« ついに飽きてしまったアニモンダ | トップページ | カリウムの値 (1) »

2009年9月25日 (金)

血液検査(9/24)

こんばんは。3週間ぶりの血液検査です。
BUN、クレアチニンの値は前回と殆ど同じでした。リンは上がりましたが、まだ基準値内です。
ショックだったのが、カリウムの値。5.0でした。
カッコ内は、前回の値です。

BUN 32 (30)
CRE 2.2(2.2)
IP 4.1  (4.4)
カリウム5.0(4.4)

今までの経緯をご覧になる場合は、こちらです。
http://homepage3.nifty.com/web-samples/kensa/

表が大きくなってきたので、低い解像度でご覧の方は「横スクロールバー」が出てくるかもしれません。ごめんなさい。次回から表を分けます。

BUN、クレアチニンが殆ど変わらないのは嬉しいですが、カリウムの値はショックでした。
まだBUNが上がるほうがマシです。
5.0は、基準値ギリギリ。
先生曰く、5.5になったら「高カリウム血症」

どうしよう。
帰り道、落ち込んではいけないと思いつつ、いつのまにかしょぼーん・・・

カリウムを多く含むものを食べないようにしても、あまり効果はないようです。
生野菜や果物は全く食べないし、サツマイモや納豆も「たまに」しか食べないから、値が上がったのは「腎臓機能の低下」です。

皮下点滴に使う輸液には、500ccあたり、1.3グラムのカリウムが含まれています。
量としては、こちらのほうが多いけど止めるわけにもいきません。
次回の血液検査を早めに行い、カリウムがまた上がるようだと薬などの治療が必要になります。

高カリウム血症は、本当に怖いのです。命を落としてしまう危険があります。
明後日、また病院に行くので質問を整理して先生にいろいろと聞かなくては。

BUNやクレアチニンがある程度落ち着いているときにカリウムだけが先にビューンと上がることがあるなんて、驚きました。

未来ちゃんの前では、笑顔でいなくてはね。
負けないぞ~!

今日の写真(撮ったのは昨日の朝)は、少しワイルドな表情です。
顔に付いてるのは草の実かな。あちこちに顔を突っ込んで、帰宅してからシャンプーとなりました。まだまだ若いぞ!(自分で言うか・・・)

Mirai0923c

今日も読んでくださって、ありがとうございました。
「今」を大切に、穏やかな日々を送ることができますように。

|

« ついに飽きてしまったアニモンダ | トップページ | カリウムの値 (1) »

コメント

こんばんは
高カリウム血症と聞いて身震いがしました
まぁsign05が二度もなっただけに心配です
まぁsign05がなった時の話ですが輸液の種類と間隔がかわりました
まぁsign05のかかっていた病院には輸液が数種類あり(数種類といっても二種類か三種類ですが…)体調や症状によって使い分けてくれた記憶があります
腎不全で心臓も悪いワンコだけの話かもしれませんがカリウムが上がると不整脈がひどかったです
心臓が悪い事もあり我が家では楽天で1000円で購入した医療用のダブルスコープの聴診器で脈を毎日数回チェックしていました
まぁsign05の最高のカリウム数値はで6.9で我が家がお世話になっていた病院の基準数値は5.2までは基準数値です
カリウムが上がった時は毎日通い皮下輸液を行いました
二度ともカリウムが基準数値に戻ったのは一週間〜10日です
突然の事で気が気ではないとは思いますが頑張って下さいね!
また思い出した事があれば即お知らせします

みゅうさん未来ちゃんファイトです

投稿: しゃん | 2009年9月25日 (金) 04時50分

カリウムですが、うちも前回上がってしまっていて5.1mmol/Lでした。
でも今かかっている香港の病院は、標準値が3.5~5.8mmol/Lなのですわ。
なのでカリウムについては先生も何もおっしゃいませんでした。
ちなみに日本でかかっていた病院も同じ値でした。
みゅうさんのところとは単位が違うのかな?
次はカリウムが下がっているといいですね。
クレアチニンが低い水準で落ち着いていてうらやましいなぁ~。
今日も明日も未来ちゃんがご機嫌な笑顔でありますように!

投稿: Chinatsu | 2009年9月25日 (金) 12時04分

初めまして!
9月の半ばに、内のわんこが死にかけました。
最初はたんなるいつもの我がままでご飯を食べない・・・くらいな軽い気持ちで見てたら、あっという間に寝たきり<わんこ>へまっしぐら。

その時は、無理やり口にご飯を突っ込んで無事何とか寝たきりだけは回避できましたが、みるみる骨と皮だけになってしまいました。

ずっと心臓病を患っていた事もあり、そろそろお迎えが来たのかなぁ・・・なんて思ったりしてた
時に、ネットであちこち闘病日記なるものを読みあさってたら、未来ちゃんに出会いました。

今ではお手本のような存在です!

