのですが、それをぬく勢いで(泣)
換毛期という事もあって、よくブラシをしているのですが、骨の感触が悲しくてたまりません…。
未来ちゃん・クロベイが頑張っているんだから、ウチも頑張らないとですね。


投稿: Chel | 2010年7月 7日 (水) 00時32分

mspさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
心臓と腎臓、両方の治療は大変だと思います。
食欲がないとき、薬を飲んでくれないときのお気持ち、よく分かります。

入院中、病院で未来のことを心配する自分が目に見えるようです。
mspさんもそうだったのですね。

前向きに大手術でなくてよかった、数日で退院できるんだから大丈夫!と考えることにしています。

過去の記事は、自分で読み返すと赤面するものもありまして少々恥ずかしいですが、何かお役に立てれば幸いです。
ワンちゃんの食欲が出るよう祈っています。
これからもよろしくお願いします。

投稿: みゅう→mspさん | 2010年7月 7日 (水) 22時52分

Chelさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
私は心配性なので、あれこれ想像してしまって、不安が入道雲のようになります。
大丈夫、大丈夫と自分に言い聞かせている毎日です。
コメントを下さる皆さまの励ましが嬉しく、ありがたく思っています。

毎日蒸し暑いので、食欲が減退しますね。
これだけは食べる!というようなお気に入りがあればいいのになあと思います。
ブラッシングのとき、未来も骨が当たってしまうので、そっとブラシをかけています。
切ない気持ちになることが多いけれど、調子のいい日もきっとやってくると信じたいですね。
ゴン太君の食欲が出るよう祈っています。

投稿: みゅう→Chelさん | 2010年7月 7日 (水) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 血液&尿検査(6/30,2010) | トップページ | クロベェの検査 »