« ワガママも少し | トップページ | 100グラムの喜び »

2009年5月 2日 (土)

うーん、なぜだろう?

こんにちは。なぜか、今日も未来ちゃんは食べません。
朝はヨーグルトを少しだけ。薬は無事に飲めました。お昼にこんなのを試してみました。
Naturegreen

ナチュラルハーベストの「ネイチャーグリーン」という缶詰です。「牛の胃」を含んでいて、ワンちゃんの大好きな匂いが食欲をそそるらしいのです。
し、しかし・・・未来ちゃんは、匂いを嗅いで少し舐めただけで「要らなーい」と横を向いてしまいました。
手のひらにのせて、「美味しいよ~」とあげようとしても、ダメ。

夜はヨーグルトさえ、「要らなーい」でお薬を飲ませることもできませんでした。

今日はクロベェを病院に連れていき、預けておいていったん帰宅、すぐに未来ちゃんを連れて再び病院へ行きました。
以前は、2頭一緒に連れて行けたのに、未来ちゃんがスタスタ歩けなくなってからは無理となりました。
信号が赤から青に変わった瞬間、歩き始めても横断歩道を渡れないくらいスローなのです。
そこで抱っこであります。

歩いて行ける距離に病院があるのは、ラッキー!ですが、2往復を2回すると、
あぁ~しんど・・・

クロベェの血液検査は2週間ぶり。GOT、GPT、ALPは基準値でしたが、黄疸の数値が基準値を上回っており(0.4)、退院したときより少し悪化。
エコーを撮ると、前回見えていた胆石のようなものは、はっきり見えませんでした。
しかし膵臓がかなり白っぽくて膵炎を起こしているらしい。
昨年は「胆管肝炎」という診断でしたが、肝臓、胆管、胆嚢、膵臓はすべて関連があるので、どこかで炎症が起こるとすぐに他も悪くなってしまう。
特に猫の場合は、悪化のスピードが速いようです。

説明を聞きながら、「どうしよう・・・」と落ち込む。
先生に「小康状態を保っていくことはできますか?」と聞くと「もちろんできます」との返事に救われる。

毎日飲んでいる「ウルソ」という利胆剤に加えて、抗生物質(ビクタス40)も飲むことに。オルビフロキサシンという成分らしい。

猫は食欲がなくなって食べなくなると脂肪肝になって危険だし、タンパク質の量を減らせないし、黄疸の数値が上がるのも速いし、油断できないのです。
ただ、肝臓は腎臓と違って再生する組織なので、希望もあります。

未来ちゃんは体重が11.3キロでした。明日も来るので点滴は500CC。
看護士さんが、プレミアムフードのサンプルを下さいました。今日試しても無理のような気がするので、明日試してみよう。

なぜ食べないのだろう?
食欲が全くないのではなく、自分の好きなものが出てこないと思ってるようにも見えます。今まで好きだったものは、順番に食べなくなり、まだ試していない缶詰を取り寄せてもダメ。
捨てたくないけど、捨てるしかない。生ゴミの日、ますます袋がずっしりと重くなります。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

|

« ワガママも少し | トップページ | 100グラムの喜び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワガママも少し | トップページ | 100グラムの喜び »