« ワンちゃんの我慢強さ | トップページ | クロベェの血液検査と「お知らせ」 »

2009年7月30日 (木)

カロリーを増やす方法

こんにちは。チキンブームは続いていますが、タンパク質をあまり増やさないようにしつつ、食事の量を増やす方法を模索しています。
未来が1歳になる前、「痒い~」と体を掻きむしり、毛が抜け始めたことがありました。
ノミか?ダニか?フードか?
病院でとりあえず痒みを抑えてもらい、フードを変えることになりました。
チキンベースのドライフードをラム&ライスに変えると、だんだん良くなったので原因はフードだ、チキンだ!と思っていました。
その後、フードはもちろんおやつを買うときも、袋の裏に「鶏」「チキン」という単語があるだけで「却下!」でありまして、未来は鶏肉を食べることは昨年までなかったのです。

今でこそ「手作り食」の本が沢山出版され、病院でも「手作り、いいですね」などと言われるようになりましたが、未来が小さい頃は「ドッグフード以外は、あげないほうがいい」という意見のほうが多かったように記憶しています(違っていたらごめんなさい)。

昨秋、茹でた鶏肉をあげてみると何ともなかったので、「ん?ということは、あの原因は保存料とか他のものだったのかな?」とビックリ。
自分の長年の頑固さにも呆れました。(^-^;

ビタミンB群が豊富な豚肉のほうがいいかなと思って、豚挽肉や薄切りを野菜と煮たり、炒めたりしていました。
ブログを始めたころ、登場するのは豚肉ばっかりです。
お魚のブリもよく登場しました。

食欲がない時期が続いたときに、手羽肉を煮込んだら気に入ったのか、それからメインはチキンになりました。
そうすると、豚肉は「要らないものリスト」に入ってしまって、見向きもしません。

以前、ドッグトレーナーさんに、なかなか食べてくれない話をしたら
「だから小さい頃から、手作り食をあげていろいろな食べ物に慣らしておかないといけないんだ」と言われて、かなり凹みました。
慢性腎不全と診断されたばかりの頃は、食欲不振の原因もよく分かっておらず、なんで食べないんだろう?と何度も思っていました。

14歳を過ぎてから、それも腎不全になってしまってから、「だから小さい頃から、○○するべきだった」と言われても・・・とほほ
食事だけでなく、薬をそのまま飲んでくれないときも、「だから小さい頃から・・・」
だって健康だったから、薬なんて殆ど要らなかったんだもーん!と心の中で叫んでいました。
ん?そういう問題じゃない?

心臓の薬は毎日服用していましたが、何に埋め込んでもパクッと食べてくれていたので、とても楽でした。食欲がなくなっても、薬だけはなんとかして飲ませたい・・・という事態になったときに初めて困ったのです。

今日は何を書く予定だったのかな?
そう、カロリーを増やす方法でした。

最近、量は少ないけれど朝夕と食べてくれます。
せっかく食べてくれるので、もう少しカロリーを増やしたいのですが、以前好きだったサツマイモは食べなくなったし、あまり油を増やすと食べないしで、何かいい食材はないものか。アニモンダのウェットフードも食べてくれますが、夜のみ。完食しない日もあります。
活躍していますが、少し飽きてきたかな?
野菜類は相変わらずニンジンのみ。

今日、スーパーでウナギを見て、蒲焼きでないもの、タレが付いてないものなら、「魚」なんだから気に入るかなあと一瞬思いました。
地元のスーパーには、蒲焼きしか売ってないし・・・と検索すると
こんなのがありました。ここをクリック

須崎先生監修の「ワンだーらんど」でしたか。
売り切れ寸前のようです。おじやも一緒に購入なので、今回はやめておこうかな。

明日は(もう今日のことですが)未来とクロベェ、両方連れて病院へ行きます。

今日も読んで下さってありがとうございます。
皆さまのワンちゃんたちの体調が安定しますように。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

|

« ワンちゃんの我慢強さ | トップページ | クロベェの血液検査と「お知らせ」 »

コメント

こんにちわ。最近うちのこにぴったりの健康ごはん見つけたんですよ。未来ちゃんもこれなら食べれるかも!?うちのこも食細いんで…そのごはん須藤せんせのごはんは本を何冊か購入して知ってたんですが、おじやを食べなかったんで他の化学調味料を使わない人間の食材を使ったごはんをネットで探しついにグリーンドックにたどり着きました。ほんな3日前に到着したばかりですが缶詰め一個ちっちゃいので700円おかしセット少量づつで1200円とちと高いですが、食べるかなぁ…とあげてみたところ、なんと完食!それに酵素も混ぜてあげましたが全く違和感なく食べてくれました。いままでの缶詰めはなだめすかして食べさせてたので、これなら楽チン。あと楽しいおやつの時間もなるべく自然でヘルシーなおやつがいいので手作りをあげてましたが最近は見向きもせず。でもここの紅いもボーロがお気に入りで今までボーロなんて食べることなかったのに、もっとくれ~てバリバリいわせながら食べました。小麦粉なしで蜂蜜や馬鈴薯などを使ってあるらしく消化にも良いんですって。未来ちゃんは腎不全なのでなに食べてもいいわけじゃないと思うんですが「うちのこは心臓病で塩分はだめ」グリーンドック一回試しにどうですか?うちの子は舌平目と馬肉たべなかったんですが…ごはんは本当に毎日悩みますよ…ねbearing

