« 平日の点滴 | トップページ | マスターの旅立ち »

2010年5月24日 (月)

今後の通院

こんばんは。雨の日曜日でした。梅雨も近いですね。

火曜日と木曜日は皮下点滴のために別の病院に通い、土日はいつもの病院に通うことになりました。
「検査はどっちでやるんですか?」と言われて、ため息が出そうになりましたが、「今まで通りに、こちらでお願いします」と申し上げました。

一件落着したので、もうクヨクヨしないことにします。
気持ちを切り替えましょう。

26日(水)は、朝から血液検査に行く予定です。
もし結果が悪くなっていても、今以上に皮下点滴の回数を増やすことはないと思います。今まで通り週に4回。
未来のストレスを考えると、無理をしたくないからです。

今日は夕方、病院に行く直前に下痢Pになってしまい、便検査をお願いしました。
細菌が異常に増えているわけではないから、様子を見ることになりました。
たぶん大丈夫。一過性のものだと思います。

久しぶりの写真です。

昨日撮ったツーショットです。カメラに気付いて緊張気味かな。
いつもと変わらないように見えますが、実は毛艶がいまひとつなのです。
最近少しバサバサです。

未来とクロベェ

物思いにふける?未来ちゃん

未来ちゃん

これは2週間前の土曜日に公園で撮りました。

未来とツツジ

今日は美容院で髪をカットしてもらい、さっぱりしました。
そのとき読んでいた雑誌にストレスとの付き合い方が出ていました。

明日できることは、明日やることにして今日は寝る。←大賛成

「今の状態をとことん楽しむつもりで暮らす」という一文を読んで、あ~これができたらいいなあと思いました。

心配や不安は沢山あるけど、とにかく今は未来、クロベェと一緒に毎日暮らしているのだから、一緒に居る時間を楽しまなくちゃ。

明日も雨ですが、いいこともありますように。

話は変わりますが・・・
宮崎の畜産農家の方々が大変な毎日を過ごしているのをニュースで見るのが辛いです。
日々世話をしてきた大切な牛や豚が、すべてが殺処分になってしまう。

「1頭1頭、全部名前も付けていて・・・」という声を聞いたときは、泣きそうになりました。
1日でも早く収まることを祈ることしかできないと思っていましたが、もうひとつできることがありそうです。

なるべく宮崎産のものを購入する。

この記事を読んで「そうか!」と思いました。リンクはご自由にと書いてあったので、ここに貼り付けます。
ある獣医師さんのブログです。以前にも引用させて頂いたことがありました。

http://blogs.yahoo.co.jp/ponpoko6691535/31813674.html

今日も読んで下さってありがとうございました。

|

« 平日の点滴 | トップページ | マスターの旅立ち »

コメント

獣医さんのお話、ホント残念です。
切って縫ってガンガン治していく方がやりがいを感じるのかも知れませんが、高齢の子や慢性病の子やその飼い主さんともきちんと向き合って心をかけてくれる獣医さんであって欲しいです。
「腕も立つけど心も暖かい」、そんな獣医さんが私たち飼い主にとっては理想ですよね。
口蹄疫のニュースは辛く悲しいですね。
それと同時に、もしも日本に狂犬病が入り込んだら、同じような対応になるのだろうかと心配になりました。
やだやだ、考えすぎですね(^^ゞ

投稿: Chinatsu | 2010年5月24日 (月) 01時29分

こんにちは!
未来ちゃんの皮下注射は、自宅では

出来ないのですか?