一時はカリウム値もBUMもクレアチンも何もかも
高く・よくぞ生きてます・状態で絶望しかけましたが、もうちょっと飼い主と歩んで欲しいと願っています。

明るい介護?の日記のおかげで、きっと沢山の人が勇気をもらっていると思います。 

これからも未来ちゃん、みゅうさん、よろしくね!

投稿: みっち | 2009年9月25日 (金) 15時58分

未来ちゃんのカリウム値は少し高くて心配ですね。

べりーは腎不全ながら安定していたのに、去年の
11月末に急に悪化した時も

BUNー110
クレアチニン5.9
カリウム7超

で緊急入院しました。
カリウム値がこんなに高いと心不全の恐れがあると・・・
なので、点滴の中にカルシウムを入ました。
カルシウムはカリウムより先に心臓が吸収するので
心臓にカリウムが吸収されるのを防いでくれるそうです。

その後、退院しても「5」を切る事は殆ど無く
具合が悪くなると「6台」でした。
ベリーはカリウム値が高かったので、
輸液は「ソルデム1」を使ってました。

未来ちゃんのカリウム値が高いのは心配だけど
ベリーは「5」位でも、クレアチニンが落ち着いていれば
辛そうではなく穏やかに元気でした。

やはり他の数値が比較的落ち着いていても
クレアチニンが「6」を越したら、体調が悪くなりました。

だから、みゅうさんが頑張っているんだから、気をつけていれば未来ちゃんは大丈夫よ!

投稿: ベリーママ | 2009年9月25日 (金) 20時41分

しゃんさん、こんにちは。
いろいろ教えてくださって、ありがとうございます。
まぁちゃんは高カリウム血症を2度も経験したのですね。
カリウムを含まない輸液を皮下点滴に使うようにすれば、少しは改善するかもしれませんね。
診察のとき、「不整脈が少しありますが、この程度なら大丈夫でしょう」と何度か言われたことがありますが、今後は気をつけないと命取りになりそう。
怖いけれど、ビビってばかりもいられませんね。
しゃんさんとまぁちゃんが頑張ったように私と未来も頑張ります。

投稿: みゅう→しゃんさん | 2009年9月25日 (金) 23時36分

Chinatsuさん、こんにちは。
モモちゃんもカリウムの値が上がったのですか。お互い心配ですね。
カリウムの単位ですが、未来が通っている病院では、「mEq/L」です。日本語読みで「メック」
モモちゃんの病院では「mmol/L」、日本語読みで「モル」なんですね。
Googleで調べてみました。
化学はあまり得意ではないので細かいことは分かりませんが、カリウム、ナトリウムのような一価のイオンの場合はどちらの単位でも同じだそうです。
難しいことは、おいといて・・・
基準値は病院によって異なるのですね。
高カリウム血症について調べると、どんどん不安になってしまいます。
明日、病院で先生にいろいろ質問することにします。
モモちゃんのカリウム値も下がりますように。

投稿: みゅう→Chinatsuさん | 2009年9月25日 (金) 23時54分

みっちさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
経緯がよく分からなかったのですが、心臓の治療をしている段階で腎不全になったのでしょうか。
心臓と腎臓、両方の治療をバランスよく行うのは大変ですね。
明るいブログを目指していますが、実際にはそれほど成功していません。参考になることがあれば幸いです。
よかったら、ワンちゃんの名前を教えてください。
体調が少しでも安定しますように。

投稿: みゅう→みっちさん | 2009年9月26日 (土) 00時01分

ベリーママさん、こんにちは。
いろいろ教えてくださってありがとうございます。
カリウムの値は、一度上がるとなかなか下がらないのですね・・・
高カリウム血症になると、突然心臓が止まってしまうこともあるそうです。
そんな~!いつもの「オロオロ状態」になっていました。
「ソルデム1」という輸液は、カリウムが入っていないのですね。明日病院で聞いてみます。
皆さまからのコメントを拝見して、だいぶ落ち着きました。
ありがとうございました。

投稿: みゅう→ベリーママさん | 2009年9月26日 (土) 00時11分

名前はミッキーです。
名づけの次男は名前をつけたことすら忘れて、世の中の例にもれず私がひたすら可愛がっています。

カリウム値は何故いきなり上がったのか、原因はまだわからないんです。
ミッキーは9才の時に心臓病が見つかり、12才のつい最近までそれ以外に何も無く、ずっと安定してたので、私の気持ちに油断があったのではないかと反省しているんですよ~。

でも、思い返せば、1日食べたら1日食べないみたいな日が続いて単なる老化が進んだかなぁ、、
ぐらいにしか考えなかったのが、きっといけなかったんでしょうね。

今の治療は、「心臓の働きが落ちているので、まずそこから直しましょう」なのですが、前回の診察では腎不全の疑いがあると言われました。
心臓の機能が落ち血液が腎臓に送り出せなくなったために腎不全を引き起こしたという事になるんでしょうか。

