« こたろー君、まあさんへ | トップページ | 日本臨床獣医学フォーラム 記念大会2009の特別プログラム »

2009年9月28日 (月)

シェルちゃん、ヒトミさんへ

こんばんは。悲しいお知らせが続きます。
「いとおしき もの達に」http://blogs.yahoo.co.jp/shellko2 のシェルちゃんが旅立ちました。

初めてコメントを頂いたのは、6月3日でした。
療法食をなかなか食べてくれなかったり、静脈点滴をしても、血液検査の結果があまり良くならなかったり、辛い日々もありました。

静脈点滴を止めて、家に戻ってきてからは元気そうな状態の日も多くて、微笑ましい写真が数多くブログにありますね。

シェルちゃんは大好きな家族と一緒に過ごせて、幸せだったなあと思います。
最後は苦しかったけれど、今はもう苦しみも痛みもありません。
シェルちゃんのご冥福をお祈りいたします。

3頭のワンちゃんが、次々に旅立ってしまいました。
まぁちゃん、こたろー君、シェルちゃん。
どのワンちゃんも、家族と一緒に沢山の時間を過ごし、沢山の笑顔、愛、笑いがギュッと詰まった日々を送ったことと思います。

これからも家族と一緒。
また会える日が来るから、「行ってらっしゃい!」と見送ることにします。

虹の橋には、先に旅立ったワンちゃんが沢山います。
みんなで楽しく遊んでいるかな。
未来がそちらに行くときが来たら、案内してあげてね。

|

« こたろー君、まあさんへ | トップページ | 日本臨床獣医学フォーラム 記念大会2009の特別プログラム »

コメント

コメント 頂いてありがとうございます。
ほんとに急変としか・・2週間に一辺程度 吐き気が来た!と皮下点滴に行くと すっかり 下痢も嘔吐もなく かなり食べていたんですよ。でも いくら 調子いいようでもBUNも100超えてるしクレアチニンも5.台で・・
でも 栄養はほとんど身につかないという感じでした。
亡くなった時先生から
 (元気だって事が 不思議だったよ)と言われました。 選り好みはひどかったんですが 多分 私より量的には食べてたと。1日5~6回に分けてあげて。 焼いて貰ったとき 脂肪が体に多かったので 時間かかりました。本当に何とか食べてもっと生きて居たかったんだ・気力で頑張ってたんだと。 泣かないでというリンクの詩をいつも 思いながら接してきました。みゅうさんに教えられる事ばかりでしたよ。主人は家にいる事が多いので ひどく落ち込んでます。いつ立ち直れるのか 逆に心配に・・・ 

投稿: ヒトミ | 2009年9月29日 (火) 00時04分

ヒトミさんはじめまして
コメントは以前から読ませていただいていました
シェルちゃん頑張りましたね
ヒトミさんも旦那様も頑張られたから主治医も驚くくらい生きていられたのだと思います
シェルちゃんより先に我が家のまぁsign05が9月18日に虹の橋へ旅立ちました
今頃は虹の橋の皆と楽しく遊んでいると思います
旦那様も心配ですがヒトミさんも心配です
ご自分のお体もどうか大切になさって下さいね
シェルちゃんの御冥福を心よりお祈りし致します

投稿: しゃん | 2009年9月29日 (火) 00時37分

しゃんさん はじめまして。
みゅうさん ブログ お借りしてすみません。

私も みなさんのコメントいつも見ていました。
正直 うちのシェルは他の合併症もなく 大変でしたが皆様に比べると 一度補液すると2週間は
普通の元気さでいれたので 幸せだったかなと。
最期の夜だけが その分凄い苦しみ方で ほんとに 今でも忘れる事が出来ないでいます。
亡くなる5日前1週間は 病人かい?という位だったので 主人は まだ 受け入れられないのかも知れません。
でも きっと また 必ず シェルに会える シェルだって思える子がいると私は 思っています。しゃんさんも 元気だしてください。
愛されたワンコ達は いつまでも悲しみに浸ってる私たちを けっして 喜ばないと・・・

投稿: ヒトミ | 2009年9月29日 (火) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こたろー君、まあさんへ | トップページ | 日本臨床獣医学フォーラム 記念大会2009の特別プログラム »