« 春らしい日曜日 | トップページ | 快晴の日曜日 »

2010年4月24日 (土)

血液&尿検査(4/21)

こんにちは。久しぶりの更新です。
先週日曜日以来ですね。記事は古いままなのに、たくさんコメントくださってありがとうございます。
コメント返信も素早くできなくて、申し訳ありません。

休みが取れたので、水曜日21日に病院へ行きました。
2頭一緒に連れていくと、途中で未来を抱っこできないので2往復して、別々に連れていきました。

結果その他について、この記事の続きは夜にアップしますね。
今日はお休みでありますが、これから用事と病院行きがあるので、この辺でいったん失礼します。

楽しい週末でありますように。

************************************************

こんばんは。再び登場です。

未来の血液検査は、まず採血が大変でした。後ろ足から採血しようとしても、全く注射器の中に血液が上がってきません。
先生は仕方なく前足から採ることになさったのですが、未来がビックリするのではないかとハラハラ。

なぜか大丈夫でした。彼女は、初めてのことにキョトンとしていたのでした。
1番緊張して汗をかいていたのは、私でありました。

結果は、よくありませんでした。
予想していましたので、それほど落ち込みませんでした。
食欲は1日おきだし、薬を飲めない日もあったし、皮下点滴の回数が1日減ってしまいましたから・・・

BUN 105
CRE   2.8
IP       5.0

まだ貧血ではないし、カリウムも基準値内に収まっているのが救いです。

今までの結果、グラフなどはこちらです。
http://homepage3.nifty.com/web-samples/kensa/

尿検査の結果も上記のページにあります。
少しスクロールしてご覧下さい。比重は少し上がっていました。

クロベェの血液検査結果は、悪くはありませんでした。
肝臓の数値は問題なし。
腎臓は
BUN  22
CRE   1.8

クレアチニンの値が少し下がり、ほっとしました。
まだ、ごく初期の状態ですし、k/dや腎臓サポートもよく食べているのでこのまま安定しますように。

前回のエコー検査で見つかった「腫瘍のような影」は、今回はありませんでした。
消えてしまった?なぜ?
安心したいところですが、不安も増しました。
来月も調べて頂くことにしました。

本日夕方、未来の皮下点滴に行ってきました。
嘔吐、下痢なし。心拍音も正常。触診も問題なし。毛色も艶々ですが、体重は増えません。
11.25kgでした。
先生が「見た目は変わらないけどなあ」とおっしゃいましたが、心の中で「そりゃ、末期ではないから、そんなに変わらんでしょう」とつぶやいておりました。
ワンコは、しんどくても弱味を見せない動物ですもん。

今通っている病院の診察時間は19時までです。
19時半頃までに着けば皮下点滴もOKですが、20時近くなるとダメです。
都心から必死で帰ってきて、すぐに着替えて家を出ても19時半を過ぎてしまいます。
他の病院で頼むか・・・
でもねえ、未来にとってはストレスが増えてしまうよね。

歩くスピードも遅くなったし、ほんの少しだけど痴呆の始まりかな?と思うようなこともあります。
腎不全であることは間違いないけれど、それだって「老化」のひとつですね。
止めることはできません。
でも苦痛は、できる限り避けてやりたい。

「未来ノート」をめくって1ヶ月前を見ると、キドナを少しとカステラしか食べないと書いてありました。
食欲はムラがあるので、突然アニモンダのフードを食べる日もありますが、少しずつ食べられるものが減ってきています。

リフレックス錠のおかげで、なんとか少しは食べていますが、この薬を飲ませるのが大変なのは変わりません。

さて、これからどうするか。
もう充分頑張ってきた未来ちゃんに、もっと頑張れなんて言えません。
何が何でも皮下点滴に通う というのも考えてしまいます。

昨年の秋、先生に言われたことがありました。
腎不全と診断されて1年以上経ったときのことでした。
「皮下点滴に頑張って通った飼い主さんの執念ですね」

皮下点滴だけが未来を支えているわけでもないと思いますが、とにかく通わなければと必死でした。

今後もそうするか。
あれこれ考えているうちに、時間が過ぎていきます。

明日の日曜日、また写真を撮れるといいな。

今日も読んでくださってありがとうございました。

|

« 春らしい日曜日 | トップページ | 快晴の日曜日 »

コメント

こんばんは。コウタです。

コウタは、もう3日間、何も食べてくれません。
そのせいもあり、オシッコのためにハウスから出るのも、足がふらつき、出てくる前にもらしてしまうようになりました。
嘔吐中枢に働く吐き止めも、1日しか効かないので、金曜日の夜、吐いてしまいました。
おまけに、土曜日は朝から、下痢。ウンチは1週間ぶりです。