投稿: ミルックマ | 2009年7月30日 (木) 19時07分

未来ちゃんやモモが小さい頃は、ペットに対する考え方もスタンスも情報もしつけ方法も、今とは大きく違っていたと記憶しています。
雑種は庭先につながれて残飯を食べていた子も少なくなかったはず。
なので「残飯よりはドッグフード」という意味だったんではないでしょうか。
モモは遅咲きながら7才から本格的にトレーニングを始め、どこを触られても平気な優良家庭犬になったはずでした。
でも最近どんどん気難しくなっちゃって、薬は口に入れられなくなるわ、病院で怒るわと、神経質な和犬性格が炸裂しつつあります(涙)。
ただドッグフードで通してきて良かったなと思う点もあります。
もし普段から美味しい手作り食を食べていたら、それが当たり前になっちゃって、たかがチキンやチーズにこんなに喜んでくれなかったかも。
そうしたら薬をあげるのも、水を飲ませるのも、もっと苦労していたかもしれません。
ま、想像ですけどね。
きっといい面もあるってことで。

投稿: Chinatsu | 2009年7月31日 (金) 00時31分

ミルックマさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
グリーンドッグさんで買い物したこと、2回くらいあります。
小さな缶詰で700円のもの??
どの種類なのかな??
ミルちゃんが気に入ってくれてよかったですね。
食べてくれたときは、本当に嬉しいものですね。ミルちゃんの食欲が続きますように。

投稿: みゅう→ミルックマさん | 2009年7月31日 (金) 03時00分

Chinatsuさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
確かに、ドッグフードで通してきたから今になって「チキン」がとても美味しい!と喜んで食べているのかもしれません。
未来も年と共に気難しく、頑固になってきました。
ガーゼで歯を磨くこともできたのに、最近は「イヤだ~!」
その反面、後ろ足を支えてあげたりすると嬉しいみたいで先回りして、いろいろ予想しないとダメだなあと最近思います。
いろいろなことに気付きながら、頑張りまーす。

投稿: みゅう→Chinatsuさん | 2009年7月31日 (金) 03時16分

今日も寝つけない…明日の仕事が大変だわ(ToT)未来ちゃん、グリーンドックでごはん食べてたんですね!?そこのごはん、どうでしたか?うたい文句はとても身体に良さそうだけど実際にいいかどうかは食べたこにしかわからないですもんね(T_T)手作りごはんを最近食べてくれないので苦肉の策です。ここので良かったら続けていこうかと思ってますが…。うちのこが食べてるのナチュラル缶詰めのシチュー風味、680円です。無添加なのが良いです。最近紅いものボーロあげてからミルのおなら、よくでます。しかもめっちゃ臭いんですsad調子がいい証拠かな?下痢も治ったし。未来ちゃんのごはんでこれいいよ!てお薦めごはんあったらおしえてくださいなよろしくお願いします。ではそろそろ寝ます。おやすみなさいませ…sleepy

投稿: ミルックマ | 2009年7月31日 (金) 03時19分

みゅうさん、こんばんは。
誕生日に犬用ケーキを買ってあげるのも普通な位、犬の地位は、今でこそすごく向上してますが
14年位前は、犬はそんな扱いじゃなかったですよね。
ロビンが我が家に来た頃(1991年)購入した「犬の飼い方」の本には、手作りは栄養が偏って良くなく良いドックフードが出てるから、それを食べさすようにと書いてありました。
ロビンは心臓弁膜症になるまで、ドックフードを食べてましたが、小さい頃からチキンとかその他、人間でも食べれるような美味しいものを小さい頃からあげていたら、年を取って食欲がない時、ああいう風にまた食べてくれたのかな~?と思います。

未来ちゃん、アニモンダのフード食べてくれていて良かったですね。色々先回りして食べるものや行動など考えないといけなくて、みゅうさんも大変だと思いますが、かげながらロビンと一緒に元気玉送って応援してます~

投稿: アイ | 2009年8月 1日 (土) 23時41分

アイさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
前回コメントを頂いたときに「はじめまして」と書いてしまって申し訳ありません。
だいぶ日数が経ってから「あれ?」と気付きました。
のどかさんちのアイちゃんと混同していたようです。本当にごめんなさい。
14年前「シニア犬」に関する本は皆無だったように思います。今はいろいろ出ていますね。
心臓や腎臓の調子が悪くなると、大好きなものでも「食べたくない」と拒否されてしまうので、いろいろな味を知っていても苦労は同じかもしれませんね。
アニモンダを食べなくなったらどうしよう!
と思うことがありますが、試行錯誤を続けていくしかないですね。
元気玉ありがとうございます。
また遊びに来てくださいね(o^-^o)

投稿: みゅう→アイさん | 2009年8月 2日 (日) 03時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワンちゃんの我慢強さ | トップページ | クロベェの血液検査と「お知らせ」 »