« 血液&尿検査(4/21) | トップページ | マスター »

2010年4月25日 (日)

快晴の日曜日

こんばんは。今日はいいお天気でした。
もう寒くはならないよね??

本日のお気に入り。

未来ちゃん

横目でカメラを見てる未来ちゃん。「また写真?」

未来ちゃんチラリ

公園で、ぼーっ・・・

公園にて

夕べは、ろくに食べず寝てしまいました。
今朝はお腹がぺこぺこだったせいか、リフレックス錠を入れたキドナをぱくっ!
2時間くらい経ってから
「なんかちょーだいっ!」

アニモンダのニーレンを食べて欲しかったのでありますが、作戦は失敗。
仕方なく、ベビーケアとキドナにしました。

私が食べたヨーグルトの容器を差し出すと、顔を突っ込んで舐めていました。
鼻先にヨーグルトが付いても気にせず、ペロペロ。

お昼のお散歩は元気いっぱい。
いつもはためらう段差もピョン。側溝も助走を付けてピョーン。

薬の効果はだんだん薄れて、夕方病院から帰ってきて、夕食時にはあまり食欲は出ませんでした。
無理はせず、キドナを食べておしまい。

あっという間の日曜日でした。楽しかったね。

明日はまた月曜日。
前年度のように夕方5時で、「お疲れさま~」と帰れたらなあ・・・
いやいや愚痴は言うまい。
仕事そのものは充実しています。

毎日を楽しく、充実した「今」を過ごせますように。

今日も読んでくださってありがとうございました。

|

« 血液&尿検査(4/21) | トップページ | マスター »

コメント

未来ちゃん、凄い~
側溝をピョンって飛ぶなんて~

うちもね、トムが今朝の広場の散歩でちょっと走ったの~
少し前はムラ食いだったのに、最近は良く食べるの・・・
手作りのおじやの中身のせいか、その日の食欲のせいか、
ルンワン錠のせいか不明ですが・・

未来ちゃんも、トムも15才なのに、本当に良く頑張ってるなぁ~
って感心します。
この子達は病気だけど、体の自然のままに
当たり前に、生きようとしてるのかも・・って思う事があります。
日々、この子達に教えられることいっぱいです。

みゅうさんはお仕事忙しそうですが
体に気を付けて下さいね~

投稿: ベリーママ | 2010年4月25日 (日) 23時57分

みゅうさん、おはようございます。
こういう所にコメントするのに慣れてないので、
どう書けばいいのかよくわからかったので、ごめんなさい。

26日(月)午前2時39分、コウタは亡くなりました。

最後は、歩くことが出来ず、それでもウンチがしたいときは、ベッドやハウスから必死に出てきてました。粗相した時、怒られたことを、覚えているからなのでしょうか。
 
元気がなくなってから1週間、食べなくなってから4日、下痢から下血に変わり、息づかいも苦しそうで、声掛けながら体をさすることしか、できませんでした。

「ググッ」っと言ったあと、息を引き取りました。最期は、いつもと同じ寝顔です。

いつまでも、泣いてばかりいられません。
家族の一員として生活していたので、人と同じように、個別火葬する予定でいます。
そのあと、お骨をどうするかは、まだ考えていませんけど。

みゅうさん、未来ちゃん、クロベェちゃんが、いつまでも幸せでありますように。
これからも、このブログ、拝見させていただきます。
短い間でしたが、ありがとうございました。

投稿: コウタ | 2010年4月26日 (月) 04時52分

未来ちゃん、またナイスな写真が撮れましたね!
家の中だろうが、外だろうが、ボーっとしちゃうところがいいなぁ♪
少し暖かくなってシニアさん達も身体がラクなのかも知れないですね。

コウタくんのお別れの様子、胸が詰まります。
悲しみはいつまでも薄まらないでしょうが、そのぶん他の頑張ってるワンちゃん&飼い主さんたちを応援する気持ちが強くなるんじゃないかな。
「みんなに優しくなれる気持ち」が、旅立っていくワンちゃんたちの置き土産かな…と最近思います。

投稿: Chinatsu | 2010年4月26日 (月) 09時28分

こんにちは。
土日は、本当にお天気が良かったですね。
ほんと、一枚目のお写真、良いお写真ですね★
目が、とても綺麗です。

やっぱりお天気が良いと、気分も上がるんでしょうか。ゴン太も、昨日のお散歩では、もう一匹を追う様に少し小走りしてました♪
お日様パワーはすごいですね!

