« 突然の下痢P | トップページ | 久しぶりの雪 »

2010年2月 1日 (月)

1月が終わりました

おはようございます。夕べは早めに寝てしまったので、早朝の更新です。
2月になりました~!

飼い主が風邪を引いてしまったせいか、あまり振り返りたくない1月です。
未来の体調はどうだったかな。

  • 後半に体温が高くなった(39度)。
  • 最後の1週間、キドナにハマって他のものを食べなくなった。
  • 一度下痢をした(私が悪かった~)

体温は1月31日も「38.9度」と少し高めです。
相変わらず「キドナ」を食べ続け、それもお湯を少しだけ加えて練ったものを好みます。
私は薄めにして、お水を飲ませたいのだけど・・・

ハチミツや粒餡は、少し食べています。
でも以前ほど「大好き!」ではありません。不思議ですね~

リフレックス錠を飲ませて1.5時間くらいすると、昨日も「なんか食べるよ~」と目で訴えました。
またキドナかなあ・・・と思いつつ、アニモンダのニーレンをあげてみると、小さく口を開けて2口くらい食べて終わりでした。
チキンと野菜を煮たものも要らない、スープも要らない、モンプチも要らない。
やっぱりキドナの登場となり、他に食べたものは、「カルシウムたまごボーロ」だけでした。

体重は、12.1kg あるのでカロリーは足りているようです。
これが嫌いになったらどうするの?
歯石がますます付きやすくなるのでは?
またあれこれ心配してしまうのでした。

2月は1月より寒いかもしれませんね。
今年も一緒に春を迎えたい。桜の花びらが舞う道を歩きたい。
なんとか冬を乗り越えたい。

一緒に冬を乗り越えようね。
今日も読んでくださってありがとうございました。

|

« 突然の下痢P | トップページ | 久しぶりの雪 »

コメント

みゅうさん こんにちは
未来ちゃんキドナにハマっているのですね。
ぺロペロなめているんですか?
クリーム状の食感もいいのかな?。
私は最近、恋愛の歌が流れてくると
思い浮かんでくるのはクロベエなんです。
恋しくて切なくて、夢や希望もetc.
こんな想い、気持ちって、人間だけじゃないんだなぁってつくづく思いました。けれどあんまり人には言えないなぁとも。
未来ちゃんの若い頃の写真、楽しそうでかわいい。
今年の桜の花びらが舞う道を歩く未来ちゃんの写真も載せて下さいね。

投稿: ひろ | 2010年2月 1日 (月) 17時09分

みゅうさん
はじめまして。
ちはると申します。
今日、初めて読まさせていただきました。
我が家には、14才の女の子のシーズー・9才の女の子のミックス犬・5才の女の子のミックス犬がいます。
先週の月曜日、14才のシーズー犬、パルの元気がなくなり、水、木曜日には、何も食べなくなり、グッタリとし、金曜日に慌てて病院へ・・・。
熱が41度もあるということで、解熱剤と抗生物質の注射をしてもらい帰宅。
食べるどころか水さえ飲まず、どうしようもありませんでした。
翌日の土曜日に、朝一番で病院へ・・・。
解熱剤のおかげで熱は下がったものの、血圧が下がっていることと、脱水症状がひどいとのことで、即入院して検査を勧められました。もしかしたら、このまま・・・、と遠まわしに言われました。
主人が単身赴任で土日しか帰ってこないので、ひと目主人に会わせてやりたいし、子供達にも事情を話したいと、1日点滴をしてもらって、夜帰宅しました。
土曜日も何も食べず、ただ水だけはふらつく足で飲みに行っていました。
日曜日の朝、再び入院の為、病院へ。
夜に先生から電話をいただき、腎臓の機能が悪化しているとのこと・・・。
帰りたくて、ずっと鳴いているとのことでした。
そんな思いをさせてまで、入院させなければならないのか、昨日からずっと考えてました。
そんな時にみゅうさんのブログを見つけました。
思わずコメント書きましたが、まとまらなくて、すいません。

投稿: ちはる | 2010年2月 1日 (月) 19時16分

ひろさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
恋しい切ない気持ち、分かりますよ、とっても・・・
ひろさんのコメントをお読みになる皆さまも、きっときっと分かってくださると思います。
素直な文章に心を打たれました。
歌を聞いていて涙がボロボロこぼれたり、映画を観ていて、ある場面で急に嗚咽するくらい泣いてしまったり・・・
電車の中で突然涙が溢れて困るようなことも・・・
いろんなことを思い出したり、考えたり、気持ちが堂々巡りしたり・・・
自分の気持ちをどうすればいいのか困ったり・・・
ひろさんの想い、気持ち、話したくなったら、いつでもここに来てくださいね。
今もクロベエ君に毎日話しかけていらっしゃると思います。
きっとクロベエ君は「うんうん」と聞いてくれて、ひろさんのことを見守ってくれてるでしょう。
ひろさん、無理せず、焦らず、泣きたいときはいっぱい泣いて、ゆっくり歩いていきましょう。

投稿: みゅう→ひろさん | 2010年2月 1日 (月) 22時24分

ちはるさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
14歳のパルちゃんのこと心配です。
病院で寂しがっている姿を想像すると、飛んでいきたくなると思います。
腎臓の機能がどのくらい低下しているのか、コメントからは分かりませんが、静脈点滴をしてBUNやクレアチニンの数値が下がれば体も楽になり、食欲が出るかもしれません。
パルちゃんの生命力を信じて応援してあげましょう。
先生が飼い主との対話を大切にする方で、どんな質問にも答えてくださるといいですね。
もし先生に聞きにくいことがありましたら、コメントに書いてみてください。
このブログを時々読んでくださっている獣医師様が答えてくださると思います。
辛い気持ちをいっぱい書いてくださってもかまいません。
きっと共有できると思います。
パルちゃんの体調が良くなるよう千葉から祈っています。

投稿: みゅう→ちはるさん | 2010年2月 1日 (月) 22時38分

みゅうさん いつもありがとうございます。

投稿: ひろ | 2010年2月 2日 (火) 12時24分

この記事へのコメントは終了しました。

« 突然の下痢P | トップページ | 久しぶりの雪 »