« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

血液&尿検査(7/28,2010)と日帰り入院2回目

おはようございます。深夜に目覚めました。

水曜日、朝イチで未来を連れて病院へ。
入院体験(日帰り)の2回目です。体重、熱を測って、血液採取までは診察室に居ました。
その後、未来のリードを先生に渡してバトンタッチ。
嫌がることもなく、処置室へ歩いて行くのを見てほっとしました。
15歳の子に「成長したなあ」なーんて言うのも変ですが、想像以上に病院に慣れていたのかな??

その後、私は自分の検査のために病院へ。
来月の入院前に、血液検査、尿検査、レントゲン、心電図などの検査を受けて、麻酔科の先生に説明を受けて、実感が湧いたのでした。
手術後は重いものを持ったりしないように・・・と言われて、毎日未来を抱っこしてマンションの階段を上り下りしなくてはならないことを思い出しました。
うーん、またそのときに考えよう。

午後帰宅して、家の中をどんどん片付けて、未来のものをどんどん洗って、すっきり。

夕方迎えに行き、検査結果を聞きました。ドキドキです。
結果は、悪くありませんでした。

これまでの結果、グラフなどは下記のページです。↓↓

http://homepage3.nifty.com/web-samples/kensa/

未来
BUN 55
CRE 1.8
IP 4.0

先生曰く、自宅でも点滴をするようになって、血液が以前よりも希釈されたからだろうということでした。

水分を補給するのが目的だし、検査結果の数値は変動するものだし、悪化してないし、貧血でもないし、「よかった!」と思うことにします。

食欲が激減したり、体重が減ったり、歩けなくてフラフラになったり、とても弱って見えることが多くて、すごく心配していたのですが、検査結果はそれに反比例していました。

日帰り入院も無事に終わり、キドナ2袋とアニモンダ・ニーレン(ウエット)を半分食べさせてもらったそうです。
よかったね~

私の不安はだいぶ軽減されました。

木曜日は雨が降って、猛暑も一休み。
少し涼しいせいか、前日しっかり食べたせいか、未来は少し元気を取り戻したようです。

その証拠に、皮下点滴のとき「嫌だ~!」と最初から動いていました。
100cc しかできずおしまい。
今日は残業で、平日通っている病院に行けなかったので家で頑張ろうと思っていたのになあ・・・

まあ、こんな日もあると気持ちを切り替えました。
嫌がるくらい元気が出たのは、いいこと。

今日も読んでくださってありがとうございました。
夏はまだまだ続きます。シニアのワンちゃん、病気のワンちゃん、みんな夏を乗り越えることができますように。

| | コメント (14)

2010年7月25日 (日)

連日の暑さ

こんにちは。日曜日の朝です。
口を開けば、「暑いですね~」を連発する毎日です。
地球上のあちこちで異常気象と見られる現象が起きていて、とても心配になります。

エアコンは毎日フル回転。
今年の夏が終わるまで動いてくれますように。

夜中も「冷房」のまま、ガンガン動いています。
止めてしまうと、未来の「ハアハア」というパンディングで目がパチッ!

窓を開けてもあまり効き目はなくて、エアコンに頼りっぱなしです。

私が少し寒く感じるくらいが、未来にとってちょうどいいようです。
寝るときはタオルケットではなく、普通の掛け布団を使っています。そこにクロベェが潜り込んできます。
クロベェも寒いのが苦手。
真夏でも私にピタッとくっついて寝てます。

月曜日から金曜日まで、毎日自宅で皮下点滴をしました。
100ccしかできない日もあれば、300ccできる日もありましたが、予想していたよりも順調です。
昨日土曜日は、1週間ぶりにかかりつけの病院に行きました。
体重10.3キロ。また減ってしまいました。

下痢や嘔吐はないので、もう少し食べることができたらと思う毎日です。
健康なワンちゃんでも、これだけ暑いと食欲が減退してしまうかもしれませんね。

散歩と呼べるほどの距離は歩けませんが、朝早くマンションの近くをゆっくり少しだけ歩きます。
このとき、私が未来を見ながら後ろ向きに歩く、つまり向かい合って歩くとゆっくりでも少しずつ進むことができます。
これは危ないので、車が殆ど通らない道でやります。