先日のコメントで話した「お菓子」は、犬用の「おやつ」になります。
あ、後、我が家もヨーグルト好きですよ♪口当たり爽やかなのでしょうか。


みゅうさんのブログなのに、申し訳ありませんが…コウタさんへ。
コウタ君のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

投稿: Chel | 2010年4月26日 (月) 15時07分

ベリーママさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
トム君がよく食べてくれて、私も嬉しいです。
バンザーイ!
本当に頑張っている15歳ワンです。
飼い主は、ちょっとしたことでも心配になってオロオロしますが、「そんなに心配しなくても大丈夫!」と言ってくれているような気がすることもあります。
トム君が明日も食べてくれますように。
他のワンズたちも穏やかに過ごせますように。

投稿: みゅう→ベリーママさん | 2010年4月27日 (火) 00時31分

コウタさんへ
食べられなくなってしまうのも、嘔吐や下痢で苦しむ姿を見るのも、本当に辛かっただろうと思います。
コウタ君は本当によく頑張りましたね。
一緒に過ごしてきた年月の中には、楽しい思い出、愛しい姿が沢山詰まっていることと思います。
今は頑張ったコウタ君を誉めてあげて、いっぱい泣いて、自分の気持ちに素直になって見送ってあげてください。
何を言われても、何を読んでも、今はただ悲しく辛いと思います。
体も疲れていることと思います。
少し眠れましたか?
またコウタ君に会える日まで、少しの間お別れです。
悲しくてたまらないとき、言葉にしたいときは、いつでもここに来てください。
無理せず、ゆっくりゆっくりね・・・

投稿: みゅう→コウタさん | 2010年4月27日 (火) 00時57分

Chinatsuさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
写真を撮るのが下手なので、いつも同じような下を向いた写真になってしまうのですが、たまたま今回は「うふふ」と嬉しくなるようなのが撮れました。
でも下を向いてるのも、私にとっては貴重な写真で削除できないなあ・・・なんて思います。
ぼーっとしたり、うとうと寝ていたり、ゆっくり歩いたり、そんな姿は可愛いですね。
これからは春らしい天気が続きますように。

投稿: みゅう→Chinatsuさん | 2010年4月27日 (火) 01時13分

Chelさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
お天気がいいと人間もワンコも元気になりますね。
ゴン太君も楽しくお散歩できてよかったです。
コメントは私に対してだけでなく、他の方にも書いてくださっていいのですよ~
有意義に使ってくださいね。
明日はまた雨のようです。残念!
ゴン太君の食欲が出て、体調が安定するよう祈っています。

投稿: みゅう→Chelさん | 2010年4月27日 (火) 01時16分

みゅうさん、おはようございます。

前には、ミントのことで、
いっぱいいっぱい哀しい気持を
突然コメントして、本当にご迷惑をおかけしました。
ありがとうございました。

ミントが虹の橋を渡ってしまったのは3月19日だったのですが
まだまだ、後悔も寂しさも
いっぱいいっぱいありますが
みゅうさんのブログや
わんこ仲間や
仕事に助けられて
少しずつ、少しずつ前を向いて歩いています。


未来ちゃん、本当にかわいらしいですね。
みゅうさんの献身的な愛情が
15歳だけど若々しくて、優しい未来ちゃんの
お顔に現れているのを感じます。


私は本当にダメダメな飼い主だったので
後悔がいっぱいだけど、
今更ですが、みゅうさんやChinatsuさんや
ベリーママさんの
ブログを勝手に読ませていただき
毎日反省をして、ミントに
手を合わせています。

コウタさんのお辛いコメントを読んで
とっても他人事じゃなくて
みゅうさんの『いろいろリンク』から
『医療相談だワン』を読んでいたときに
獣医の加藤先生が慢性腎不全について
コメントを書かれていて
少しでもお気持が楽になればと
思ったので、貼り付けさせてください。

『慢性腎不全というのは病気ではありますが、見方を変えれば老衰の一つなんですよ。

腎臓は再生しない臓器です。
ですから、生まれ持ったものを少しずつ消費して生きているんです。
親からもらった体を充分使いきって亡くなるのが老衰です。
神様というのが本当にいるのであれば、まさに天寿を全うしようとしているわけです。』


私にとってはミントが逝ってしまったのは
寿命とは割り切れないし
もっともっと長生きしてほしかったですが
先生の言葉は少しだけ気持を楽にしてくれるような
気がしました。

みゅうさんのブログなのに
勝手にコウタさんに向けて書いて
ごめんなさい。


みゅうさんはじめ、わんこと頑張ってる
みなさんに、優しい時間が流れますように。

投稿: みんまま | 2010年4月27日 (火) 10時57分

みゅうさん
ここにコウタさん宛て、書いていいですか?

みゅうさんがおっしゃってるように、今はどんな慰めの言葉も、どこに身をおいても、悲しみから逃れられないと思います。

私もななが天国へ召される時のことを思うと、考えただけで涙が出ます。
どうすればいいか分かりません。

でも一つだけ救いは、必ず天国で元気に走り回ってると確信できることです。
またいつか会えると信じていることです。

コウタ君も今は病気の身体ではなく元気一杯に走り回ってると思います。

投稿: ななママ | 2010年4月27日 (火) 13時19分

こんばんは、お久しぶりです。
未来さん、ほんとにいいお顔ですねえ。
こんなとき、何を考えているんでしょうね。
私は未来さんに、
「哲学者」と勝手にあだ名をつけています。
だって、本当に思慮深そうなので。

チロは先週尿検査をしましたが、
比重が少しまた下がっていました(1.033→1.028)。
がっくりしている私を励まそうと思われたのか、
先生が「尿比重は飲んだ水の量でけっこう変わるので、
この数値ならそれほど気にしなくていいですよ。
これまではお伝えしなかったですが、
最初の頃は円柱がかなり多かったのが、
今日見たらずいぶん減っています。
だから状態は良いと思いますよ」と。
恥ずかしながら、それまで「円柱」という言葉を
聞いたことがなかったので、帰って急いで調べました。
まだまだ勉強が足りないな〜と反省しきりです。

みゅうさんのお仕事、やはりお忙しそうですね。
こんなことはとっくに検討済みで、
余計なお世話なのは重々承知なのですが、
たとえば信頼の置けるペットシッターさんを探して、
みゅうさんが行けないときに
未来さんを点滴に連れていってもらう、
という方法は無理でしょうか。
もちろん、未来さんとシッターさんを
慣らさないといけないし、
経済的な問題もあると思いますが…。

ごめんなさい、本当に余計なお世話ですよね。

長々とすみません、
このたび、無謀にもブログを始めたので、
もしよろしければ見てやって下さい。
http://shibachiro.blog121.fc2.com/
です。
そういう知識がまったく無いため手探り状態で、
まだ記事も二つだけなのですが。
病気のことも少しずつ書いていこうと思っています。
もしよかったら、
リンクを張らせて頂いていいでしょうか?

週末くらいから本格的に暖かくなるようですね。
連休はみゅうさんもお休みを取れそうですか?
未来さん、クロベエさんと
ゆっくりお過ごしになれるといいのですが。

投稿: さと | 2010年4月27日 (火) 20時44分

みんままさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
「医療相談だワン」の加藤先生のコメントは分かりやすくて、いいですね。
コウタさんや皆さんが読めるように貼り付けてくださってありがとうございます。
コメント欄では、誰に呼びかけても構わないですし、有効に使ってくださいね。
コウタ君は、虹の橋でミントちゃんに会えたかな。お友達たくさんできますように。

投稿: みゅう→みんままさん | 2010年4月28日 (水) 02時53分

ななままさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
コウタさん宛てに書いてくださっていいのですよ~
コメント欄は有効に使ってくださいね。
別れは辛いけれど、きっとまた会える。
私もそう思っています。
コウタ君、きっと楽しく遊んでいますね。

投稿: みゅう→ななままさん | 2010年4月28日 (水) 03時09分

さとさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
哲学者ですか~ わはは(^^)
未来に言っときますね。
尿比重は、そんなに気にする必要はないと私も先生に言われました。
それより蛋白が出てないか、潜血はないか、のほうが大切ですね。
細かい内容は私もよく分かっていません。
検査結果の用紙には、ビルピリンとかウロビリノーゲンとか、いろいろ項目が書いてあります。
一度調べて「おお、そうなのか」と思って、もう忘れてしまいました。
未来の比重は、1.01まで下がったこともあります。ほとんど「水」と同じですが、それでもあまり気にしなくていいと言われていました。
きれいな尿ならば、大丈夫!
チロちゃんのブログ、拝見しましたよん。
わ~可愛い~
リンクは、いつでもどうぞ。
今後の記事を楽しみにしています。
ゴールデンウィークは、残念ながらお仕事の日が多くて、休めるのは土日と「子どもの日」だけです。
帰宅してからの時間を大切に過ごそうと思います。
ペットシッターさんには、今まで何度かお世話になったことがあります。
初めての人に慣れるのに時間がかかり、リードを付けようとすると部屋の隅に逃げたり、抱っこなんてとんでもないという状態で、そのたびに携帯メールが飛んできました。
若い頃はそうでもなかったんですけど、シニアになってから、すごく神経質になっています。
もっとすぐれた人を探すという手もありますが、何よりも未来にストレスがかかってしまうので無理はしたくないのです。
アドバイスありがとうございます。
できる限りのことはしたいけれど、それが単に飼い主の自己満足に終わってもしょうがないというか、未来にストレスが掛からないようにしたいと思っています。
他人様から見ると、もっとこうしてあげればいいのにと歯がゆくなることがあるのかもしれませんし、飼い主として失格だと思われることもあるかもしれませんね。
実際、私は完璧でもなんでもないし、小さい頃からの育て方も反省することだらけです。
いろいろ制約がある中で、できる限りのことをするとしか言えないかなあ・・・

投稿: みゅう→さとさん | 2010年4月28日 (水) 03時40分

こんにちわ。
今日はようやく晴れましたが、風が強くて洗濯物が外に干せません...。

治療をがんばっている飼い主さんたち、そして天国に逝ってしまったわんこの飼い主さんたち、皆思うことは一緒です。
もっと何か出来ることはないのか(なかったのか)...。
多くの飼い主さんたちを見てきましたが、どんなにやっても皆さん悩んだり、後悔をされます。
それだけ一生懸命に病気と闘っているということですね。
そして、点滴の回数をもっと増やしてやれたらとか、薬をちゃんと飲ませてやれたらなどというのも皆さん共通の想いです。
でも、特に腎不全という慢性の病気の場合、治療の濃さとわんこの状態の良さが比例するかというと、必ずしもそうではありません。
すごくケアをされれてた子が急逝してしまったり、殆ど治療が入ってなかった子が意外にも長生きしたりなんてことも多々あります。
「闘病は飼い主さんの出来る範囲で」これが基本です。
焦る気持ちもよくわかりますが、無理をしても何も始まりません。
それより飼い主さんの気持ちにゆとりをもってわんこと接してあげる方がわんこにストレスもかからないし、結果として良い方向にいくことも多いです。
特に老齢の腎不全のわんこは神経過敏になることがよくありますので、一番いい治療は、わんこが落ち着いて過ごせる時間をなるべく多くすることですよ。

うちの犬は腎臓の方はまあ落ち着いているのですが、以前からの持病の慢性気管支炎が最近かなりひどく、咳で寝れない状態です。
仕方なく鎮咳剤を投与していますが、副作用でフラフラになっています。
時に倒れながらヨロヨロと歩いている姿を見ると、獣医の自分でもかなり精神的に参りますが、そんな時は犬物の映画や漫画や小説なんかを観たり読んだりして、思いっきり泣いて、気持ちをリセットしています。

ここに来られている飼い主さんたちは一人ではありません。
皆で励まし合って頑張りすぎない介護をしていけたらいいですね。
何か質問がありましたら、遠慮なく言って下さいね。

最後に、みゅうさんを始め飼い主の皆さん、ご自身の体は大丈夫ですか?
休める時は休んで、また一歩一歩行きましょう!

投稿: とある獣医師 | 2010年4月29日 (木) 10時39分

とある獣医師様、こんにちは。
いつも暖かいコメントと応援、ありがとうございます。
先生の文章を読むと、ほっとします。
今日は風の強い日でしたね~
治療の濃さとわんこの状態の良さが比例するかというと、必ずしもそうではない・・・という先生の文章を読んで、かかりつけの病院の先生も似たようなことをおっしゃっていたことを思い出しました。
食事療法も皮下点滴も投薬も全部きちんと実行していても、急に悪化することがよくあるというお話でした。
慢性腎臓病というのは、そういう病気なのだなあと思いました。
そう言われても「そうですか」とすぐに納得するのは難しく、なんとかならないものかと思ってしまうのが飼い主ですね。
励まし合って力が出ることもあれば、他のワンちゃんと比べてしまって落ち込むこともあります。
そして自分の心の狭さが嫌になって、また落ち込んだり・・・
以前に比べれば、人は人、自分は自分の信じたようにやっていくんだと思えるようになりましたが、心が揺れることもあります。
先生のワンちゃん、慢性気管支炎なのですね。咳が続くのも辛いし、薬の副作用も辛いですね。
今夜は眠れそうでしょうか。
咳が収まるよう祈っています。

投稿: みゅう→とある獣医師様 | 2010年4月29日 (木) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 血液&尿検査(4/21) | トップページ | マスター »