« 穏やかな週末 | トップページ | 気まぐれな日々 »

2010年3月16日 (火)

時々成功する作戦

こんばんは。今日は異様な暖かさでした。
そして明日は、また気温が下がるようです。
わ~、これが困るのだ・・・

リフレックス錠を飲み始めてからもうすぐ3ヶ月になります。
効果は今も続いていますが、3ヶ月前に比べると少し弱いかもしれません。
工夫が必要なことも分かってきました。

人間用の抗うつ薬なので、服用している方々のブログを読んだこともあります。
食欲が出て太ってしまった方、眠気が強くて服用を止めた方、それほど眠くならない方、量を増やした方など人によって異なるのだと分かりました。

「脳」は人によって異なるので、効き目も副作用も異なるのは当たり前なのかもしれません。
ワンちゃんの場合も同じことが言えるかもしれません。

例えば、夜7時にリフレックス錠をあげます。
空腹なので、1時間くらいで「何か食べたいなあ」という反応をすることもあります。
でも、しばらくその状態を引っ張って、もう少し食欲を引き出します。

最近始めたことですが・・・
そろそろいいかなと思ったら、最初に「食べなくなったドライフード」を何か出します。
まず、食べません。
ぷいっと横を向いたり、「何よ~これは!」と少し怒ったり?します。

しばらくしてから、アニモンダのニーレンを出します。
今日は、これもすぐには食べませんでした。
そこで、もう一度最初のドライが入った器を出して「じゃあ、こっちね」と言います。
なんだか意地悪をしてるようで胸がチクチク・・・(ごめんね~)

もう一度アニモンダを出すと、今度は食べました。
3分の2くらい食べて止めてしまいましたが、食べることが大切なのでこれでOK、いっぱい誉めてあげます。
あとは、先日書いたロイヤルカナンのベビーケアを20グラムくらい、茹でたチキンを少し食べました。
薬を飲ませるために使ったのは、今日はバームクーヘン。
朝の「キドナ」と合わせて、なんとか500kcalギリギリというところです。

これが腎不全のワンちゃんに食べさせる食事?と突っ込まれそうですが、もう1年数か月格闘してますので、これでいいと思っています。

駆け引きのような作戦が成功するのは、リフレックス錠を飲んだあとだけです。
明日の朝まで効果は持続せず、朝は最近「キドナ」のみ。
キドナだけであっても、食べてくれるのですから、嬉しいことです。

何が一番大変かというと・・・そのリフレックス錠を飲ませることです。

今のところ肝臓、心臓に影響は出ていませんが、今後のことは分かりません。
少しでも長く食欲が続くことを祈っています。

今日も読んでくださってありがとうございました。
気温が上がったり下がったりしますね。ワンちゃんたちが体調を崩したりしませんように。

|

« 穏やかな週末 | トップページ | 気まぐれな日々 »

コメント

いろいろ工夫されてますね!
やっぱりオーダーメイドの手厚い看護は、飼い主さんにしかできないものだよなぁ~とつくづく思いました。
未来ちゃんは、みゅうさんの愛情いっぱいの看護のおかげで、ここのところまずまずお召し上がりになっているようですね♪
なにより、なにより、です。
選り好みって、半分は「気分」な気がしないでもなく、雰囲気作りも大事なんですよね。
腎臓にいいとか悪いとかで食べ物にこだわってしまうのが看護初期。
そのうちとりあえず食べてくれれば…って私の考え方も変わっていったことを思い出しました。
リフレックス錠を飲ませるのは本当に大変ですよね。
ちぃーっちゃいのに、なんででしょうねぇ…。

投稿: Chinatsu | 2010年3月18日 (木) 00時24分

Chinatsuさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
本当に雰囲気も大切ですね~。
私が食べさせるのに必死で、全身から「食べてちょーだいオーラ」が出ているときは、食欲が減退するのかも?と思うことがあります。
「まずまず」「そこそこ」「それなりに」という感じで、過ごそうとしています。
でも、お薬を飲ませるときはね~必死になっちゃいます。
Chinatsuさんが以前書いてらしたように「勝負!」って感じです。(^^)
リフレックス錠の外側のオレンジ部分が溶けると嫌な匂いか味がするのかな。
錠剤を包んだものまで嫌いになってしまうことがあるので、ヒヤヒヤします。
食欲がないときでも、ぱくっと食べてくれるものを今も探しています。

投稿: みゅう→Chinatsuさん | 2010年3月18日 (木) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 穏やかな週末 | トップページ | 気まぐれな日々 »