« 血液検査(7/16) | トップページ | 部屋の温度 »

2009年7月18日 (土)

クロベェの食事と気持ち

クロベェは肝臓ケアフード(l/d)を食べています。あまり美味しくないようで、「またこれ?」と不満の声がよく聞こえます。
私が未来のためにチキンやニンジンを煮たり、それを器に入れたりしていると、「未来ちゃんばっかり!僕のは?」と言ってるのが声の調子で分かります。
時々、魚を茹でてあげていますが、療法食を食べなくなると困るので心を鬼にして「今日は、それだけね」と言うことも多いんです。

このあいだは、キッチンの床から突然ジャンプして、未来の夕飯が入っている器に足を突っ込んでしまいました。
「こらっ!」
久しぶりに声を荒げて怒りました。
耳が遠くなっている未来にも聞こえたようで、「な、なにごと??」とビックリしていました。

でもなぁ・・・
不憫でもあります。
l/dの前は、PHコントロールを食べていました。1歳の頃に尿結石をやってから、ずっとです。人生(猫生)の殆どを療法食で過ごしているわけで、美味しいものは「たまにちょっとだけ」が続いています。

今日はイワシを茹でて、「クロベェ、一緒に食べようか」と呼んでみました。
以前は、未来も飛んできて取り合いしたものですが、未来は「イワシ?要らなーい」なので、クロベェはゆっくり食べていました。

好きなものを沢山食べさせてあげたいなあ・・・
「たまに」「少しだけ」は、これからも続くと思いますが、「美味しい!」と言えるような日も必要だよね。

未来は、今日もアニモンダ缶、おかゆ、ニンジン、チキンのメニューでした。
何も食べてくれないと半泣きになっていた頃に比べると、だいぶ気持ちは楽になりました。
また食べない時期は訪れるでしょうが、今は貴重な小康状態を大切にしようと思います。

今日も読んで下さってありがとうございます。
皆さまのワンちゃんたちの体調が安定しますように。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

|

« 血液検査(7/16) | トップページ | 部屋の温度 »

コメント

こんばんは。うちのこもすごく少食になって困ってます。毎日、あれなら食べるかこれなら食べるか…とミルと格闘しながら食べさせてます。でもほとんどはゴミ箱いき…coldsweats02前までは太りすぎ!痩せなさい!て獣医さんにゆわれてたぐらいなのにお薬をのませ始めてからは食生活まで悪くなってしまいました。ほんと、動物本能の自然治癒力はすごいのに無理やり治してしまおうとする西洋医学はあまり良いものではないのかもしれません。昔の人間が薬草に頼って治癒してたみたいに、本来もってる力に少しだけ元気をあげるだけで治る病気もありましたよね。いまは薬や手術で寿命を伸ばせてもあちこちガタがくるというおまけまでついてきますもんね…。ミルが老犬になってからは考えなかったいろんなことを考えてしまいます。年をとるとはこういうこと。寿命を全うするまで楽しく元気で暮らすこと。大切だなぁ…と改めて毎日考えながら生活するようになりました。さて、明日のごはんはなににしようか…今日は処方食をいくらか食べてくれました。毎日ほんと大変です、トホホweep

投稿: ミルックマ | 2009年7月19日 (日) 00時51分

ミルックマさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
毎日の食事、悩みますね。ゴミ箱行きが続くともぅ本当に気が滅入ります。
少しでも食べてくれると、ほっ・・・としますね。
未来が食べないときに「デザートが先」作戦をよくやります。
プリンとかロールケーキの端っこなど、甘いものを少しだけ先にあげて、それをきっかけに食事をあげるという作戦です。
好物さえ食べてくれないこともあるので、この作戦もボツになることがありました。
あの手この手でトライしているうちに、ミルちゃんのマイブームが見つかるといいですね。
明日もミルちゃんが食べてくれますように。

投稿: みゅう→ミルックマさん | 2009年7月19日 (日) 02時53分

はじめましてこんにちは。
ブログ良く読ませていただいてます。
うちのワンコ(ヨーキー1才2ヶ月♂名前:コイル)は嘔吐が続き2週間前に腎不全と診断を受けました。その日から処方食と薬に毎日2回の皮下注射をしてますが、処方食も1週間ともたず食べなくなり、野菜や果物など食べられるものをあげていましたが、最近の検査結果がBUN127HCRE9,0Hだったので皮下注射の量が一回60ccから90ccになってからますます食欲がなくなり心配です。

私は今臨月で毎日家にいて一緒に過ごしていると日に日に元気がなくなっていくのがわかり、毎日自問自答で可哀想で泣いてしまいます…。
主人は仕事のためにワンコの詳しい体調や餌を食べてくれるよう
にしている努力や不安を本当にはわかってくれていません。
どうしたら食べてくれるのか、私が入院してしまったら誰が面倒みてくれるのか…毎日不安との格闘で正直疲れてしまっています。
ワンコの前で泣いてはいけないとは思うのですが顔を見ると涙が溢れてしまうのです。
どうしたら食べてくれるでしょうか?

投稿: 桃花 | 2009年7月22日 (水) 08時36分

桃花さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。コイルちゃんのこと心配ですね。
1才2ヶ月と書いてありますので、急性腎不全が慢性化したのか、先天的なものなのか、と想像しましたが、先生は何とおっしゃっているのでしょうか?
いずれにしても、食べてくれないのは本当に辛いです。お気持ちはよく分かります。
毎日悲しい気持ちでいるのは、お腹の赤ちゃんにもよくないし、桃花さんも辛いと思います。
どうしたら食べてくれるのか、これは誰もが悩むところです。
これなら食べてくれる、というものは特になくて、飼い主は日々試行錯誤しながら、食事の用意をしているのが現状です。
コイルちゃんが甘いものを好きならば、プリンやケーキの端っこを少しあげてみて、喜んだらその続きに食事を与えます。
シリンジで流動食を与えることが可能ならば、食事をペースト状にしてシリンジであげてみます。
流動食以外に、チキンスープやワンコ用ミルクをあげてみる。
味の付いたものは避けたほうがいいのですが、「きっかけ」にできるのならば少しだけ与えてみる。
チーズでもソーセージでも。
よく「マイブーム」と呼んでいるのですが、「そのとき好きなもの」を偶然発見できれば助かります。
何の役にも立たなかったら申し訳ありません。
ご主人にもう1度相談してみては、いかがでしょうか?
コイルちゃんの体調が安定しますように。
桃花さん、ご自身も大切になさってください。

投稿: みゅう→桃花さん | 2009年7月22日 (水) 10時21分

早速のお返事ありがとうございました。

先生には先天性の慢性腎不全ではないかと言われました。
今の動物病院は実家の時のかかりつけだった病院なのですが昔は院長先生しかおらず良かったのですが、最近行ったら若い先生が増えてました。
病気発覚後も院長先生には当たらず若い先生で…失礼ながら知識も今一と言うか、治療もわざわざ院長に確認と了解をとってからの指示で。内心だったら院長先生が見てくれればいいのにと思ってしまっています。
食事についてもドックフードや療養食のみの方針なので、食べないと言うとう〜んで終わりです。
なので今手作り食を推奨している動物病院にセカンドオピニオンしようか悩んでいます。

主人とは一度話しあってみます。食欲は無いのですが食べる事についての執念はあるので、何とか頑張ってみます!
本当、自宅出産したいくらいです。
愚痴っぱなしですみませんでした。
聞いていただいて、気持ちが楽になりました。

投稿: 桃花 | 2009年7月22日 (水) 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 血液検査(7/16) | トップページ | 部屋の温度 »