« 9月が終わります | トップページ | カリウムの値(2) »

2009年10月 2日 (金)

血液検査(10/1)

こんばんは。ありゃ日付がもう変わってしまいましたね。
10月もよろしくお願いします。

先週の血液検査から、ちょうど1週間経ちました。ドキドキの血液検査に行ってまいりました。

そ、それで、結果は??
まあ、そう焦らずに、ビールでも飲んで下さいな。beer

結果は、あまり良くありませんでした。カリウムは、1週間で5.0→5.4に上がっていました。

今までの経過をご覧になりたい方は、こちらです。
http://homepage3.nifty.com/web-samples/kensa/
今回は項目を絞って検査しています。

先週、オロオロしている私を見て、先生はゆったり構えて説明して下さったので安心したのですが、今日の先生は「うーん」と唸って少し険しい表情でした。

その表情を見た途端、心拍数が上がりましたよ~。バクバク

皮下点滴を生理食塩水に変えて、カリウムを吸着するポリマーを経口投与してみようというのが先生の提案です。
吸着剤は、病院に在庫がないので取り寄せてくださるそうです。
明後日の通院日に処方予定ですが、未来は飲んでくれるだろうか。粉末だそうです。

上記の処置をして、それでも下がらなかったら、入院して静脈点滴になるかもと言われてしまいました。

えっ?
すぐに聞いてみました。

「先生、夜間を病院で過ごさせるのは避けたいので、朝一番で来て、夜連れて帰るという日帰り入院でもいいでしょうか?」

「うーん、それは入院の意味がないですね」

まだ決まったわけでもないのに、落ち込んでしまいました。
入院したら、未来は食事拒否、薬も拒否になってしまう。
今お世話になっている病院は、夜中は誰もいません。

帰宅して、軽くブラッシング。
涙がぽろん。
未来をそっと抱きしめました。
元気出さなくちゃ。

とある獣医師さんのコメントを拝見して、ちょっと安心しました。
病院の先生も「心臓の音は安定している」とおっしゃっていたので、今すぐ生命にかかわるというわけではありません。でも爆弾を抱えているような気分です。

気分を変えて、話題も変えます。

今日(10月1日)は、クロベェの10歳のお誕生日です。
クロベェとの出会いは、以前少し書いたことがあるので一部重複します。ごめんなさい。
2000年の元旦に未来と散歩していたら、畑の横でミャーミャーと鳴き声が聞こえたのです。

あれ?どこかな?ときょろきょろしていたら、未来がさっと猫の側に近づきました。
ノラちゃんなら、「フーッ」と威嚇して逃げてしまうけれど、その黒い子猫は逃げませんでした。今思い出しても不思議です。

飼い猫かな?
でも姿は悲惨で、あちこちハゲていて、顔は目ヤニと鼻汁で、ぐちゃぐちゃでした。
未来が子猫をペロペロなめて、きれいにしてあげたんです。
わ~きれいになったね、よかったね。

そしたら、起き上がってトコトコ付いてくる。ありゃ、未来ちゃん、付いてくるよ。
未来は、また振り返ってペロペロ。
トコトコ と ペロペロ の繰り返しで、何メートルも歩いていました。

既に家には猫がいるし、どうしようか?でも放っておけないよね。
うちの子になるか?

てなわけでクロベェはうちに来ました。
翌日、病院へ連れていって目や鼻をきれいに洗浄してもらって、吸引もしてスッキリ。
それが嬉しかったのか??クロベェは、ずーっと 「病院大好き」です。

先生が「生後3か月くらいかなあ」とおっしゃったので、元旦から3か月前の10月1日を誕生日にしました。

もう立派な「オッサン」ですが、未来にとっては子どもみたいなのか、今でも顔やお尻をなめてあげてます。
たまにケンカもしてますが。

クロベェ、10歳のお誕生日おめでとう。
あの日、出会えてよかったね。これからも元気で過ごそうね。

写真を用意してなかったので、今日は文字ばかりでごめんなさい。

昨日の「とある獣医師さん」のコメントを読んであれこれ感じたり、質問したいことがあったら、コメント欄を使って書いてくださって構いません。有効にご利用くださいね。

コロたすさんのブログを紹介するのを忘れていました。こちらです。
コロちゃんと猫さんたちに会いにいってあげてください。
↓↓
http://korotasu.blog84.fc2.com/

今日も読んでくださって、ありがとうございました。
これからもいろいろなことが待ち受けているかもしれませんが、ひとつひとつ乗り越えていこうと思います。
書きたいことが、沢山溜まっているのですが今日はこの辺でおやすみなさい。

