« 久しぶりのドカ食い | トップページ | 未来からのサイン »

2009年12月 9日 (水)

早朝に思うこと

おはようございます。水曜日の朝です。
関東地方のお天気は下り坂で、今日から3日間曇りや雨のマークが付いています。
北海道のように最高気温が「3度」という寒い場所もあれば、沖縄のように最高気温が「20度」を超える場所もあるので、自分の地域のことを書いてもあまり意味がないかなぁ・・・と思いつつ、毎日のようにお天気は気になります。

昨日コメントを下さった、たろじいさんのたろう君が虹の橋を渡りました。
食欲が出ないこと、自宅で皮下点滴がうまくできないことなど、コメントを通じてお気持ちがとてもよくわかり、応援していました。
たろう君、虹の橋で沢山のお友達に出会って楽しく遊んでいるかな。
16年以上一緒に暮らしてきた、たろじいさん、家族の方々の気持ちを思うと涙がこぼれそうになります。
たろう君のご冥福をお祈りいたします。

未来は昨日の夜も割に食べました。
アニモンダのウエットフードを半分くらい、ランフリーのドライを30グラム、ご飯と納豆を混ぜたのを大さじ3杯でした。
朝は、ヨーグルト、プリンをスプーンに1杯ずつくらいで、あとは何を出しても「ぷいっ」でした。
挽肉をフードボウルの真ん中に少し盛りつけて、周りに水を入れたのを出したのですが、今回は水もお肉も少し口を付けただけで終わってしまいました。
でも、こんなことでメゲないですよん。
工夫あるのみです。

朝は食欲がなくても、甘いものは食べる!というのは分からないでもないけれど、油もOKというのは不思議です。
亜麻仁油やしそ油を何かに混ぜたり、かけたりしても食べないのに、手のひらのくぼみに垂らして「はいっ」とあげると朝から舐めています。
今のところ、ウンチも大丈夫です。

未来がなかなか水を飲まないことを先生に相談したとき、「口渇中枢が壊れてるのかな」とおっしゃったことがありました。
壊れてる???せめて機能低下にしておいてくださーい。

食欲もそうですが、水を飲むのも「飲みたい」という欲求があるからですね。
飲みたいと思わなければ飲まない。
人間も年を取ると脱水状態になりやすいのは、「口渇中枢」の機能低下が原因のひとつのようです。
ワンコもシニアになると同じなのでしょうか。

先日購入した、水飲みボウルです。まだこのボウルからは飲みません。

Waterbowl

今日はベリーママさんのビビアンちゃんが手術を受けます。
どうか手術が成功しますように。
コロたすさんのコロちゃん、少し食べてくれてよかった。
今日も食べてくれますように。

病気のワンちゃん、シニアのワンちゃん、みんなが穏やかな時間を過ごせるよう祈っています。
一緒に居ることができる、「今」を大切にして少しでも楽しく過ごせますように。

今日も読んでくださってありがとうございました。

|

« 久しぶりのドカ食い | トップページ | 未来からのサイン »

コメント

たろう君、頑張りましたね。
たろじいさんのお気持ちを考えると胸が痛みます。
どうか元気だった頃のたろう君の姿をたくさん思い出してあげて下さい。
きっと今はそんな風にはつらつとした姿で、好きなところを駆け回っていると思います。
たろう君、モモにもよろしく言っときますから安心してね。

投稿: Chinatsu | 2009年12月 9日 (水) 10時52分

私のブログでも、また、こちらのブログでも応援していただき、ありがとうございます

今朝は高栄養サポートのパウダーを溶かしたもの、70ccも飲みました
お水のシリンジはプッっとだしてしまうけど、高栄養サポートは何度でもおかわりしてシリンジから飲んでいました
自分でどちらを飲むか選んでいるような気がします