今日は朝一で病院に行ったのに、1時間待ち。
この時期は、フィラリアと狂犬病で、大混雑ですよね。
何も食べず、吐き、おまけに下痢が続くと、脱水してしまうので、お尻に注射を打ちましたが、病院から帰ってきてから、4回ほど下痢。

今日は、実家から柴犬も連れてお見舞いに来てくれて、コウタも喜んでました。
歩くのもツライはずなのに、少し走ったり、段差を飛び降りたり・・・
でも、無理してたんだと思います。
みんなが帰る頃には、動きませんでした。

体調が悪かったら、日曜日も病院に来てください、と言われているので・・・行ったほうが良さそうです。

投稿: コウタ | 2010年4月24日 (土) 22時52分

未来ちゃん、全体的に数値がちょっと上がってしまったんですね…。次回の検査までに、また、少し下がると良いですね。
クロベェちゃんは、数値が落ち着いていて良かったです★

皆さんのコメントを読んでいて、皆、同じ問題を抱えているんだ…ちょっと心強く思いました。

今日、実家に戻り、ワンコ(ゴン太と言います★)に会ってきました。
我が家も食べたり食べなかったりしている様です…コメントにもありました様に、お菓子はよくないって思うのですが、食べてくれる物が「お菓子」の時がある様です…体重を増やして欲しい、でも身体には良くない…難しいです。
前回点滴に連れて行った時、体重が少し増えていたのですが、今日連れて行ったら、前々回より減っていて…正直、ガックリしました。

我が家も、もう1匹いるのですが、その子がいる事でゴン太も元気なのかな?と思います。
ほんと、点滴だけがゴン太を支えている訳ではないと思うのですが…みゅうさんの様に、今後もそうするか…悩みながら、毎日模索しながら、時間だけが過ぎている様です。

明日(今日?)も、お天気が良さそうですね★
未来ちゃん・クロベイちゃんが楽しくお散歩出来ます様に!
可愛い笑顔、カメラに収めてくださいね★

投稿: Chel | 2010年4月25日 (日) 00時57分

コウタさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
コウタさんが「こんばんは」と挨拶をしてくださったのは初めてですね。
少し嬉しくなりました。
私や未来に対しては「そちら」という呼びかけを最初のコメントでなさって、その後は名前すら一度も出てこず、ちょっとサビシイなあと思っていました。
そんなこと、いちいち気にするなと言われそうですが、たとえネット上であっても、今までもこれからも実際にお目にかかることがなくても、気持ちよくコメントのやり取りをしたいなあと私は思っています。
そんな余裕がないくらい、コウタ君の具合はよくないということは分かります。
このブログを読んでくださっている方の多くが同じように辛い状況かもしれません。
それでも、ワンちゃんの前では少しでも笑顔になって残された日々を穏やかに過ごせるようにと努力なさっているのでしょう。
コウタさんも同じだと思います。
動物は不思議なくらい人間の気持ちを読み取りますね。
私たち人間よりもずっと潔くて、自分の引き際を自分で決めるような気がします。
今日はいいお天気でしょうか。
「今」を大切に過ごすことができるよう祈っています。

投稿: みゅう→コウタさん | 2010年4月25日 (日) 13時52分

Chelさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ゴン太君という名前、なんだかとても親しみが湧きます。
関西では、やんちゃな男の子のことを「ゴンタ」と呼んでいたような記憶があります。
「義経千本桜」という昔の芝居に出てくる「権太」が頭に浮かんだり、突然いろいろな記憶が蘇りました。
食べたり食べなかったり、というのは皆さん同じですね。
体重が減ると、ほんと辛いですね。
「お菓子」というのは人間用の「お菓子」のことでしょうか?
それとも犬用の「おやつ」でしょうか?
甘いものなどは、フードを食べる「きっかけ」として使うことができれば1番いいのですが、おやつがメインになってしまうと、ますます肝心の食事を食べなくなってしまうのでコントロールが難しいように思います。
でも何も食べないよりは・・・というのが正直なところです。
今日はとてもいいお天気ですね。
朝とお昼、2回散歩に行きました。
このあと病院に行くので、また少しお散歩できます。
ゴン太君も楽しい日曜日を過ごせますように。

投稿: みゅう→Chelさん | 2010年4月25日 (日) 14時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春らしい日曜日 | トップページ | 快晴の日曜日 »