« もう1週間経ちました | トップページ | 食欲の低下を食い止めたい »

2009年10月21日 (水)

久しぶりの立派なウンP

こんばんは。今日は少し暑く感じるくらいでした。関東は気温が高かったですね。
朝、いいウンチが出ました。久しぶりです。
この1週間、ご心配をお掛けしました。

3日分処方された抗生剤を今日飲み終わりました。
抗生物質は腎臓に良くないので、使用を避けたいところですが、酷い下痢は抗生物質の助けを借りないと治らない。
頻繁に起こらないことを願うばかりです。

ウンチは良かったけれど、食欲モリモリとはいきませんでした。
薬の影響かもしれません。明日以降に期待です。

今日の日記はとても短いです。ごめんなさい。
もう眠くて目が開きません。(-.-)Zzzzz・・・・

久しぶりの写真です。時々躓きますが、立ってるときはよいしょ!大丈夫!

今日も読んでくださってありがとうございます。明日もいい日でありますように。

Mirai091020

|

« もう1週間経ちました | トップページ | 食欲の低下を食い止めたい »

コメント

初めまして。えっと…腎不全の事で色々調べていたら辿り着きました。我が家には余命半年から、どんどん悪化してしまい今月は厳しいだろうと言われてしまった愛犬がいます。
未来ちゃんと飼い主さんの頑張りに、ここ数日、とても励まされていました。
少しの可能性に賭けて、私なりに頑張ってはみましたが、経済的に厳しいと、自分を責めるばかりで、せっかく生きててくれてる愛犬にも、しんどい姿しか見せられない時もあり、かなり精神的にも凹んでしまう駄目な飼い主ですが、宜しくお願いします。抗生物質って、やっぱり腎臓には良くないですよねぇ…歯周病があるから抗生物質は止められない上に、苦くて大きな薬やら…全部で4種類…食欲ないから飲ませるのが大変です。未来ちゃん、安定してきてるみたいで良かったです!今日も安定した1日でありますように。写真では元気な子にしか見えないですね。可愛い~失礼しましたm(_ _)m

投稿: ルーク | 2009年10月21日 (水) 04時34分

おはようございます
お薬も無事に飲み終って良い便も出たなんて万歳ですね
次は食欲ですね
昨日より今日そして明日と毎日少しづつでも良くなりますように今日も祈っています
みゅうさんも最近は色々と続き精神的にも肉体的にも疲れていると思います
温度差も激しいですから体調を崩されませんよう御自愛下さいね

投稿: しゃん | 2009年10月21日 (水) 07時17分

おお、未来ちゃん、立派なうんちが出ましたか!
良かった良かった。
さあ、みゅうさん、今度は自分をいたわってあげる時です。
おいしい物でも食べて、少しゆっくりして下さいね。

さて、ここで訂正があります。
先日「トリブリッセン」の項のコメントで、タイロシンの容量を間違えて書いてしまいました。
別の薬と混同しておりました。
正しくは、最少容量が50g×10包入りでした。
なのでそんなに恐ろしい量ではないです。

皆さん、とても勉強熱心で感心します。
かわいい我が子の為ならなんのそのですよね。
今回痛感したことがあります。
腎不全がどういう病気かとか、BUNって何だろうとか、普通の飼い主さんなら知らなくて当然です。
それをわかりやすく説明するのは獣医の義務です。
いきなりBUNが高いですとか言われても、「はぁ?」ですもんね。
唐突に専門用語を使うなんて、反則です。
でもそういう獣医、意外に多いんですよ。

以前も書きましたが、うちでは院長も私も相当説明し、飼い主さんの反応を見ながら話を進めていきます。
理解されてるならよし、どうもわかってらっしゃらないなという時は、より簡単な説明にしています。
たまに「先生、もういいよ(苦笑)。」とか言われることも(苦笑)。
でも、きっとこちらが思っているより、実際に伝わっている事は少ないはずですよね。
質問したくても出来なくて、わかったフリをされている方もいらっしゃるでしょう。
どうすれば伝わるかを常に頭に置きながら、更にわかりやすい説明を目指します。

皆さんも、本当にどんどん質問して下さいね。
うまく言葉に出来なくてもいいんです。
元々獣医というのは、話せない動物相手の仕事ですので、飼い主さんからいかにうまく話を聞き出すかということを訓練していなくちゃいけない職業なんです。
全ての方がうまく説明出来るわけないですよね。
中にはかなり高齢の方や、普段動物をよく見ていない方だってたくさんおられますし。
なので、いい獣医なら、うまく話を引き出してくれる...はずです。
私はまだまだですが...(汗)。

投稿: とある獣医師 | 2009年10月21日 (水) 16時17分

こんばんは~
未来ちゃんは良いウンPが出て本当に良かったですね♪

この子達が若くて元気な時は感じなかった当たり前の事・・・・
「良いウンチが出た」とか「ご飯を全部食べた」とか・・
高齢の子や闘病中の子と生活すると、こんな当たり前の事が
凄く嬉しかったりするんですよね~
この子達はそんな大事なことも教えてくれるんだと思います。

みゅうさんが未来ちゃんと過ごす日々が穏やかで幸せでありますように♪

投稿: ベリーママ | 2009年10月21日 (水) 23時07分

みゅうさんコメント欄をお借りします。

『とある獣医師様』

いつも悩める飼い主の為にありがとうございます。

また、お言葉に甘えて質問させていただきます。
我が家には13才半のラブがいます。
1年半前に僧房弁閉鎖不全と診断されて、今はACE阻害剤
とピモベンダンを飲んでいます。血液検査で腎臓関係の数値は
正常なのですが、尿の比重が軽くなり始めています。
今はフードと飲み水を出来るだけ飲ませる事で対応していますが、

この先、腎臓が悪化してきた場合、心臓の悪い子も皮下補液するのでしょうか?