それだとすると、みゅうさんの言うとおり、難しい治療になってしまい、究極の選択を迫られる日が来るのだろうかと悲観的になる時もありますが
今は自分でご飯も食べられるぐらいに回復し、よろけてた後ろ足もしっかりと地面をけっているのでほっとしている所です。

加えて、みゅうさんのブログや、他の方のコメントを読ませていただく事で、私自信が病気に前向きになり、勉強することで、ミッキーがもう少しこの世にいられるならとおもっているんですよ~。

長くなってごめんなさい。これからもよろしくお付き合いくださいね。

投稿: みっち | 2009年9月26日 (土) 09時43分

BUNとCreaは落ち着いていますネ。
この二つは飼い主とワンコの努力でかなり
コントロールできるものだと実感しております。
一時は100を超えたBUNもみゅうさんと未来ちゃんの
努力でここまで安定しましたよね。

私は恥ずかしながら、リンもカリウムについても
全く無知です。
茶々の通う病院ではいまだかつて一度も、リンも
カリウムも測定されたことはありません。
だいたい、いつもの血液検査のリストにも
この二つの項目はないのです・・・

高カリウム血症って心疾患につながり、恐ろしい
ものだとは理解できました。

茶々の数値がどのくらいなのか、知っておきたい
気もしますが、カリウム値もしりたい、なんて
言うと先生に知ったかぶりして~と思われそうで
怖いような・・・

未来ちゃん、お散歩楽しそう~

投稿: 松の実 | 2009年9月26日 (土) 11時15分

初めてコメントしたにもかかわらず、みゅうさん、コロたすさんありがとうございました!!

いろんな気持ちが頭をぐるぐるして、自分の気分に波がありますが前向きに乗り越えないと、くるみに申し訳ない!!ですよねdogshine

同じ病気をもった方のお話は、すごく勉強と励みになります!!
そして、病院との相性も大事ですよね。

ペットは家族だからこそ、一生懸命で、飼い主さんも癒されなければ苦しいと感じました…。

くるみがお世話になった先生は、私の性格を踏まえて!?お話して下さいました。お付き合いは、7年ですdog
周りに恵まれていて、良かったと思います。

わんこにも、当たり前ですが個性がありますよね♪
そのわんこらしい、人生ならぬ犬生がおくれれば幸せなのかな。と感じていますshine
くるみは、笑いの神が時々降りてきて爆笑happy01sweat01を誘うわんこでした!

投稿: ごまくる | 2009年9月26日 (土) 17時08分

こんばんは。
未来ちゃん、草の上にいてウキウキな
可愛い良い笑顔ですね。とても和みました。
ロビンも心臓病を長年患っていて、腎臓にきてしまいました。BUNが120超えて
入院をした事もありました。しかし
わんこの生命力の強さを何回も教えてくれました。
未来ちゃんの症状が少しでも良い方へ向かうようにいつもロビンと応援してます。季節の変わり目ですがみゅうさんも、お体ご自愛くださいね。

投稿: アイ | 2009年9月26日 (土) 21時27分

みっちさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ワンちゃんのお名前を教えてくださって、ありがとうございます。ミッキー君ですね。
「心臓病」については「僧帽弁閉鎖不全症」についてしか分かりませんが、もしそうであれば全身に送る血液が少なくなってしまいますね。
血液の中にある老廃物を濾過して体外に出す腎臓は、血液が少ししか来なくなると仕事ができなくなって老廃物が出せなくなってしまう、ということが起こるようです。
ミッキー君の体調が回復してきたのは嬉しいですね。
先生と話し合いながら、治療が順調に進むように祈っています。

投稿: みゅう→みっちさん | 2009年9月27日 (日) 01時10分

松の実さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
茶々さんは今のところ、BUNもCREも基準値内なのでリンの値は必要ないと先生が判断なさっているのかもしれませんね。
あ、そーだ!他の値も知りたいときは、人間と同じように「年1回の健康診断」を先生にお願いして詳しい血液検査をすればいいかもしれませんね。
茶々さんの体調がこれからも安定しますように。

投稿: みゅう→松の実さん | 2009年9月27日 (日) 01時19分

アイさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
ロビンちゃんは心臓の不調が腎臓に影響を及ぼしたのですね。
心臓、腎臓、肝臓って、どれも本当に大切な臓器だなあと思います。
ワンコの生命力の強さは、おっしゃるとおりですね。
応援ありがとうございます。
これからも頑張りますよ~!

投稿: みゅう→アイさん | 2009年9月27日 (日) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ついに飽きてしまったアニモンダ | トップページ | カリウムの値 (1) »