それから、コロも食欲がないというか?フード類は見向きもしない日でも、パンやワッフルはお皿に噛みついてカチカチ言うくらいガツガツ食べてました

あと、油もそんな感じです
油を直接舐めさせたことはありませんが、食べが悪いときにフードを握った上からシソ油を垂らすと、喜んで食べていましたよ

なんか、不思議ですよね

投稿: コロたす | 2009年12月 9日 (水) 12時51分

みゅうさんお気遣いありがとうございます。
食いしん坊で、散歩大好きで、落ち着きのない、臆病な怒りんぼう犬でした。
だけど犬一倍淋しがりやなことも知っています。不器用なところがどうしようもなく可愛かったです。
寝たきりになり、体を触られるのがいやなたろうが素直に介護させてくれたことが、家族の絆を強めてくれました。
私の介護がたろうにとって本当にいいものだったかどうかはわかりません。
でも無理強いをせずなるべく自然に、受け入れてくれるものだけで介護したつもりです。
かわいさあまりあれもこれもになってしまいがちですが、介護が飼い主のエゴになってはいけないと思いました。
犬はただ一生懸命生きる、その支えになれたかなと思っています。
たろうは最後の最後まで辛抱強く頑張りました。
でもどうしようもなく受け入れたくない自分がいます。終わりがくることはわかっていたのに。
でも終わったから始まるんですね。たろうも違う世界で何かを始めていると思います。
そしてたろうがうちの子であったことは、ずっと変わりません。
今はすべてのペットが幸せな生涯を送れることを願っています。

投稿: たろじい | 2009年12月 9日 (水) 15時42分

こんにちは。
よくおじゃまするブログで最近旅立ちのご報告をよく拝見します。胸がしめつけられるようで深いため息がでてしまいます。どうかみんなお空で幸せに暮らしています様に・・・。
うちの「なっちゃん」もついに補液の量はMAXとなりました。今度大きく体調が乱れたらできる事はあまりないそうです。
他の病院で腎臓病を発見できず今の病院に変わりもう3年半いえ4年近くになります。御歳19歳。若い頃12、5キロあった体重は今や8キロをきりました。
随分と頑張ってくれています。先生もほめてくださいました。
飼い主も毎日通院ですから病院で色々な場面にであいます。最近他の患者さんのいたたまれない場面にであってしまいうちもそうなったらと不安にさいなまれて落ち込んでいました。が、今日たまたまスタッフさんに話を聞いてもらえてまた明日を迎える勇気が出ました。
私と「なっちゃん」にもやってくるその日をどう迎えるか・・・。どうかその日までおだやかに過ごせます様に。
皆さん勇気をありがとう。まだまだ頑張ります!
みゆうさん、未来ちゃん応援しています!
おまけ
(最近何故か携帯からコメントできないのですが)
松の実さん、茶々たんも!

投稿: たんたん | 2009年12月 9日 (水) 22時46分

コロたすさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
殆ど眠っていらっしゃらないのではないかと心配しています。
高カロリーのものを飲んでくれてよかったです。
少しずつ体力が戻るといいですね。
ワンコは甘いものが好きなのだなあと改めて思います。
未来も食事を食べなくてもハチミツを舐めたり、プリンを食べたりします。
気持ち悪いのだったら、油の匂いを嗅いだだけで「ぷいっ」のはずですが、そこは人間と違うんだなあと思ったり。
コロちゃん、少しずつ食欲が出るよう祈っています。

投稿: みゅう→コロたすさん | 2009年12月10日 (木) 05時28分

たろじいさん、こんにちは。
頷きながら、コメントを読ませて頂きました。
私は日々、未来の世話をしながら迷うことがいろいろあります。
これでいいんだろうか。
自分が後悔したくない気持ちばかり優先させてないだろうか・・・と。
「介護が飼い主のエゴになってはいけない」を読んで、ハッとしました。
自分の言葉でうまく説明できないことはブログにも書けないし、友人にも言いにくいので心の中にしまってあります。
突然、他の人の言葉によって引き出されることもあります。
未来も年と共に気難しくなり、どこでも触らせてくれなくなりました。
臆病なのも同じです。
昔よりもエスカレートしていく感じです。
1番安心できる家でゆっくり過ごせるようにしてあげたい。でも治療もしたい。
あれやこれやと考えます。
たろじいさん、悲しい気持ちも受け入れたくない気持ちも、無理せずにそのままでいいのだと思います。
今までもこれからも、たろう君はずっと家族と一緒です。

投稿: みゅう→たろじいさん | 2009年12月10日 (木) 05時51分

たんたんさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
19歳のなっちゃん、本当に頑張っていますね。
もちろん、たんたんさんも!
ワンちゃんが元気ならば、たまにしか行かない病院ですが頻繁に通うと、いろいろな場面に遭遇しますね。
お気持ち、とてもよく分かります。
一緒に毎日を過ごせることの幸せを噛みしめながら、未来にストレスが掛からないように穏やかに暮らしていけるようにと私も考えます。
なっちゃんも穏やかな日々を過ごせますように。

投稿: みゅう→たんたんさん | 2009年12月10日 (木) 05時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりのドカ食い | トップページ | 未来からのサイン »