« 久しぶりの雪 | トップページ | 薬を飲ませるのは大変 »

2010年2月 3日 (水)

何度も躓いた散歩

こんばんは。昨夜降った雪は「ふかふか」ではなく、「カチカチ」または「ジャリジャリ」になっていました。
未来は何度も躓きそうになり、ヨロヨロ・・・
半べそをかいてるような表情になったので、途中で抱っこしました。
でも、しばらくすると「降りるー!」とジタバタ。

歩きにくいから仕方ないなあと思っていたら、向こうから来るワンちゃんたちは、チワワもラブラドールもスタスタ歩いていました。
あちゃ~
改めて未来の足が弱ってきたことを痛感しました。

この写真は、近くの公園なので雪の状態がマシです。
いつもは尻尾が下がっているのですが、今日はバランスを取るために必死で上げていました。あまり嬉しそうではありませんね~

Mirai_0202

寒いので洋服を着せたほうがいいのですが、何かを身に着けるのが嫌いで嫌いで大変なのです。

レインコートをなんとか着せても、ずっと体をブルブルさせてます。
先日写真を撮ったら、あまりにもズリ落ちていたのでボツにしました。
足を通すのではなく、首の下とお腹のところでマジックテープで止めるマントタイプです。

すごくシンプルな形なので、このレインコートを型紙代わりにして洋服を作れるかなあ・・・と思いつつ、不器用な私は自信がなくて実行していません。はずかし~
あ、マジックテープだけは買いました。

今日の体温は、38.7度でした。
最近また水を飲まなくなりました。PEPPYの水飲みボウルは、クロベェが気に入って毎日飲んでいます。
未来が水を飲んでいるのを目撃したのは、下痢の日だけ。

病院の先生は、点滴で水分を取ってるから飲まないのかもしれないとおっしゃいます。
でも、1日おきで750ccだから足りないですね。

ミルク味にハマったと思ったのですが、その後キドナ以外のミルク味は拒否されてしまいました。
ワガママというより、本当に「肉の匂い」が嫌いになったようです。

あれこれ気にして不安になると、未来に伝わるので明るく過ごすようにしなくてはね。

今週は毎日寒そうです。
でも、もうすぐ立春ですね!

今日も読んでくださってありがとうございました。

|

« 久しぶりの雪 | トップページ | 薬を飲ませるのは大変 »

コメント

みゅうさん、こんばんは。
未来ちゃんが雪の上を用心深く歩いている様子が写真から伝わります。
パルの妹分2匹は、雪の為お散歩が中止になって不満そうでした。
昨夜、一時帰宅したパルは、ごはんには見向きもせず・・・、それならばと、うどん、鶏肉、カステラ、牛乳と大好物を並べるも、匂いを嗅ぐものの、プイッと横を向かれてしまいました。
みゅうさんのブログで勉強させてもらったので、焦ってはいけないと自分に言い聞かせ、時間を置いてチャレンジ。
小さな鶏肉を3切れほど食べてくれました。
その後、4切れほど・・・。
後は大好きなコタツに入って寝てしまいました。
傍にいて、ぬくもりを感じる、それだけで幸せだと思いました。

今朝、朝一番に病院に戻りました。
置いてかないで~と訴える目に・・・涙、涙です。
先生からは血液検査の結果や治療方針を聞いたような気がするのですが、断片的にしか覚えていない私です。
パルが元気がなくなってから、夜も眠れず、食欲もなく泣いてばかりいます。
こんなことではいけないと自らを奮いたたせるも、また落ち込みの繰り返しです。
頑張っているパルに笑われてしまいますね。
今度は金曜日の夜に一時帰宅できるとのことです。

投稿: ちはる | 2010年2月 3日 (水) 18時40分

コケっとしながら歩く姿、心配にもなりますが、無性に可愛いですよね。
みゅうさんのブログを読んで、モモの散歩風景を思い出しました。
普通に歩くのにも大げさにバランスを取らねばならず、モモのしっぽもシニアになってからの方が活躍していた気がします。
お水優等生だったモモも皮下点滴を始めてから飲水量が落ちました。
自分の身体の中のことを、ちゃんと感じ取って調整してるんでしょうか?
犬ってスゴイですね。

