« 焦らずゆっくり | トップページ | 血液検査(10/8) »

2009年10月 8日 (木)

富士丸くん、穴澤さんへ

「富士丸な日々」http://fujimaru.blog16.fc2.com/ の富士丸くんが、突然旅立ちました。
まだ7歳でした。
とーちゃんこと穴澤さんのお気持ちを考えると、言葉もありません。
いつも富士丸くんの健康に気を遣い、大切に大切に一緒に過ごしてきたのに。

旅立ちの記事を書いていますが、私は個人的に知り合いでも何でもなく、いつもブログを拝見していた一人の読者です。
あまりに有名なブログなので、今までリンクもしていませんでした。
とても後悔しています。

穴澤さんが書いた本の中に「ひとりと一匹」というのがあります。
私の場合「ひとりと二匹」ですが、共感するところが多くて何度も読みました。

穴澤さんは財布の中に、あるカードを入れているそうです。
穴澤さんにもしものことがあったときのために。
事故に遭うかもしれない、突然何が起こるか分からない。自分が死んでしまったら、富士丸くんはどうなる。
誰も帰ってこない部屋で、富士丸くんは飢えて死んでしまうかもしれない。

だからカードには信頼できる友人の名前と連絡先が書いてあるそうです。

私、これを読んだとき、ものすごく気持ちが分かって涙がぼろぼろこぼれました。

この本の最後に書いてあること、それは

最後に
富士丸、
いろいろ書いたがいいたいことはひとつだけだ。
俺はお前が大好きだ。
だから
少しでも長生きして欲しい。
それだけだ。

命は、なんでこんなにもはかないのだろう。
なんで神様は、大好きな大切な家族をこんなに早く連れていってしまうのだろう。

富士丸くんのご冥福を心からお祈りいたします。

☆追記☆
すごくショックで悲しくて、感情のままに書きました。
今、読み返しても気持ちは同じです。
穴澤さんがご自分を責めていらっしゃるのではないかと心配です。
富士丸くんは、いっぱい愛されて幸せな一生でした。でも、早すぎました・・・sweat02

|

« 焦らずゆっくり | トップページ | 血液検査(10/8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焦らずゆっくり | トップページ | 血液検査(10/8) »