朝食のとき、何を試しても気に入らなくて、反対向いて少しスネている未来です。
以前よりもスリムになってしまいました(涙)。

未来の後ろ姿

そこへやってきたクロベェ

クロベェの割り込み

昔は2頭でじゃれることもありましたが、最近の未来は面倒くさいようで
困った顔になってしまいました。

困っている未来

今日は夕方から「局地的に」雨が降るようです。
雨が降って(でも雷はイヤ)、少し涼しくなるといいのですが。

楽しい日曜日をお過ごしください。
皆さまもワンちゃんたちも、水分補給して少しでも涼しく過ごせますように。

| | コメント (10)

2010年7月21日 (水)

少しずつ、自宅で点滴

おはようございます。早朝の更新です。
今日も暑くなりそうですね。

日曜日、なんとか皮下点滴ができたので、月曜日の夜も挑戦しました。
針を刺したあと、動いてしまったのですが100ccくらい入りました。
そして火曜日の朝早く、お風呂場でブラッシングをしたあと、またやってみました。
300ccくらい。

後ろ足が弱ってきて、すぐに座ってしまうせいか、以前よりもずっとおとなしくなりました。
クロベェの補液で同じ針を1年以上使っているので、針を刺すこと自体には抵抗はないのですが、未来は動きやすいのでドキドキします。

嫌なことは病院でお願いするというのが基本であることは変わりないのですが、この暑い夏に週に何度も病院に通うというのは、犬も人間も辛いです。

今後どうなるか分かりませんが、少しずつ慣れてくれればなあと思っています。

相変わらず食べません。リフレックス錠を飲まないときは、どうやってもダメでキドナを少し舐める程度です。
昨日の体重は、10.6キロ。

○○を試してみたらどうでしょう?というアドバイスを頂くことがあります。
本当にありがとうございます。
でも、もう試せるものはないかも?と思うくらい、1年8ヶ月いろいろなものを試してきました。
冷凍したり買い置きしたり、いろいろ作ったり、それでも食べないときはどうやってもダメです。腎不全のワンちゃんの選り好みも体調もさまざまなので、飼い主が工夫するしか方法はありません。

今日がダメなら、明日と気持ちを切り替えていますので、大丈夫です。
そっと見守ってください。

今日も読んで下さってありがとうございました。

| | コメント (4)

2010年7月18日 (日)

ビックリの日曜日

こんばんは。梅雨が明けて、カンカン照りの1日でした。
暑かったですね~

日帰り入院から戻った金曜日は、早々と寝てしまった未来を起こすのも不憫なのでそのままにしておきました。

翌日土曜日の朝、キドナ団子に仕込んだリフレックス錠をなんとか飲んでくれたので少し食欲が出ました。
茹でた手羽先のお肉と皮を1本分くらいと、ベビーケアを20グラムくらい。
でも夕食は殆ど食べずでした。
1日のカロリーとしては全く足りていません。

本日日曜日は、アニモンダ・ニーレンの猫用を2分の1くらい食べて、ベビーケアも10グラムくらい。どちらもキャットフードです。

それでも先週よりは食べているせいか、少し体調はマシのようです。
よし!それなら久しぶりにシャンプーしよう!

シャンプーするなら、試してみたいことがありました。
皮下点滴です。
先週から、少し変化をしているような未来を見ていて、もしかしたらできるかも・・・と思いました。
イメージトレーニングのように、ああして、こうして、今回は失敗しないようにと考えていました。

輸液セットをお風呂場にぶら下げて、いつでも針を刺せるようにしておいてからシャンプー開始。

未来が1番おとなしいのは、診察台の上です。
その次が、自宅のお風呂場かな??
シャンプーが大好きというほどではありませんが、暴れることもなく洗わせてくれます。
シャワーをかけているとき、「そろそろだ」と気合いを入れまして、シャワーを止めてブラシで少し毛をかき分けて、あらかじめ決めておいた場所を見つめて「今だ~!」

全く痛がらず、反応はなく、大人しく座っていました。
テープを貼ったりすると、気付いてしまうので未来の真横に私も座っていました。

100ccでいい、体を動かしたら止めようと思っていたら、私にぴったり体を付けたまま動きません。
あらら、信じられな~い。

16時半に病院の予約をしてあったので、300ccの手前あたりで止めました。

オヤツで気をそらすこともできないし、背中を触ると首を後ろに向けて嫌がるし、少しでも痛みを感じると逃げ出すし、すぐ動くしで、とにかく自宅で成功したことはなかったのです。