ミルキーの主治医は、前回の血液検査の結果のよって

通うのも大変でしょうからと

幸いにも、皮下注射するほどの数値では
あろませんでしたが

投稿: ゆかり | 2010年5月24日 (月) 15時14分

お久しぶりです。と言ってもいつも読ませていただいています。
かかりつけの病院と平日の皮下点滴のための病院と、
新しいリズムが確立して、どちらにも気兼ねなく
当たり前のように通えるようになると良いですね。
ワンコの病院にも救急当番制があったら良いのにって思います。
茶々の先生も休日でも何かあったら電話して、とおっしゃってくださるものの、続くとこちら気兼ねしてしまいます。
また、同じ状態を保っている時の薬をだすだけとか、
尿検査だけとかは近くの病院で済ませられるような
病院間の連携があると良いのに・・・と思います。

宮崎についての、特に農家の方の立場に立った
記事は泣かずに読むことができません。

夏になってくると北海道産の物がほとんどですが、
見つけたら宮崎産のものを祈りを持って購入することにします。
冬の間は緑のピーマンやカラーピーマンをよく見かけたのですが・・・
クロベェさん、どっしりと落ち着いていますね。
未来さんの毛がバサバサ気味なのは毛変わりでしょうか?

投稿: 松の実 | 2010年5月24日 (月) 20時02分

Chinatsuさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
先生には感謝することも沢山ありますが、「あれ?」と思うこともあり、長期間通院するといろいろな側面が見えてきます。
「腕も立つけど心も暖かい」そうですね~
飼い主の気持ちを分かってくれたら嬉しいな。
口蹄疫のニュースは聞くのが辛いです。
もう感染が広がらないようにと願うばかりです。

投稿: みゅう→Chinatsuさん | 2010年5月25日 (火) 03時30分

ゆかりさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
自宅で皮下点滴できたら、頻繁に通院しなくていいので楽ですね。
残念ながら、未来は皮下点滴が大嫌いで家ではできないのです。もう1人、人間が居れば、できるかもしれませんが・・・
このことは、一昨年から何度も記事に書いてるので実はあまり書きたくないのでありました。
ごめんね~
わが家にはクロベェという猫もいまして、初期の慢性腎臓病です。この子は皮下点滴も平気なので家でやっています。

投稿: みゅう→ゆかりさん | 2010年5月25日 (火) 03時35分

松の実さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
病院間の連携はあるのですが、少し距離が離れていてペットタクシーを利用しないと行けません。
往復1万円くらい取られるし、時間もかかるし、仕事が終わってから行くのは無理なのでした。
茶々さんの先生は好意的に「何かあったら電話して」といつも言って下さるのですね。
それは羨ましいです。
口蹄疫のニュースは、辛いです・・・
何もできないけど、私も宮崎産のものを買おうと思います。
未来の毛がボサボサなのは、もしかしたら腎臓病の進行によるものかなあ?と思ったりしています。
毛艶がなくなるのも、この病気の特徴です。
換毛期は普通ならとっくに来ているのですが、今年は遅くてまだ少ししか抜けていません。
これから始まるのかな?と毎日ブラシを掛けながら観察しています。

投稿: みゅう→松の実さん | 2010年5月25日 (火) 03時45分

こないだのコメントではみゅうさんと未来ちゃんがごっちゃになってて失礼いたしました。
マロン、BUN49.4 CRE1.2 これがどうなのかまだ私は勉強中。先生はこれは少し悪いくらいだね、と。
そうなんです。
お医者様には飼い主の想いはわかってほしいですね。ぼけた母とマロン。さてどうなるか。未来ちゃんとみゅうさんががんばっていることをBLOGでみれて励みになります。未来ちゃん、がんばってほしい。でもゆっくり。そしてみゅうさんが未来ちゃんを愛してるのがとっても伝わります。私もがんばるぞsnow雪だるま。ありがとうございます。dog

投稿: 雪だるま | 2010年5月25日 (火) 20時59分

先日始めてコメントさせていただいたつぼやんです。
うちの子は24日に亡くなりました。
14歳と4ヶ月でした。

このブログで他にもいっぱい闘っている子達が居る事を知って、「アトリ(犬の名前です)もお母さんも頑張ろうね」って頑張れました。

いっぱい勇気づけられました。
ありがとうございました。

投稿: つぼやん | 2010年5月26日 (水) 10時34分

おはようございます。
今日は久々の休みだったので、大物を洗濯しようと思っていたのですが、あいにくの天気です。
夕方からは雷雨とか突風とか...。

動物病院の対応、皆さんの経験や想いを読んで、病院側の人間としては大変申し訳なく感じます。
私はあくまで雇われの勤務医なので、今回のみゅうさんのようなケースでは平気で、別の病院を利用するのも手ですよなんて言ってしまいそうです(苦笑)。
ちなみに、飼い主さんがどうも治療に納得されていないようだなと感じたら、積極的にセカンドオビニオンは勧めています。
多かれ少なかれ不信感を持たれてる状態で治療を継続していくのは、病院側としても非常にやりにくいですし、もめる原因にもなりかねないので、その辺は幾度も時間をかけて話し合っています。