投稿: Chinatsu | 2010年2月 3日 (水) 21時15分

ちはるさん、こんにちは。
パルちゃんの様子、知らせてくださってありがとうございます。
大好きなコタツの中で寝ることができて、嬉しかったでしょうね。
入院は辛いけれど、少し回復したから鶏肉を食べることができたのではないかと思います。
長期に渡って入院させるのではなく、静脈点滴の効果が見えてきたところで通院に切り替えるのだと思います。
気持ちは動揺しているし、日頃使わない言葉は出てくるし、先生の話はなかなか記憶に残らないかもしれません。
明日お見舞いに行かれるときに、分からないことを紙に書いて持っていけば質問しやすいですね。
血液検査の結果は印刷してもらえました?
今後、値の推移を見るのに役立ちます。
パルちゃん金曜日に退院ということは、週末に赴任先からお戻りになる御主人に会えますね。
ショックで泣いてばかり・・・私も同じでした。
体調の変化を「年だから」と思っていた自分を責めました。
そのうえ病院の先生は、老犬だから何が起こってもおかしくないとおっしゃいました。
急に気持ちを切り替えて、笑顔で「頑張るぞ!」と張り切るのは難しいですが、金曜日にパルちゃんを笑顔で迎えに行けますように。
寒い日が続きます。ちはるさんもお体大切になさってください。
パルちゃんの体調が安定するよう祈っています。

投稿: みゅう→ちはるさん | 2010年2月 3日 (水) 22時00分

Chinatsuさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
そうそう、確かに「コケッとしながら」でした。ハラハラしながらも可愛いなあ・・・なんて思いました。
モモちゃんの尻尾も活躍していましたか~
バランスを取りながら歩くのは、なかなか大変ですね。
お水、もう少し飲んでほしいのですが、ミルク味にしてもチキンスープにしても飲まないし、浮かべたおやつに興味を示さないし、困りました~!
自分で調整しているのかなあ。
だとしたら、確かに凄いです。
水を飲もうとして気管に入ったのか、むせたことがありました。
またむせるんじゃないか・・・と思って水を飲まないのかしらと考えることもあります。
うーん、前途多難。

投稿: みゅう→Chinatsuさん | 2010年2月 3日 (水) 22時11分

お返事ありがとうございました。薬は治療方法が色々あるのでしょうか、心臓も弱っていますが心臓の薬と利尿剤を飲んでいます。カルシウムが溜まりやすくそれを流すためだそうです。こちらは、北海道なのでマイナス10度で外でのおしっこは服にマフラーに手袋と完全防備で出ます。それでも震えてます。
最近はグリーンドックさんで試供品に送ってくれたリモナイトという鶏ささみのふりかけにはまりシニアの缶詰めにふりかけて食べてくれています。
未来ちゃんの食欲も続いてくれたらいいなぁ。

投稿: まめけん | 2010年2月 4日 (木) 14時06分

まめけんさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
北海道の冬は、全く未体験なので気温を聞いても想像できないくらいです。
けんちゃんは、ゆっくり歩くのかな?
それともスタスタ歩くのかな?
さて、前回のコメントで私がお伝えしたかったのは、メルクメジンを自己判断で増やすことがいいのかどうか分からない。
先生に相談したほうがいいのではないかということでした。
1番気になったのが「自己判断」という言葉だったのです。
利尿剤や心臓の薬は、先生が処方なさったものを飲ませていらっしゃると思いますし、何か疑問がある場合は先生と相談なさっていると思います。
愛犬のことを心配するあまり、薬を「自己判断」で減らしたり増やしたりする方も時にはいらっしゃるので少し心配したのです。
特に心臓、腎臓の両方を治療している場合は、薬の量は大切だと先生に聞いていたので。
「リモナイト」は未来も食べていたことがありました(過去形)
今は「ぷいっ」です。
ウンチが黒くなるので、本当のウンチの色を確認しにくいのが欠点かなあ。
でもトッピングとして使って食事を食べてくれるのは嬉しいことですね。

投稿: みゅう→まめけんさん | 2010年2月 4日 (木) 22時43分

この記事へのコメントは終了しました。

« 久しぶりの雪 | トップページ | 薬を飲ませるのは大変 »