イメージ通りにできてビックリ!でした。
何よりも針を刺したあとで、普通にお座りしていたことに驚きました。

次回は「失敗した~」・・・となる可能性が高いと思います。
しばらくは病院に行かない日に、できる範囲で試してみましょう。
毎回シャンプーするわけにはいかないので、気をそらす工夫をしなくてはね。

前よりも弱ってきたから・・・?だから皮下点滴をさせてくれた?
そう思うと、喜んでばかりもいられないですが・・・。

病院で皮下点滴ができたことを話すと、看護士さんも先生もビックリして喜んでくださいました。
自宅での点滴が常に成功するとは思えないので、次の予約も入れておきました。

今日の未来は、皮下点滴の最中に診察台の上で・・・あれれ?
ウンチをしました。ありゃビックリ。

そして終わってから、今日も処置室のほうへ行こうとしました。
おっ!また行くのかな?
ところが、処置室に入った途端、Uターン!(笑)
ビックリ続きの日曜日でした。

今日、未来は15歳と10ヶ月になりました。
背中を触ると背骨がゴツゴツしていて、手に当たります。
足元もフラフラしています。
でも、もう少し頑張ろうとしているように見えます。

すごいなあ・・・脱帽です。
ゆっくり行こうね、のんびりね。

明日は祝日ですが、仕事です。
先週2日も休んだので、今週は頑張らなくては。

今日も読んで下さってありがとうございました。
皆さまのワンちゃんたちも穏やかに過ごせますように。

Mirai_0718a

| | コメント (4)

2010年7月17日 (土)

日帰り入院

こんばんは。日帰り入院は無事に終了しました。
応援してくださって、ありがとうございます。

朝、7時50分に病院到着。
先生がいつもの通り、未来の体をつねって引っ張りました。
「あれ?少し脱水かな?」

ガーン・・・前日の夜、点滴してるのに。
確かに皮膚の戻りが遅いです。急に心配になりました。

未来のお弁当(キドナ)を看護士さんに渡しました。
普通ならば、そこで看護士さんにリードを渡してバトンタッチですが、未来がケージに素直に入らないかもしれないので、私がリードを持ったまま入院用ケージへ行きました。

「未来ちゃん、ここだよ~」
扉を開けて、促しました。

そうしたら、自分から入りました。
えっ???本当に??

「嫌だ~」と拒否して、私が抱っこして入れようとしたらバタバタ暴れるということを想像していたので、驚きました。

体の向きを変えて、こちらを向きました。
「いい子だね~、未来ちゃん。夕方迎えに来るからね」と言いながら、撫でるとなんとも言えない目をして、預けるのを止めようかと一瞬思いました。

今日はマンションで「給水管」の大がかりな工事がありまして、またまた仕事をお休みしました。
玄関ドアを開け放しにしておかねばならず、工事の人が何度も入ってくるのです。
水を使えず、1日半の断水です。
下の写真は玄関ドアの近く。音もかなり凄かった~
家に居ても落ち着かないので、この日を選んで日帰り入院させてよかったかもしれません。

給水管工事

夕方、迎えに行きました。

診察室まで連れて来られた未来ちゃんは、ぼーっとしていました。
特に喜んだり、はしゃいだりもしません。

でも会計を済ませて病院の外に出た途端、ゆっくり尻尾を振って「わーい」と控えめに喜んでいるのが分かりました。
頑張ったね~!といっぱい誉めてあげました。

キドナを2袋、食べたそうです。
わ~びっくり。未来ちゃん、凄いね。

帰宅してすぐ、バシャバシャ音を立てて水を飲みました。
ありゃー珍しい。

キドナなら少し食べるかな。
器に入れてビオフェルミンを混ぜて、水で練って、「さあ、できた!」と持っていくと、未来は体を伸ばして気持ち良さそうにグーグー寝ていました。

口元が少し緩んでいて、微笑んでいるみたいで、
「やれやれ・・・」と思っているのか
「やっぱり家はいいなあ」と思っているのか、しばらく見ていました。

頑張ったねえ・・・疲れたんだね。
親バカな私は、また泣いてしまったのでありました。
日帰りなら、なんとか大丈夫。でも数日となったらどうだろう。

未来の寝顔を見ているときに、顔の横や耳の近くにキドナが付着しているのに気付きました。
病院で食べさせられたとき、やはり嫌がったのでしょう。
強制給餌だったからこそ、2袋も食べられたのだと思います。
不憫ですが、8月に備えて予行演習ができてよかったと考えることにします。

