« ナックリング | トップページ | ワンコの生命力 »

2009年12月12日 (土)

どこまでサポートできるか

おはようございます。昨日は雨が降り続きましたが、今日は青空です。
日向ぼっこができるね。

少し食欲が戻ったかなあと思っていたら、また昨日から「要らないモード」全開です。
今日は朝から嘔吐して、プリン少しとハチミツを舐めるくらい。
なんとか胃酸を抑える薬を飲んだので、お昼頃に何か食べられるかもしれません。

先月「にほんブログ村」のランキングから外しました。
ランキングを時々見ていると、ワンコの具合が悪くなるとブログ村からのアクセス数が急に増えるのです。
これは普段アクセスしてない人も、タイトルだけを見て「どうしたのかな?」と心配してくださるのかもしれません。
でも時には異常な増え方をして、最期が近くなったとき、急に一時的に上位に入るのを見ると「人の不幸は蜜の味」みたいなものを感じてしまいます。
考え過ぎかもしれませんが、自分のブログがそうなるのを見たくないなあと思って、外しました。
たかがランキングですが、私の気持ちは少し軽くなりました。

食欲がないことは今までも何度もありました。
最も身近にいる私が未来を見ていて、再び安定していた時期に戻るとはなかなか思えません。
もっと側に居る時間を増やそうか、休職しようかと考えることもあります。
今のままだと朝食は殆ど食べられず、夕食まで時間が空きすぎてしまう。

後悔したくないと言っても、後悔の全くない介護は不可能だと思うし、自分ができる範囲でどこまでサポートできるか。

これが正解!なんてものは存在せず、これでいくんだと決めるしかないんだと思います。

これは後ろ向きの日記ではなくて「前向き」なんですよん。
未来が安心してのんびり過ごせるように、少しでも食べられるようにと考えつつ、今後の方針も決めなくちゃ。

シニアのワンちゃんも病気のワンちゃんも、穏やかに過ごせますように。
泣きたくなるときも、側にワンちゃんが居てくれる幸せを噛みしめて、今日も無事に過ごすことができますように。

|

« ナックリング | トップページ | ワンコの生命力 »

コメント

どこまでサポートできるか、どこまで一緒の時間を過ごせるか?
私も考えたことがあります。
そして、私も仕事を辞めることも考えたことがあります。
現実には普通の勤め人、しかもこの経済状況の中、一度仕事を辞めると、私のような年齢では今と同じ収入のある仕事は見込めません。
私は茶々と父がいなくなった後も一人で生きていかなくては
ならない身(笑)なので、今は会社に可能な限りの迷惑を
かけつつ介護していこうと覚悟を決めています。
茶々の衰えが目立ち始めた頃、「あ~あ、専業主婦をさせてくれる誰かを見つけておけば良かった~」って思いました。(笑)

茶々も↓の足、よくなります。
「ぐねる」は「くじく」とも違いますよね?
未来さんも茶々も明日は少しでも美味しく食べてくれますように。

投稿: 松の実 | 2009年12月12日 (土) 18時50分

未来ちゃん食欲少しでもでますように。
むさしも昨日まではワンワン吠えてほしいほしいモード全開で嬉しかったのに今日朝すこしもどしてから急にグタッときて何も食べなくなりおまけに足までよろけだしたのでびっくりして病院へ行ったところ血液検査で貧血とわかりました。熱もありました。わんこは1日1日で状態がすっごく変動するみたいですね。おろおろしてしまいます。
CREもすごく高かったし・・・わんこの生命力を信じる強さを持つ事だけを支えに頑張ってます。
あっ、むさしはムサシでもどちらでもいいですよ。病院ではムサシとなってます。多分私カタカナで最初書いたんでしょうね。

