« 早朝に思うこと | トップページ | ナックリング »

2009年12月10日 (木)

未来からのサイン

おはようございます。またまた朝の更新です。
ペリアクチンシロップについて調べると、猫に処方されることが多いようです。
効き目も個体によって違うようで、あまり変わらないこともあれば、効き過ぎてハイな状態になったり、食欲が出たり、出なかったりとさまざま。

未来の場合は、はっきり分からないなあ。
突然食べた日はシロップが効いたかと思いましたが、昨日はそうでもなく「要らない」と顔を背けることが何度もありました。
でも全く食べないわけではないので、大丈夫!

食欲やウンチの状態は本当に気になりますが、それ以外にも気になることはいろいろあります。
シニア犬ですから、腎臓だけではなく体のあちこちが衰えてきますね。

未来の後ろ足が衰えてきたと何度か書いたことがあります。
ここのところ、その衰えが加速しています。
家の中で滑り止めシートの上に立っているときでも、体がよろけてしまうことが増えました。
ブラッシングの時間も短めにして、体をうまく支えてあげないと立っていられなくなります。

後ろ足というよりも、脊髄かもしれない。
去年の秋、馬尾症候群かもしれないと言われ、もっと詳しく知りたかったらMRIと言われて断念したことがあります。
レントゲンでは特に異常はありませんでしたが、神経はレントゲンでは見ることができないのです。
このことは、また後日詳しく書きます。

自分の体が自分の思うように動かない、食事にも集中しにくい、そんなときに私を見て静かに小さくサインを送っているような気がします。
大丈夫、大丈夫、いつも側にいるから。
マッサージしているうちに、横で寝てしまいました。

病気のワンちゃんも、シニアのワンちゃんも、私たち飼い主も、今日1日無事に過ごせますように。
いつも読んでくださってありがとうございます。

|

« 早朝に思うこと | トップページ | ナックリング »

コメント

みゅうさん、お久しぶりです。
未来ちゃん食欲のムラは有るものの穏やかに過ごせてて何よりです。

うちのはなも後ろ足が衰えています。
この一ヶ月便秘に苦しみました。
3日も4日もウンチが出なくて病院で指を入れて刺激を与えかき出してもらいました。
自宅で出来る様に練習もしました。
腎不全の影響で下痢はあっても便秘は聞いた事がなかったし、加齢によって腸の動きが低下したのかも...
体力がなくウンチの態勢の時、うしろ足に力が入らなく、ヨロヨロしてそのままあきらめて自力で排便が出来ませんでした。
今は食欲も戻りつつ有るので、なんとかやっと自力で排便出来るようになったのでホッとしています。

以前のお写真で未来ちゃんもウエスト?にくびれが有りましたよね。はなもくびれが有り、そこから後ろにはなかなかお肉が付きません(私にとっては、くびれって羨ましい限りですが)

腎不全のワンちゃんにとって嬉しくない季節になってしまいましが、一年前の今頃と比べると、病気について理解し、知識も増えて色んな引き出しが増えましたので気持ちも穏やかに過ごせそうです。
みゅうさんのブログのおかげで~す。ありがとうございます☆

投稿: あっこ | 2009年12月10日 (木) 08時47分

あっこさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
はなちゃんの便秘、本人も家族も辛かったでしょう。
今は自分で排便できるようになってよかったです。ウンチのときに踏ん張るのは、かなり力が要りますね。
去年の今頃、年を越せるだろうか、春を迎えられるだろうかと不安でした。
また冬がやってきて、心配性の私は同じようなことを考えてしまいます(情けなーい)
でも少しは経験を積んだから、去年よりは落ち着いて冬を過ごせるかな?
あっこさんにはランフリーのフードなど、いろいろ教えて頂いてとても感謝しています。
ありがとうございます。
「くびれ」ですが、くびれよりも後ろは確かにスリムです。
痩せると、くびれよりも後ろの部分はペタンコになってしまって、すごくアンバランスな体型になります。
夜食に甘いものを食べてしまうので、私のくびれは・・・(絶句)
はなちゃん、ゆっくりのんびりいこうね。
明日もいい日でありますように。

投稿: みゅう→あっこさん | 2009年12月11日 (金) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早朝に思うこと | トップページ | ナックリング »