明日の土曜日は、点滴のための通院はお休みすることにしました。
明後日、日曜日にまた行きます。

土曜日に病院に行かないなんて、本当に久しぶり。
記録をたどると、なんと10ヶ月ぶりでありました。家でゆっくりしようね。

今日も読んでくださってありがとうございました。

| | コメント (8)

2010年7月15日 (木)

不安な毎日

こんばんは。今日、水曜日はお休みを取りました。
朝から2頭を病院へ連れていき、別々に連れ帰り、あっという間に午前中終了。
未来にキドナを少しずつ食べさせたり、家の中を片付けたりしているうちにシェルターへ行く時間になりました。

未来の側にずっと居たいと言いながら、たまにしか行けないシェルターでお手伝いもしたい気持ちもありました。
出かける前に、やっぱり行けないと連絡しようかと迷いましたが、結局、3時間だけお手伝いしました。
しばらく行けなくなるから、みんなに会えてよかった・・・

未来は、10日(土)から13日(火)まで、殆ど食べませんでした。キドナを練ったものを指先に付けると、2回~3回くらい舐めますが、それでおしまい。
固形物は全く口にしません。
体重は10.5キロ。また減りました。

なんとかリフレックス錠を口に入れる方法はないものか・・・
お煎餅作戦は、もうダメ。
キドナ団子も吐き出してしまう。

未来が少し暑そうにして、舌を出したときに
キドナ団子を未来の頬の内側に入れてみました。今までは、こんなことをすると嫌がりましたが、なぜか今日は抵抗しませんでした。

クチャクチャと口を動かして、リフレックス錠だけを「ペッ」と吐き出します。
口を手で閉じても飲み込みません。

3回失敗して、4回目にやっと成功しました。
これで食欲が少しは出る!と喜んだのもつかの間、フード類は一切拒否。
茹でた手羽先だけ少し食べましたが、美味しくないようです。
時々、ペッと吐き出します。
それでも久しぶりに固形物を口にしたので、少しホッとしました。

食べないだけでなく、朝起きても散歩に行きたがらず、なんとか連れ出しても殆ど歩けず、目に力もなく、ヨダレが止まらず、昨日は、仕事に行く前に未来の前で泣いてしまいました。

今日、病院でいろいろ説明しても
「暑いからでしょう」と言われてしまったのでありました。
診察台の上に居るときは、それほど具合が悪そうにも見えないからなのか・・・
私が心配し過ぎなのか・・・

お散歩は早朝に行くし、家の中はエアコンで冷え冷えだし、暑くないようにしているのではありますが、シニアにとって夏は辛い季節です。

家の中でもよろけてしまうので、抱っこしてシーツがあるところまで行こうとしたら、ジャー・・・
私のジーパンは、びしょ濡れになりました。
そんなことは別にいいのですが、老化は急激に進んでいるように思います。

明後日、金曜日は日帰り入院を体験させることにしました。
ストレス掛かることは避けたいけれど、8月に突然数日間も入院させるよりはマシかもしれないと思うことにします。

心配や不安が入道雲みたいにムクムクと大きくなって、落ち着きません。

頑張れ!私!

今日も読んでくださって、ありがとうございました。

| | コメント (10)

2010年7月10日 (土)

こそばい、おいしい、たのしいね

こんにちは。今日の土曜日、千葉はいいお天気です。
地方によっては、大雨のところもありますね。災害が起きないことを祈ります。

院長先生に未来をお願いする期間などについてお話しました。
「うーん、未来ちゃんはちょっと大変かもなあ・・・」と正直におっしゃいました。

私もそう思う(苦笑)
「友人やペットシッターさんにお願いするより、ここで預かって頂くほうが安心なので」と申し上げました。

朝夕2回、散歩に連れ出してくださるそうです。よかったね~
あまり歩けないと思いますが、外の空気を吸うことができます。

院長先生とお話しているとき、話の内容を分かるはずのない未来がゆっくりと尻尾を振っていました。
未来は院長先生が苦手なので、珍しいなあと思いつつ見ていました。
そのとき診察室と処置室の間のドアが少し開いていたのですが、リードを引っ張り、処置室のほうへ行こうとしたんです。