ワンちゃんたちと穏やかな秋を過ごすことができますように。

|

« 9月が終わります | トップページ | カリウムの値(2) »

コメント

クロベェ君10歳のお誕生日おめでとう!
クロベェ君はとっても運の良い子ですね。
見つけて貰っていなかったらどんな事になっていたか・・
未来ちゃんやさしいなぁ
クロベェ君にしても未来ちゃんにしても、みゅうさんを選んでやって来たんですね

未来ちゃんのカリウム値上がってしまったのですか・・心配ですね
治療が上手くいって入院することが無いように祈ってます。
ろたも入院生活に耐えられないわんこでしたから、みゅうさんの気持ち痛いほど分かります。
今の落ち着いている状態なら、通院できっと大丈夫ですよ

投稿: ろた母 | 2009年10月 2日 (金) 02時13分

みゅうさん、元気出してね
お気持ち、ものすごくわかります
ウチはワンコは入院経験ありませんが、巨漢のニャンコ、みゃぁちゃんは入院中、断固として食べずでした

まだ、入院になると決まったわけではありませんから(私もそんな展開になったらみゅうさんと同じく涙してしまいますが)

未来ちゃんが在宅で快方に向かいますように・・・

それから、ブログ紹介していただきましてありがとうございました

投稿: コロたす | 2009年10月 2日 (金) 02時19分

こんばんは
まずはクロベェちゃん誕生日おめでとうございます〜
実を言いますとまぁsign05も10月1日に登録をされていただけで実際の誕生日は不明です
ブログを読みながらクロベェちゃんとの出会いを頭に思い浮かべて思わず笑顔になりました
未来ちゃんにとってもクロベェちゃんにとってもみゅうさんにとっても先住猫さんにとっても必然的な出会いだったのだなと感じました
心温まる話をありがとうございました

話はかわりまして血液検査の結果ショックでしたね
でも、この一週間の間に特別な治療をしてきた訳でもありませんし数値も5.4ですから大丈夫ですよ!
今後の治療で落ち着くように祈っています
まぁsign05が高カリウム血症になった時の話になりますが6.3でも6.9でも入院はさせずに毎日通い皮下輸液を続け数値が下がるまで通いました
もし入院をしなければならない状態で心配であれば入院の時だけは別の24時間体制の病院でも構わないと私は感じました
我が家のかかりつけも夜は無人でしたので入院させた3日間は不安でした
入院の際だけは別の病院にと考えてはいましたが車が苦手なまぁsign05には無理だと判断し泣く泣くかかりつけに預けました
みゅうさんが一番だと思う治療を施してあげて下さいね
明日も明後日も全力で応援しています!

投稿: しゃん | 2009年10月 2日 (金) 03時10分

私も最近は血液検査の結果に敏感になりました。
カリウム値は下がったのですが、クレアチニンや
BUNはちっとも下がらず、週2回の点滴でどの程度
良くなるのか先が見えません。

診察室では泣かないで冷静に先生の説明を聞かなきゃ~と思いながらも、涙が自然に出て来ます。

ミッキーも入院と言われた事がありますが、夜間付きっきりで見てくれる訳では無いので、先生には入院中に亡くなる危険だけは避けたいと言いました。

未来ちゃんも出来れば入院しなくてもいい状態になりたいですね。
やはり、お母さんのそばが一番!
誰もみゅうさんの代わりに未来ちゃんにこまめにご飯を食べさせてあげられないのだから。

カリウムを吸着すると言うポリマー効果が出ますように!


投稿: みっち | 2009年10月 2日 (金) 09時05分

みゅうさん、未来ちゃん、くろべえちゃんこんにちわ。
こちらではすごくご無沙汰しました。。
それとすっかり遅くなってしまいましたが、未来ちゃん、15歳のお誕生日おめでとう!
そしてくろべえちゃんもお誕生日、本当に本当におめでとうございます。。
これからも素敵な思い出いっーぱい作って下さいね!そして未来ちゃん、くろべえちゃん、これからも可愛いお顔見せて下さいね♪

