« 突然、お水をゴクゴク | トップページ | しゃっくりにビックリ »

2010年2月 9日 (火)

心配はあるけれど・・・

こんばんは。今日は「チコリコーヒー」を飲んでいます。
野菜のチコリが原料です。普通のコーヒーを飲み過ぎたとき、時々飲んでいます。
味は、まあまあ。「たんぽぽコーヒー」のほうが美味しいかなあ。

キドナをお湯で練っていると、ケーキやクッキーの生地に似ているなあと思います。
薄い黄色なので、ますます似ている。
力を入れて、こねているわけではないのにセーターやジーンズに、キドナが付いていたり、未来が使っているバスタオルや毛布にも付いていたり、ティッシュの箱にもハネが飛んでいたりします。

今日は、朝1袋、夜2.5袋でした。
朝から2袋、夜は3袋食べる日もありますが、今日は少なめ。
食べただけよかった~!と思うことにします。

お薬は、今日もバニラアイスに仕込みました。
使う量は少しですが、下痢Pにならないかと心配。
今のところ大丈夫です。

体温は連日39度。
ギリギリ39度で止まっているので、大丈夫と言い聞かせています。
体温も食事も、急に水を飲み出したことも、心配ではありますが、特に何かをするわけではありません。
来週の血液検査で何か変化があったら、また考えます。

寝顔を見ていると気持ちが落ち着きます。
あまり神経質にならず、平穏に過ごすことができればいい。
時々聞こえるイビキ、黒く濡れた鼻、無造作に投げ出した足、全部可愛くていとおしい。
15年間、頑張ってきたよね・・・
時計の針を戻せたらなあ。なーんて考えたりします。

今日も読んで下さってありがとうございました。

|

« 突然、お水をゴクゴク | トップページ | しゃっくりにビックリ »

コメント

こんばんは。
時計の針を戻せたら…私もよくそう思います。
でも自分自身も含め、老いは避けられない事実。
とはいえ、ほんと切ないですよね。

チロは順調に療法食を食べていたのですが、
ここにきてまた食べなくなりました。
途方に暮れて、試しに以前買っておいた
デビフのシニア缶を出してみたら…完食。
要するに療法食に飽きているんですね。
療法食も全種類を揃え、
日替わりでやっているんですが、
もうどれにも飽き飽きなのかもしれません。
それに当然、味も美味しくないんでしょうし。

悩みます。
これがまだ若い犬で、
これから五年十年と生きるのならば、
厳格に食餌療法をするべきなのでしょうが、
チロはもう14歳。
足腰もめっきり弱ってサンポもヨロヨロ、
もはや楽しみはゴハンとオヤツしかないのに、
そのゴハンが美味しくない=楽しくないなんて。

とはいえ、もちろん長く生きてほしいので、
腎臓への負担は減らしたいけれど…ジレンマです。
いかにもイヤそうな顔で「ぷいっ」とするのを見ると、
本当に辛いですね。

当然ながらオヤツも体にはよくないんですが、
目を輝かせてねだる姿を見ると…。
まったくダメな飼い主です。

ごめんなさい、ただの愚痴になってしまいました。
明日もわんこたち(とクロベエさん!)が
元気でいられますように。

投稿: さと | 2010年2月 9日 (火) 21時37分

さとさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
お気持ち、よく分かります。
この悩みは同じことを経験した人でないと、なかなか分かってもらえないし、口に出す機会も少ないし、辛いですね。
愚痴ではなく、必ず突き当たる悩みだと思います。
ずーっと療法食だけを食べてくれるワンちゃんは少ないような気がします。
私はなんとか食べてほしくて、療法食の上にお肉やおやつをトッピングしてしまったことが何度もあります。
本末転倒だと思ったり、少しでも食べられるならいいんだと自分に言い聞かせたり、食事をすっきり快適な気分で準備できたことのほうが少ないかなあ。
なーんて自慢することではありませんが・・・
「ぷいっ」と顔を背けられると、本当に辛いですね。気持ちが萎えそうになることもあります。
チロちゃんは、オヤツを見せたら目を輝かせてくれるんですね。それは嬉しいことです。
未来は最近オヤツを見ても、喜ばなくなりました。
奮発して高いのを買っても「ぷいっ」とされると・・・がっくり。
オヤツをうまく利用して、食事に繋げることができるといいですね。
また心の中にいろいろ溜まったら、コメントください。
チロちゃんの食欲が安定しますように。

投稿: みゅう→さとさん | 2010年2月 9日 (火) 23時31分

この記事へのコメントは終了しました。

« 突然、お水をゴクゴク | トップページ | しゃっくりにビックリ »