「あれ?今日の未来ちゃん、いつもと違うね」と院長先生。
「本当ですね。未来ちゃん、そっちに行くと入院だよ」と私。

ドアが少し開いてることは、珍しいことでもなく、いつもは行かないのに不思議です。

「いいよ、慣れるほうがいいから」と言われて、未来と一緒にケージが並んでいるところへ行きました。
クロベェが入院していた頃、一緒に来たことがあるので初めてではありません。
でも、あのときは嫌がってたなあ・・・
今日は自分からケージに向かって歩いていき、先生に「ここだよ」と言われて自分が入る予定である場所を見ていました。

単なる偶然でしょうけど、なんだか可笑しくて不思議で、私は勝手に「大丈夫かも」なーんて思っていたのでした。親バカです。

今日のタイトルは、「グーグーだって猫である」の中で作者(大島弓子さん)がつぶやく言葉です。

レタスを洗っていると、肩に乗っているグーグーが美味しそうに少しレタスを食べて、そのヒゲが少しこそばゆい。
食べたあとは、グーグーのほおずり。

「も~ォ 生きてるって こそばい、おいしい、たのしいね、グーグー」と思わず口に出る(気持ちがふさいでいる時でも)
・・・と書いてあります。

この台詞が書いてあるページが好きで、数え切れないくらい何度も読みました。

未来が小さかった頃、仕事が忙しくて帰宅が遅くなることも多かった。
散歩に行くと大喜びでした。
深夜、私が公園のベンチに座ると、自分もピョンと飛び乗って私の頬をペロペロ舐めてくれた感触を今も鮮明に思い出します。

寂しい思いをたくさんさせたのに、怒ることもなく、いつも待っていてくれました。

今はピョンピョンすることもないし、耳も聞こえないし、目は見えているけど反応も遅くなったけど、ご飯をあげるときに手を舐めてくれたり、ゆっくりだけど尻尾を振ってくれたり、そっと鼻を私の胸にくっつけたり・・・
充分な世話をしてあげられないのに、私の側に居てくれる。

未来に申し訳なくて・・・
えーん(涙)

| | コメント (6)

2010年7月 8日 (木)

クロベェの検査

朝イチでクロベェを病院に連れて行き、検査のため預けました。
夜、ドキドキしながら結果を聞きに行きました。

膀胱近くに見えていた影は、かなり固いものだそうです。
細胞診の結果、腫瘍ではなく何かが石灰化したものではないか・・・ということでした。固くてなかなか針が刺さらなかったそうです。
顕微鏡で見ると、細胞らしきものは1~2個くらいしかありませんでした。
もう少し様子を見てもいいし、摘出してもいいだろうと言われると迷います。

ついでに歯石も取ってくださったのですが、その際に口元にある小さな「イボ」を切除したそうです。
顕微鏡で見ると、うわ~!とビックリするくらい細胞がビッシリ。
たぶん良性だけど、腫瘍と言われて2度ビックリ。
再発しないかどうか、しばらく気をつけてくださいと言われました。

最悪の結果だったらどうしようと思っていたので、少しホッとしました。
クロベェ、お疲れさま。頑張ったね~

未来は今日もお煎餅の気泡に入れたリフレックス錠を飲んでくれました。
お煎餅にハマったら困るなあと思っていたら、すごく好きでもないようです。
2回「ペッ」とスイカの種みたいに、飛ばしてしまいました。
少し時間を置いてから挑戦したら、今度は大丈夫。

今まで「ご飯」を好きではなかったのですが、好みが変わったのか??昨日と今日は、炊いたご飯を少し食べています。
量は少しですが、食べられるものがあることは幸せ。

眠くて頭があまり働いていないので、子どもの日記みたいな文章になってしまいました。
今日も読んで下さってありがとうございます。
明日もいい日でありますように。

| | コメント (6)

2010年7月 4日 (日)

お煎餅?

こんばんは。蒸し暑い夜です。
病院に行くとき、未来を抱っこして歩くと汗だくになります。未来も暑いだろうなあ・・・
病院の中は冷房が効いていて、気持ちいい~!