カリウムの値、心配ですね・・
私もカリウムの事は全然詳しくないので何て言ったらいいのか分かりませんが・・みゅうさんの納得のいく治療を選択して、未来ちゃんが落ち着いてくれたら・・と願うばかりです。。
私も近いうち、血液検査をする予定ですのでしっかり先生にカリウムの事を聞いてきたいと思います。(今までカリウムの事は言われた事ないので・・)
それと、以前にとある獣医さんがおっしゃって下さった膀胱炎についてですが、やはりさくらは膀胱炎でした・・幸い抗生剤で落ち着きましたが、潜血が出た時点で早急に対処するべきだったと反省しています。。
それから少し気になったので書かせて頂きたいと思います・・
↓のランフリーの記事のコメントを失礼ながら拝見させて頂きました、その中にあっこさんがコメントされていましたが、フードの中にクレメジンを混ぜている・・とゆう所が気になりました・・
うちもさくらにクレメジンをあげていますが、これは栄養も何もすべて吸着してしまうので、絶対にご飯と一緒にあげてはいけないと言われています、クレメジンをあげたら食事まで2時間空ける、食後は4時間空けてからクレメジン・・と時間を徹底されているのですが。。
もし、クレメジンをあげる為だけにフードをあげるのか、それかそのように先生から指導されてるなら大変余計で失礼な事で、申し訳ありません。。
病院や症状によってあげ方が違うのかな?とも思ったのですが・・お気を悪くされたらすみません。。

季節の変わり目で体調を崩しやすい時なので、みゅうさん、あまりお力を落とさないようお体ご自愛下さいね。。

投稿: ひより姉ちゃん | 2009年10月 2日 (金) 14時59分

みゅうさん、はじめまして。
うちのたろうは来年で17歳を迎えますが、未来ちゃんと同じように闘っています。みゅうさんのブログの「再び点滴(皮下注射)について」の日記の件で、まさに葛藤しているところです。
じつは今日も点滴を失敗してしまいました。
刺した瞬間痛がって起き上がるので針が抜けてしまいます。
病院ではおとなしくさせるのですが、自宅ではなかなか手ごわいですよね。
失敗するたび、ごめんねごめんねと体をさすってやるのですが、私の体が震える始末で…。
家の中でまで大嫌いな病院と同じような思いをさせて、恐怖心でびくびくさせていると思うと、かわいそうでたまりません。
ごめんなさい、なんだかぶっちゃけてしまいました。
どちらにしても飼い主が決めないといけないことですもんね。
たろうのために一番いい方法を決めたいと思います♪

投稿: たろじい | 2009年10月 2日 (金) 17時02分

こんばんは。
食の難しい未来ちゃんの入院の話題になり、
家でブラッシングしながら涙を流すお気持ち
お察しいたします。
良い方向へ進みますように、かげながら
いつも応援しています。

遅くなりましたが、未来ちゃん、クロベエちゃんお誕生日おめでとう~(^O^)/
これからもずっとみゅうさんと、いっぱいウマウマして穏やかに楽しく過ごそうね。

投稿: アイ | 2009年10月 2日 (金) 20時12分

ろた母さん、こんにちは。
クロベェにお祝いメッセージありがとうございました。
昨日は、誕生日の喜びがあったので少し気が紛れました。
ろたちゃんも入院生活は、難しかったのですね。
未来は昨秋、別の病院で入院したのですが、何も食べず、強制給餌されてますます臆病になり、シリンジを見ただけで逃げ出すようになってしまいました。
家に帰ってきてから落ち着くまで、随分かかりました。
なんとか入院は避けて、家で過ごしたいと思っていますが、悪化してしまったら・・・と想像してしまいます。
あっ、こんな想像してはいけませんね~
大丈夫!いい方向に向かうと信じます。

投稿: みゅう→ろた母さん | 2009年10月 2日 (金) 22時21分

しゃんさん、こんにちは。
まぁちゃんとクロベェは誕生日が同じですね。
なんで気付かなかったんだろう。
ごめんなさい。まぁちゃんもおめでとうございます。
コメントを拝見して質問があるのですが、お時間あるときに教えてくださいませ。
皮下点滴に通われたとき、輸液は「生理食塩水」でした?
カリウムを含まず、皮下に入れることができるのは生理食塩水しかない、と先日先生に言われたのです。
生理食塩水の皮下点滴を毎日行うと、摂取する塩化ナトリウムの量も気になりますが、影響はなかったでしょうか。
ごめんなさい。あれこれ書いてしまって。
仕事をしばらく休んでも構わないので、なんとか入院は避けたいと思っています。
いつも応援本当にありがとうございます。

投稿: みゅう→しゃんさん | 2009年10月 2日 (金) 22時30分

みっちさん、こんにちは。
涙が出てしまう・・・とてもよく分かります。
昨日は必死でこらえたので、病院ではなんとか普通にしていました。
でも家に着いてからは、ガマンできませんでした。
電車に乗っていて、ぼんやり考えているときに涙ぐんでしまうこともあります。
ミッキー君の血液検査結果が心配になる気持ち、よく分かります。
私は、すぐオロオロしてしまうのですが、その気持ちが未来に伝わってしまうとよくないですね。
彼女の前では明るく笑顔で(^-^)いるようにしよう!
これも目標の1つです(なかなか難しいけれど)

