« 後ろ足の衰え | トップページ | 質問の整理 »

2009年11月18日 (水)

寒かった!

こんばんは。今日は全国的に冷え込んだようですね。12月の気温だったそうです。
帰りの電車の中で、「あーあ、帰ったら病院だ・・・」と憂鬱でありました。
ゴアテックスのレインウェアを着て、フードの紐を締めて、未来を抱っこしていざ出発。
屋根のあるところで休みつつ、到着。

最初に体重を測定したら、若い看護士さんに「随分減りましたね!」と言われました。
カチン!
どうもくたびれているせいか、口調に反応してしまう。いかん、いかん。
300グラム減っていたのでした。
「食べませんか?」
「うーん、食べてはいますが、量が少なめです」

先生登場。後ろ足のことを話す。
「ちゃんと運動しなくちゃ」と言われて、悲しくなる。
朝夕、せっせと歩いてるんだけどなあ。でも言わないことにした。

むむむ、今日のおかあさんは何か変だぞ・・・
未来は気付いたらしい。
点滴のあいだ、ソワソワ、もぞもぞ・・・
わ~ごめんね。
早く済ませて、早く帰ろう。

エアコンで部屋を暖めているので、ほかほか。
夕飯だ、夕飯だ!
突然スイッチが入ったように、今日はガツガツ食べていました。
あ~よかった。気持ちがやっとほどけていきました。

今日も読んで下さってありがとうございます。
このブログを読んでくださっている皆さまは、日々ワンちゃんの状態に一喜一憂しながらお過ごしでしょうか。
今日は食欲がないと落ち込んだり、わあ食べた!と大喜びしたり、一体何をあげたら食べてくれるんだろうと思ったり、「食事」の悩みが多いかもしれませんね。

シニアのワンちゃんが多いと思うので、足腰が弱ってきたり、耳が遠くなったり、下痢をしやすくなったり、心配の種はいろいろあるかもしれません。

もし、今も健康でピンピンしていたら、こんなにいとおしく思わないかもしれない。
あれこれ心配ではあるけれど、手がかかるけど、一緒に居られるのは幸せだなあと思います。
何があっても守ってあげる。
今日も寝顔を見ながら、そんなことを考えました。

明日も寒そうですね。
暖かくしてお休みください。

★追伸★
とある獣医師様に質問したいことがいくつかあるので、明日の記事に書きます。
私も質問したい~!という方は、コメントでもメールでもお気軽にどうぞ。

|

« 後ろ足の衰え | トップページ | 質問の整理 »

コメント

分かるわぁ、しんどい時って発せられる言葉にイラッときたりしますね。その反面優しい言葉にはウルッとくるんだよね。優しい言葉を発せられる人になりたいなぁなんて私の願望。未来ちゃん食欲のスイッチが入ってよかったですね。お母さんを励まそうと思ったのかもしれませんね^^。
むさしは新しい餌には飛びつくけれど、すぐ飽きてしまう。。そんな感じがします。今まで食べないと直ぐに違うドッグフードを与えていたのでわがままになっているのかもしれません。ほんとガツガツ食べてくれる姿が今はいちばん嬉しいですね。
でっ、とある獣医さんに療法食を食べない時は今までの市販のドッグフードを2~3種類を変えながら与えてもいいのか?わがままを言っているだけかもしれないので食べるまでそのままにしておいたほうがいいのか?どちらがいいのかを聞きたいです。なんか愚問ですみません。

投稿: ムーちゃ | 2009年11月18日 (水) 14時15分

未来さん、みゅうさんが疲れて、
病院でカチンと来ることを言われて
落ち込んでいるのがわかったから、
一生懸命食べたのかな?

茶々の後ろ足も日に日に衰えています。
目や耳もダメになって次は体の自由もなくなっていくのか~と
後ろ足の調子の悪い日には悲しくなります。
運動だってしているし、
実際茶々もよく歩いていると思いますし・・・・
何かサプリメントを与えたら、
少しは違うのかな?とも考えたり・・・
サプリは即効性のあるものではないし、
茶々にあうかどうかも不安ですし、と
今のところ何もしていない私です。
抱っこした時に後ろ足を伸ばしたり縮ませたりと
ストレッチもどきをすると、茶々が「なにやってんの?」と
小ばかにしたように私を見上げます(笑)

投稿: 松の実 | 2009年11月18日 (水) 20時51分

ムーちゃさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
優しい言葉を常に言える人というのは、すごいですよね~
私は20代の頃、小売店で販売をしていました。
1日に沢山のお客様と話すわけですが、常にどんなときでも笑顔で丁寧に優しくというのは本当に難しいなぁとよく思いました。
変なお客様もいらっしゃいますから(^^)
看護士さんや獣医師さんは、いわゆる接客業ではないけれど、飼い主と話さないことには何も始まらないので、コミュニケーションって大切ですね。
疲れているのは飼い主だけでなく、看護士さんや獣医師さんも同じだと思うので、双方が落ち着いて会話のキャッチボールをうまくできるといいですね。
さて質問ですが、ムーちゃさんから頂いた今日のコメントがそのまま質問文になります。
質問したい方が自分の言葉で質問するのが一番いいので私は編集しません。
とある獣医師様はコメント欄も読んで下さっているのでこのままにしておきますね。
次回からは「とある獣医師様に質問です」というふうに自分から語りかけるように書いてくださってOKですよ。
1週間~10日に1度くらい来て下さるようなのでしばらくお待ちくださいね。
ムサシ君の食欲が出るよう祈っています。

投稿: みゅう→ムーちゃさん | 2009年11月18日 (水) 22時48分

松の実さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
後ろ足が衰えていくのを見るのは悲しいですね。
階段や段差は仕方ないとしても、家の中で薄い座布団にのるときに後ろ足がよろけたり、躓いたりすると、年を取ったなあ・・・と思います。
15歳以上は「スーパーシニア」らしいので耳が遠くなるのも、うまく歩けないのも仕方がないことだと思うようにしています。
時々、しみじみ思います。
15年も頑張ってきたんだよね、偉いねえ・・・
茶々さんは年が明けたら17歳ですよね。
公園を歩いている動画を見たら、17歳とは思えないですね。
ストレッチは、効果があるのかもしれません。
サプリといえば、茶々さんは「バイタルワン」を今も飲んでいますか?
あれはなかなか良さそうですね。
未来は何も飲んでいません。
本当に効くのか分からないし、いろいろな商品がありすぎて分からないし、Aが効かないからBを購入すると「サプリ・ジプシー」になりそうで・・・
ワンコの老いを受け入れて、怪我をしないように穏やかに過ごせるようにしてあげる、これが私たちにできることかなあ。
茶々さん、今日はぐっする眠っているかな?

投稿: みゅう→松の実さん | 2009年11月18日 (水) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 後ろ足の衰え | トップページ | 質問の整理 »