« 風邪を引きました | トップページ | 薬の耐性と休肝日 »

2010年1月 7日 (木)

散々なスタート

こんばんは。体調は、だいぶ良くなりました。
ご心配をお掛けしました。

3日に悪寒がしたとき、葛根湯を飲んで寝たのですが、熱がグングン上がって38度5分。
新型インフルエンザだったらどうしよう。
4日、病院へ行かなくては~と思いつつ、未来の食事や散歩をしていると時間が経ってしまい、午後になってやっと病院へ。
綿棒を鼻に突っ込まれて検査したところ、インフルエンザではないと言われてホッとしました。
お薬を処方してもらって帰宅。

もうこれで大丈夫~!と思っていたら、熱は下がらず、逆に上がって39度になりました。
あれ?もしかして実は陽性だったのかも?
5日の午後から仕事だったのに休む羽目になりました。

5日は熱が下がらず、未来を連れて病院へ行くときも、頭がぼわーん・・・
マスク姿の私を見て、先生が「風邪ですか?これを飲みなさい」と渡してくださったのがタウリンの粉末。
むむ、私はニャンコ?
今から飲んで効くかなあ?と思いつつ、ありがたく頂きました。

未来は、元旦から今まで快調です。
食欲あり、ウンチも良好、嘔吐なし、体重12キロ
薬の影響で少し「ハイな気分」になるのか??分かりませんが、散歩に行くとよく歩きます。
私は自分がしんどいので、早く帰りたくて帰りたくて・・・
未来は「まだまだ!」と歩いてました。

薬がやっと効いてきたのか、37度台まで熱は下がりました。
風邪を引くのも、熱を出すのも久しぶりだったので、少々きつかったです。

クロベェは、私の熱い頬や額に自分の顔をぴったりくっつけて寝ていました。
うーん、この場面はどこかで見たことが・・・
『グーグーだって猫である』だったかなあ。汗かいたら熱下がるかなあと思いながら寝ていました。

単なる日記になってしまいましたが、今日はこの辺でおしまいにします。
また明日から、よろしくお願いします。
読んでくださってありがとうございました。

|

« 風邪を引きました | トップページ | 薬の耐性と休肝日 »

コメント

「グーグーだって猫である」に反応しちゃいました~
私も大島弓子さんの漫画が好きで、
かなり昔から読んでいました。
お気に入りは初代ねこ、サバとの日々を綴った
一連のシリーズです。
「アンブラッセ」の中にも熱を出した大島さんが、
夢を見ながら起きた時にサバが見つめていた、
描写がありましたね。

みゅうさんが具合の悪い時、未来さんもクロベェさんも
調子よくしてくれて良かったです。

それにしても、未来さんの先生は、融通が利くというか、
フランクというか・・・
先生とは長いお付き合いなのでしょうか?
私はまだ、茶々の先生から薬をいただいたことは
17年のおつきあいですが、ありません~(笑)

投稿: 松の実 | 2010年1月 8日 (金) 20時37分

松の実さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
大島弓子さんの「アンブラッセ」は読んでいないのです。
「サバの夏が来た」「サバの秋の夜長」は読んだ記憶があります。
沢山の作品がありますが、私が読んだのは上記2冊と「グーグー」のシリーズくらいかな。
未来の先生は、サプリメントや健康にいいものが大好きみたいです。
先日はたまたま機嫌が良かったのでしょう。

投稿: みゅう→松の実さん | 2010年1月 9日 (土) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風邪を引きました | トップページ | 薬の耐性と休肝日 »