投稿: みゅう→みっちさん | 2009年10月 2日 (金) 22時44分

ひより姉ちゃんさん、こんにちは。
未来とクロベェにお祝いメッセージをありがとうございました。
さくらちゃんの膀胱炎、治ってきてよかったですね。
ブログを拝見していると、先生とのコミュニケーションがうまくいってるようで、これまたよかったです。
カリウムのこと質問したら、丁寧に教えて頂くことができそうですね。
クレメジンのことですが、あっこさんのコメントを待ちましょう。
明日もさくらちゃんの食欲が出ますように。

投稿: みゅう→ひより姉ちゃんさん | 2009年10月 2日 (金) 22時51分

たろじいさん、はじめまして。
ブログに来てくださり、ありがとうございます。
皮下点滴の悩み、とーってもよく分かります。
未来も神経質な子なので、嫌がります。
嫌なことは病院でやる、家はリラックスする場所、と考えることにしています。
もし、頑張って家でできるようにするならばポイントがいくつかあると思います。
■痛みについて
針を刺したときに痛がるのは、針を刺す角度にもよるので、少し角度を浅くして皮下に刺すことで解決するかもしれません。
■動いてしまう
サークルの中にワンコも人間も一緒に入って皮下点滴をする。
お風呂場でやっている方もいらっしゃいます。
つまり逃げ出してビューンと走らないように狭いところでやる、ということですね。
■ためらわない
人間がすごく緊張した状態で「うまく刺せるかな」と構えてしまうと、臆病な子は怯えてしまうので、ためらわずに一気に刺す。
最初は難しいですよね。
■おやつを用意する
大好きなおやつを貰えれば、ガマンできるかも??
あれこれ書きましたが、参考にならなかったら申し訳ありません。
ワンちゃんの性格は、それぞれ異なりますので、たろう君に合った方法が一番ですね。
また人間のストレスも溜まらないほうがいいですね。
たろじいさん、いつでもブログに遊びに来てください。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: みゅう→たろじいさん | 2009年10月 2日 (金) 23時37分

アイさん、こんにちは。
お祝いコメントありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。
まだ入院と決まったわけではないのに、オロオロしてしまって、これではいけませんね~(^^)
未来が入院しなくても済むよう、私も祈っています。

投稿: みゅう→アイさん | 2009年10月 3日 (土) 03時15分

クロベェちゃん、10歳のお誕生日おめでとぉ~
みゅうさんのお家の子でよかったね。
やさしい未来おねえちゃんもいるし。
喧嘩しても、やっぱ一緒にいるのが一番だよね!!

ところで、カリウムの値とはなんぞや?というレベルなんですが、未来ちゃんのカリウムの値が高いのは心配ですね。

うちのジョンの血液検査を調子が悪くなった今年から、先日書かれていた記事の項目をたどってみました。

2009年1/10⇒2/20(6日間静脈点滴後)⇒5/23⇒7/10
BUN 141 ⇒ 52 ⇒ 136 ⇒ 182
CREA 2.7 ⇒ 1.5 ⇒ 3.1 ⇒ 5.9
IP無機リン 6.8 ⇒ 3.6 ⇒ 5.0 ⇒ 13.1
K⁺カリウム 5.2 ⇒ 4.7 ⇒ 4.8 ⇒ 4.5

BUNの数値が正常値でなくなったのは、2007年12月からですが、その半年後に人気のある病院に変えようと思い、そこで血液検査をしてもらったら、腎臓サポートドライと活性炭のサプリ(ネフガード協和)を与えていると申し上げたためか、特に何も言われなかったので治ったと勘違いしてその後アズミラのドライフードにしておりました。(爆)
結局、人気の動物病院は待ち時間が長すぎて行って帰るまで3時間以上かかってしまうので、1回だけの診察でギブアップし、もとの動物病院に戻りました。

話が脱線してますね。(^^;)
どれも酷い数値ばかり(他の項目も・・・)ですが、カリウム(正常値3.7~5.8)だけは正常値内なので、わんちゃんの食事とか個体差もあるのでしょうけど、治療では皮下点滴(未来ちゃん)と静脈点滴(ジョン)の差なのかなぁと思ったりしますが、どうなんでしょう?