皮下補液で胸水、腹水が溜まるような気がして、今から心配しています。

お返事はお時間のある時で結構ですのでお待ちしています。
宜しくお願いいたします。

投稿: ベリーママ | 2009年10月21日 (水) 23時28分

ルークさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
腎不全の子と暮らしていると、大変なことや辛いこともありますね。
ルークさんのワンちゃんが穏やかな日々を送ることができるよう祈っています。

投稿: みゅう→ルークさん | 2009年10月22日 (木) 00時28分

しゃんさん、こんにちは。
いつも応援してくださってありがとうございます。
飼い主は欲張りなので、どんどん回復することを願ってしまいますが、よく考えたら人間だって回復期というのは薄紙を剥がすように少しずつ元気になっていくのだし、焦ってはいけませんね。
今日はアニモンダを半分くらい食べました。
よかった、よかった。
「今」を大切に暮らしていきます。

投稿: みゅう→しゃんさん | 2009年10月22日 (木) 00時33分

ベリーママさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。
食事を食べてくれたときの嬉しいこと!
いいウンチが出たときも、大喜びでした。
若い頃は、確かに完食して当たり前でした。
年を取って、お世話をすることが増えた分、ますますいとおしい存在ですね。
ベリーママさんのワンズも穏やかでハッピーな日々を過ごせますように。
コメント欄は、どうぞどんどん使ってくださいませ。

投稿: みゅう→ベリーママさん | 2009年10月22日 (木) 00時44分

とある獣医師様、こんにちは。
いつもありがとうございます。
昨日の朝、いいウンチが出たときは本当に嬉しくて、ホッとしました(^-^)
タイロシンの最少容量が50g×10包なのですね。教えてくださってありがとうございます。
未来の先生は手を大きく広げて「注文したら、こんな量ですよ~」とおっしゃっていたので数キロ入ってるのだと思っていました。
さて、話は変わりますが・・・
獣医師さんは、飼い主を通して動物の様子を聞き出さないといけないわけですから、飼い主の話が分かりにくいと苦労なさるだろうと思います。
私たち飼い主も気をつけないといけませんね。
飼い主ができる限り的確に動物の様子を説明し、分からないことを質問し、先生が分かりやすく答えてくださるという流れ、共同作業がうまくいけばいいなあと思います。
■質問です■
ひとつ質問がございます。お時間のあるときによろしくお願いします。
未来は2~3週間に一度「デカデュラミン」の注射をしています。
ステロイドは腎臓にとって良くないのではないかと心配してきました。
病院で質問すると
・少量なので心配ない
・食欲が出る
・貧血になりにくい
など複数の利点を挙げて説明してくださいましたので続けています。
先日、突然下痢になったときに駆け込んだ病院の先生は「デカデュラミンはステロイドだから腎不全の子にはあまりよくないと思う」とおっしゃったのです。
飼い主としては、どうすればいいのか迷います。
デカデュラミンの注射を続けても問題ないでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

投稿: みゅう→とある獣医師様 | 2009年10月22日 (木) 01時30分

みゅうさんコメント欄お借りいたします

ベリーママさんへ
我が家のヨーキーまぁsign05の場合の話になりますが参考になればいいなと思いましたのでコメントさせていただきます
我が家のまぁsign05は飼育放棄され引き取った当時11歳7ヶ月でフィラリア陽性でした
私が引き取ってからは主治医のすすめで毎日ACE阻害薬エースワーカーを投薬していました
13歳6ヶ月で腎不全と診断されましたが皮下輸液も普通にしていましたし尿毒症の際は静脈点滴もしました
利尿剤は使用していませんでしたが胸水も腹水もたまった事は一度もありません
個体差もありますし心臓のレベルにもよるとは思いますが我が家のまぁsign05の心臓のレベルは末期の1つ前のレベルでした
皮下輸液ではなく静脈点滴に関しての話になりますが『心臓が悪いワンコには24時間点滴する事は出来ない』と私の主治医は言っていました
腎不全と診断されてからもACE阻害薬は処方され亡くなる前々日まで投薬しました
参考になるかわかりませんが心臓の悪いワンコさんと聞いてコメントせずにはいられませんでした
心臓が悪いと他の臓器が悪くなった時に治療が難しいとよく言われますが腎不全になる前から気になさっているベリーママさんなら大丈夫ですね
ベリーママさんのワンコさんが落ち着いた毎日を送れますよう祈っています

投稿: しゃん→ベリーママ様 | 2009年10月22日 (木) 06時30分

しゃんさん
アドバイスをありがとうございます。
まぁちゃんはレスキュー犬だったんですね。
フェラリアが陽性で成虫が心臓にまで達してると
かなり苦しいと聞いた事があります。
それでも、まぁちゃんは頑張ったんですね~

末期の1つ手前でも腹水や胸水が溜まらず
点滴できてたなんて、治療が合ってたんですね♪

インディーは僧房弁閉鎖不全で雑音は6段階の3と言われています
ただ、少し肥大もあるので心配です。
今の段階では飲み水で対応出来ているのでいいのですが・・

腎臓がもっと進むと、8月に腎不全で逝ったベリーのように
毎日、皮下補液をするようになってしまうのかと心配です。

まぁちゃんのように腹水や胸水が溜まらずに心臓病と
付き合っていけると良いなぁと思います。
ありがとうございました。

投稿: ベリーママ→しゃん様 | 2009年10月22日 (木) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう1週間経ちました | トップページ | 食欲の低下を食い止めたい »