ただやはり、他の病院とのかけもちや、セカンドオピニオンを希望されるのを嫌がる院長は多いと思います。
経営の問題もありますが、大半はプライドの問題ですね。
それを嫌がらない先生を探すなんて至難の技でしょう。
また獣医も人間なので、機嫌の良い時と悪い時とでは対応もいささか違います(問題だとは思いますが)。
100%満足出来る病院というのはおそらく無いと思われるので、転院する決定打となるぐらいの不快感でなければ、我慢も必要といったところでしょうか...。それも辛い話なんですが、現状ではそうするしかないようです...。

以前テレビで、なんとかプランナーという職業があって、それは家を一から設計して建てたいという時に、施工主の希望に一番合う設計士を紹介するというものでした。
動物病院にも、付近の病院の得意分野や特色、雰囲気などを把握した組織が、患者さんの希望に応じて病院を紹介してくれるなんてシステムがあればいいですね。

投稿: とある獣医師 | 2010年5月26日 (水) 11時04分

雪だるまさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
マロンちゃんの血液検査結果は、クレアチニンの値が1.2なので、まだ初期の段階ですね。
よかったですね。
でも油断せずに、この時期に食事などに気をつけて過ごしたほうがいいように思います。
先生といろいろ話をしながら、焦らずゆっくり楽しくマロンちゃんと暮らせるといいですね。
未来の応援ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。

投稿: みゅう→雪だるまさん | 2010年5月26日 (水) 22時20分

つぼやんさんへ
アトリちゃんも、つぼやんさんも、頑張りました。
このブログが少しでもお役に立ったのなら、嬉しいです。
同じように頑張った子、頑張っている子は沢山いますね。私も日々励まされています。
アトリちゃんが旅立った日にビビアンちゃんというワンちゃん、翌日25日に、マスターというワンちゃんが旅立ちました。
虹の橋で仲良くしてあげてくださいね。
アトリちゃんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: みゅう→つぼやんさん | 2010年5月26日 (水) 22時28分

とある獣医師様、こんにちは。
コメントありがとうございます。
今日は風が少し冷たく感じるような日でしたね。夜になって雨も降ってきました。
今回のことでは、勉強になりました。
かかりつけの病院では、いろいろお世話になりましたし、感謝もしています。
1番の目的は、未来が残りの日々を少しでも穏やかに苦しまずに過ごせるようにすることなので、そこを院長先生が分かってくださることを期待していました。
スムーズには行きませんでしたが、今後も通院するので関係が悪化しないようにできると思います。
機嫌のいいときと、悪いときでは対応が違うというのは、本当にその通りだと思います。
よく考えたら、今は動物病院にとって、1年中で最も忙しい時期ですね。
院長先生は普段よりもイライラしていたのかもしれません。
何があっても、未来のためなら頑張れるので凹んだあとは素早く立ち直ることにしています。
平日の皮下点滴だけのために通う病院の先生は、快く引き受けてくださり、いつも笑顔で対応してくださいます。
ありがたいことです。
誰にでもプライドはありますし、経営者は特にそうなのかもしれませんね。
飼い主の気持ちを理解しようとしてくださる先生、それから他の獣医師さんのことを悪く言わない先生が増えることを祈ります。
いつも暖かいコメントありがとうございます。
先生のワンちゃんも穏やかに過ごせますように。

投稿: みゅう→とある獣医師様 | 2010年5月26日 (水) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平日の点滴 | トップページ | マスターの旅立ち »