投稿: ムーちゃ | 2009年12月12日 (土) 20時50分

松の実さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
承認するのが翌朝になってしまってごめんなさい。
隣の芝生は青いものなので、○○さんは専業主婦でいいなあとか、△△さんは職場に連れていくことができていいなあとか、他人様を見て思うこともありますが、誰にでも悩みはあるものですから、今の状況で可能なことをするしかないと考えています。
松の実さん、諦めるのはまだ早いですよん。
今後、出会いがあるかもしれないし(^^)
なんだかまた話が逸れてしまいました。
休職して何ヶ月も一緒に過ごせるほど時間が残されているかどうか、ここ数日の未来を見ていると分からない状態です。
結局自分で決めて行動するしかないわけで、そのときは「よし!」と決めます。
「足をくじく」と「足をぐねる」は多分同じ意味ですね。
ナックリングは、くじく(挫く)のとは違うけど足首がねじれるような気がして関西弁が飛び出したのかなあ。
茶々さんのことも心配です。
またあとでブログにお邪魔しますね。

投稿: みゅう→松の実さん | 2009年12月13日 (日) 09時05分

ムーちゃさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ワンコは我慢強いので、ギリギリまで体調不良を人間に見せないことが多いですね。
かなり気をつけているつもりでも、散歩のときにスタスタ歩くと元気そうに見えるし、少しでも食べてくれるとホッとするのですが、体調がいいとは限らないようです。
むさし君の具合が突然悪くなって、とても不安だと思います。
先生と話し合って、薬や点滴が効くといいですね。
また食欲が出ることを祈っています。

投稿: みゅう→ムーちゃさん | 2009年12月13日 (日) 09時14分

初めまして。
昨日実家で15年飼っているナナ(ダックス)が腎不全と診断されました。
年齢も年齢なので、突然死も覚悟してくださいとの事でした……
衰弱していて、下痢が続き何日も何も食べていません。
薬を飲ませるのも大変で、カプセルは飲み込む前に吐き出してしまうし……

今日は昨日点滴したのもあり少し元気になったように感じますが、何も食べず断食状態なのがすごく気になっています。
大好きだったササミや果物もたべないです…
今日チーズを買ってこようと思いますが食べてくれるかどうか…
お互い愛犬の回復を願って頑張りましょう

投稿: ナナ | 2009年12月13日 (日) 10時11分

ナナさん、はじめまして。
ブログに来てくださり、ありがとうございます。
15歳のナナちゃん、未来と同い年ですね。
先生の言葉はショックだったと思いますが、腎不全の場合は心臓麻痺のような突然死とは少し異なるような気がします。
急に悪化することがあると先生は伝えたかったのかもしれませんね。
ナナちゃんは「慢性腎不全」と診断されたのでしょうか?それとも「急性」でしょうか?
シニアワンコが病気になると多くの獣医師さんは「何が起こるか分からないから覚悟するように」とおっしゃるようです。
体のあちこちが老朽化してるので具合が悪くなりやすいですが、なかなか強い生命力も持っています。
ナナちゃんの生命力を信じて、今よりも穏やかに過ごせるように努力してみましょう。
慢性腎不全の場合は、残念ながら腎臓の機能が元に戻ることはありません。
でも嘔吐や下痢をできるだけ止めて、少しでも食べられるようにすることは可能です。
大好きだったササミを食べてくれない場合、チーズも食べてくれないかもしれません。
飼い主はそんなとき、とても悲しいけれど1番辛いのはナナちゃんですね。
胃が気持ち悪くて食欲が出ない状態が続いています。
言葉で表現する代わりにプイと横を向いて食べるのを拒否します。
辛いんだなあと思ってあげてください。
何をあげたら食べてくれるのか、ワンちゃんによっていろいろなので苦労が続くと思います。
私も1人の飼い主ですので、たいしたアドバイスはできないかもしれませんが、いつでもお立ち寄りください。
それから、半角のカタカナは文字化けすることがありますので全角でお願いします。
ナナちゃんの体調が安定するよう祈っています。

投稿: みゅう→ナナさん | 2009年12月13日 (日) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナックリング | トップページ | ワンコの生命力 »