そういえば、入院せずいつも朝から晩までの点滴をしたのは、2月の点滴初日(生まれて初めての点滴)の夕方、先生が『今晩入院して点滴』を奨められて、どうしようかと思ってケージのジョンから離れていこうとした時、『ワォ~ン』(←かぁちゃん、僕を置いていく気?僕お家に帰るよ!)と鳴くこともできない状態だったのに、力を振り絞って訴えたので、お家に帰りたいのだと思い入院は一度もさせたことがないんです。いつも朝から晩までの点滴でした・・・

皮下点滴や輸液よりも静脈点滴が効果的だから、朝から夕方まで心臓に負担がかからないようゆっくり入れるという治療でしたが、
コロたすさんのコロちゃんのようにお家でできる点滴を指導してくださる病院だったらなぁと思ってみたり、たろじいさんのコメントを拝見するとやっぱムリだと思ったり・・・
ヘタレ人間だからか、未だにあれこれ考えてしまいます。(^^;;

それで、未来ちゃんは問題のないIPの数値ですが、高いとどのような症状が起こってくるのでしょうか?カリウムの値とはなんぞや?のレベルなので、ご存じでしたら是非お教えください。
m(_^_)m

投稿: JMママ | 2009年10月 3日 (土) 11時30分

JMママさん、こんにちは。
クロベェにお祝いメッセージありがとうございます。
さて、JMママさんがコメントでおっしゃっていること、質問を整理してみます。
■静脈点滴と皮下点滴
この2つの違いについて以前も質問を頂いたような記憶がありますよん。
ずっと疑問が残っているのではないでしょうか?
ならば、病院に行って質問するのが一番だと思います。
未来のカリウムの値が上がったのは、皮下点滴のせいで、ジョン君が基準値内だったのは、静脈点滴だからではないか?というのがJMママさんのご意見?ですね。
私は獣医師でも何でもありませんから、こうであると決めつけることはできません。
素人である私達が2人で勝手に推測してもあまりいいことはないと思いますが、一応私の思ったことを述べさせて頂きます。
静脈点滴は、輸液を直接静脈内に入れることができるので効果が早く出ます。
また輸液に入れることができる薬の種類も多いですね。
未来はBUNの値がそれほど高くなかったので、ずっと皮下点滴です。
未来が皮下点滴ではなく、週に3回の静脈点滴をしていたら、カリウムの値は上がらなかったのではないか?
私は全くそうは思わないのです。
腎機能が低下することで、カリウムを排出できなくなります。
それはBUNやクレアチニンとは、また別です。
腎不全が進行していくとき、カリウムの値は基準値内の子も沢山います。
すべてのワンちゃんが高カリウム血症になるわけではありません。
また、カリウムの値が高くなったから入院して静脈点滴をしてもそれほど下がらないようです。
今まで頂いたコメントにもありました。
ジョン君のカリウムの値も「高め」ではあります。未来は「4.4」でも少し高めだなあと先生に言われていましたから。
■リンの値
腎臓の機能が低下すると、リンも体外に排出できなくなります。
リンが体内に残ってしまうと、カルシウムとのバランスが悪くなります。
リンが増えすぎて、カルシウムが減る。
簡単に言うと骨がもろくなったりするそうです。
「高リン酸血症」で検索してみてくださいね。
こんなところでいいでしょうか?
JMママさんが目の前にいらっしゃるのなら、話しながら説明もできますが「書き言葉」として「きちんとした文章」としてここに載せるためには、いいかげんな書き方もできません。
今回のような質問の場合、適当に書くわけにもいきません。
でもコメント返信に長い時間を割く余裕もありません。
ご理解ください。
もし、私が書いた内容で「分からないなあ」という場合は、病院でプロの獣医師さんに聞いていただくのがベストだと思います。
カリウムについては「その2」を書くつもりでした。
「その1」を書いたあと、他の記事を優先させたので、これから書く予定です。
よろしくお願いします。

投稿: みゅう→JMママさん | 2009年10月 3日 (土) 22時37分

みゅうさん、私のコメントのために時間を頂いてしまってごめんなさい!!(><)

動物病院には、今までしつこい位質問しましたが、結局あまりよくわかっていません。(爆)

みゅうさんの説明はわかりやすいので、ついつい頼ってしまってますね・・・
ほんとに申し訳ありません。m(_^_)m

投稿: JMママ | 2009年10月 4日 (日) 01時49分

JMママさん、こんにちは。
JMママさんが何をおっしゃりたかったのか、それを読み違えていたら申し訳ありません。
私なりに読解して、返信したのですがあれでよかったのでしょうか?
時間云々よりも、そのほうが気になるのでアリマス。
どうしても解決しない場合は、メールくださいませ。
よろしくお願いします。

投稿: みゅう→JMママさん | 2009年10月 4日 (日) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月が終わります | トップページ | カリウムの値(2) »