体重は、なかなか戻りません。11キロを切ることのほうが多くなってきました。
どちらの病院でも体重を気になさるので(そりゃそーか・・・)、体重計に乗るときはドキドキです。
抱っこしたときに、たぶん○○キロだなあと推測すると大体当たります。

食欲が出るように飲ませているリフレックス錠は、キドナとオリゴ糖で作ったお団子の中に入れていました。
ところが、これを食べなくなりまして最近は毎日のように薬を捨てていました。

もうこの薬を飲ませるのは無理かも。
プリンもアイスも人形焼きもカステラも、どんなフードに包んでも「ぷいっ」

はあ・・・私は疲れてお腹も空いて、テーブルの上にあった、お煎餅を割ってボリボリ。ちょっと休憩。
割ったお煎餅の断面を見ると、気泡で穴が開いてました。
ここに錠剤がぴったり入るなあ。

ん?やってみるか。
気泡にリフレックス錠を入れて、小さく割ったお煎餅を「はい、どうぞ」

ぱくっと食べたのでした。
初めての味だから?
塩分は控えなくてはならないから、ほんの少しの量でうまく薬をあげなくては。

食欲は出たのですが、選り好みが前より激しい。
昨日は、茹でた手羽先を2本食べておしまい。他のものは一切拒否でした。

先週、友人が「これ食べさせてみたら?」とオランダのフードをプレゼントしてくれました。

http://yarrah.biz/dogfood/chank_vege.php

お肉を全く使っていない、オーガニック野菜使用のフードです。
いい匂いはしません。これはダメかもと思ったら、半分くらい食べました。
野菜中心だからカリウムがちょっと心配。増糊料を使っている点も気になるのですが、食べてくれるのなら少しストックしておこうかな。

話は変わりますが、8月半ばに、飼い主の私が入院することになりました。
命に関わるような病気ではありませんので、ご心配なく。
簡単な手術のため、数日間だけ入院します。
その間、未来をどうするか。

6月は未来の体調がいまひとつだし、上記のことを悩み続けたし、暗い日々でありました。
結局、病院で預かって頂こうと思っています。つまり未来も入院するのです。
来週あたり先生にお話するつもりです。

8月に向けて、日帰り入院で少しでも慣れるようにしようかと考えています。
ペットシッターさんや友人に頼むというのは、候補の中から外しました。
皮下点滴に連れていくのも、今のように何時間もかけて食事の準備をするのも負担が大き過ぎるし、私自身心配で仕方がない。

未来が腎臓病になってから、1度も離れたことがないので不安でいっぱいですが、これもひとつの試練と思うことにします。

ペットシッターさんに来て貰えばいいのに、というアドバイスもあると思いますが、考えた末で決めたことです。
今回はそっと見守ってくださいませ。よろしくお願い申し上げます。

昨日撮った写真です。気持ち良さそうに寝ています。

Mirai

アップも撮ってみました。

お昼寝

今日も読んでくださってありがとうございました。皆さまのワンちゃんたちも穏やかに過ごせますように。

| | コメント (10)

2010年7月 1日 (木)

血液&尿検査(6/30,2010)

こんばんは。6月最後の日、お休みを取って朝から病院へ行きました。

クロベェの血液検査結果は、大きな変化もなく大丈夫でした。
しかし、エコー検査で再び膀胱の近くに影が見つかりました。
大きくなってはいないのですが、なんとも不気味です。
来週、鎮静をかけて検査することになりました。脂肪の塊か、それとも腫瘍か、今の段階では分かりません。

クロベェ
BUN 24
CRE 1.7
IP 4.1

未来の血液検査結果は、想像していたより良くてほっとしました。

未来
BUN 57
CRE 2.1
IP 3.5

尿検査の結果は、蛋白は出ていませんでしたが、久しぶりにグルコース(糖)が少し出てしまいました。あちゃ~・・・
比重は、1.02と相変わらず軽いですが、これはもう仕方がないです。

いつもの表やグラフは、こちらです。↓↓

http://homepage3.nifty.com/web-samples/kensa/

6月の後半は食欲は出ないし、下痢や軟便の日は多いし、薬を飲めない日が数日続くこともあり、ハラハラしました。

ヨロヨロ歩いて座り込んだり、滑って転んだり、ナックリングを繰り返したりと、老化を実感する日々でもありました。

未来ちゃん、頑張ってるね。
もう素直に本当に、あっぱれです。
私がしていることは、僅かなことです。
あなたの底力は、すごい。

今日は、シェルターのワンちゃんたちのお散歩にも行きました。
短い時間しか手伝えませんでしたが、グイグイ引っ張る元気な子たちと過ごすことで気分転換もできて、活力が湧いてきました。

書きたいことは沢山あるのですが、もう眠くてダメです。
いつも応援ありがとうございます。
皆さまのワンちゃんたちも、穏やかに過ごせますように。
夏を乗り越えたいですね。

| | コメント (8)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »