« 1日中一緒に居たいけど・・・ | トップページ | 朝のお散歩 »

2010年4月 7日 (水)

皆さまありがとう

おはようございます。今日は曇り。雨も降りそうです。
前回の記事に暖かいコメントを頂き、ありがとうございました。

ブログの記事には本音を書いているつもりですが、恥ずかしい気持ちもありまして、うまく書けないこともあります。
お金のことも書いてしまってよかったのかなあ・・・なんて翌日になって後悔したり。

コメント拝見しているうちに涙がぽろりん・・・
今日も頑張ろう。

昨夜の未来は、アニモンダのウエットを3分の2くらい食べてくれました。
カロリーは少ないけれど、「ぱくっ」と口を開けて食べる姿を見るだけでほっとしました。

いつも読んでくださってありがとうございます。
今日もいい日でありますように。

|

« 1日中一緒に居たいけど・・・ | トップページ | 朝のお散歩 »

コメント

高齢で闘病中のワン達と生活してると・・・
時々は弱音を言いたくなりますよ~~

私も去年の6月、ベリーズカードのポイントが
1000ポイントを超えた時はさすがに
いつまで続けられるかなぁって思いましたよ。
ブログに費用の事は書かないつもりだったけど
やっぱり、その時は書きました・・・

未だに医療費と闘っている我が家ですが・・・
3月は9年乗った車の車検だったのですが、
車の営業をしている婿殿が
「買い換えますか??」と・・・
「もちろん」と言いたいところですが・・・
ワンズの医療費が新車を買う位かかったので
車は車検をとって10年目に突入です・・

トムの食欲も相変わらずムラで私を悩ましますが
その事を娘に愚痴ったら・・・
「人間だって年寄りは少ししか食べないんだから
 トムだって、お爺さんだから、そんなに食べな い方が体にいいんだよ!!」と・・・

娘は私に年中トムの食欲の無い話を聞かされて、うんざりしているのかもしれないけど・・
トムの事を心配している私の気持ちは、娘といえど
理解できないのだと痛感しています。

家族に私の心配事を話しても、心配のし過ぎだとたしなめられるので
ブログに書いて、皆さんに励ましてもらってます
お互い頑張りましょうね~
ズラズラと長くなっちゃいました~すいません・・

投稿: ベリーママ | 2010年4月 7日 (水) 22時49分

ベリーママさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
カードのポイントのこと、覚えています~!
ベリーちゃん、インディーちゃん、ビビアンちゃんと闘病が続き、手術もあったし、わが家よりもずっと大変だろうと思います。
トム君の元気そうな姿をブログで拝見していたので、食欲も続いているのかな~と思っていました。
食べてくれないときは本当に心配ですよね。
この悩みは、なかなか人には分かってもらえないです。
健康で若いワンちゃんと暮らしている人に話すと、「うちの子は何でも食べるわ」なーんて言われておしまい・・・だったりします。
私も時々愚痴をこぼしながら、めげずに頑張ります。
ベリー家の車が、これからもガンガン走りますように。
ワンズたちが春を楽しんで穏やかに過ごせますように。

投稿: みゅう→ベリーママさん | 2010年4月 8日 (木) 00時59分

こんにちわ。
書き込むのは久しぶりですが、時々覗いております。
私が住む辺りは、桜が今満開でとてもきれいです。
うちの犬が倒れて、もうダメかもしれないと思ってから、2回目の桜が見れました。

治療費の問題...頭が痛いですよね。
うちはまあ、私が獣医なので、治療は原材料費のみですが、それでも月に数万円かかります。
正直うちのわんこの為に臨床獣医師として働いているようなもんです。
やはりわんこを飼うに当たっては、保険に入るなり、若い頃から積み立て貯金をしておくに限りますね。

さて、実はこの4月から新しい分野の勉強を始めることにしました。
以前からずっと心に秘めてはいたのですが、色々あって、ようやく漕ぎだす気持ちが。
その勉強というのが、飼い主さんのメンタルケアです。
闘病中や介護中の疑問、悩み、辛い気持ちのはけ口、治療法の選択の手助け、そしていつかは訪れる別れの時を出来るだけ良い形で迎える為のお手伝い...などをやっていこうと。
本来なら、かかりつけの獣医師がその役割を担うのが一番なのですが、忙しい中で獣医が対応出来る時間というのも限られているし、飼い主さんも遠慮や緊張してしまって言いたいことも言えないような事が多々ありますよね。
ならば、そういう役割を作ってしまえと思ったわけです。

いつもみゅうさんを始め、こちらにいらっしゃる方たちのご意見や想いはとても勉強になるので、今後も色々聞かして頂きたいと思って、書かせてもらいました。

投稿: とある獣医師 | 2010年4月 8日 (木) 14時47分

ただでさえ動物の医療費は高いのに、この不況で手取りが減り、去年から息子が私立幼稚園に行くようになって、うちも大変です。
みなさん、結構、かかっているように思うのですが。うちのジャックラッセルのコウタは、今のところ、1か月、大体3万円くらいでしょうか。最近は、吐くことが増えたので、前回の診察から、胃腸薬が増えました。
腎不全に対して、どんな症状がでてくるのか、どのように弱っていくのか、どのくらい生きれるのか、全くわかりません。
先生には、平均寿命は生きられない、とだけ言われています。個人差もありますよね。
金銭的にきつくても、縁があって出会った犬だから、最後まで、人間と同じようにしてあげなきゃ、だめですよね。
治ることが絶対ない病気だから、ほんと、つらいです。一番ツライのは、犬本人ですよね。
私も、がんばってコウタと一緒に、通院します。

投稿: コウタ | 2010年4月 8日 (木) 22時07分

とある獣医師様、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
ワンちゃんと2回目の桜を見ることができて本当によかったですね。
「飼い主のメンタルケア」をかかりつけの先生が担当するのは時間的にも厳しいですし、「力になってあげたい」という気持ちだけでは無理のような気がします。
きっといろいろ勉強が必要なのですね。
ブログに心の内を何もかも書くことはできませぬが、未来に対する気持ちや人間と動物の違いなど、いつか自分の言葉で書ければいいなあと思っていることがあります。
「いつか」というのは、ずっと先のことかもしれませんが、時々遊びに来てくださいね。
先生のコメント、いつも楽しみにしています。

投稿: みゅう→とある獣医師様 | 2010年4月 9日 (金) 04時58分

コウタさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
病気のワンちゃん、シニアのワンちゃんと暮らしているとお金がかかると思います。
悩みはいろいろあるけれど、一緒にいられる幸せを感じて「今」を過ごせるといいなあと思っています。
コウタ君が穏やかな春を家族と過ごすことができますように祈っています。

投稿: みゅう→コウタさん | 2010年4月 9日 (金) 05時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1日中一緒に居たいけど・・・ | トップページ | 朝のお散歩 »