« 蒸し暑いのは苦手 | トップページ | 寝ても覚めても食事のこと »

2009年5月24日 (日)

リモナイトその後

こんにちは。5月6日に「リモナイト」というおやつのことを書きました。
「おやつ」ですから、本当にリンやアンモニアを吸収してくれるのか半信半疑でありましたが、美味しそうに食べるので、今でも時々あげています。

「リモナイト」という鉱物がリンを吸収するというのは事実かもしれませんが、このおやつを構成している成分の一部でしかないわけだし、やはり「おやつ」ですね~
期待し過ぎないほうがいいと思います。

さて、今日の食事です。
朝はヨーグルトとプリンをほんの少しずつ。他のものは拒否・・・
薬は飲んでくれました。
昼はアニモンダのフードを半分、手羽先を2つとニンジンを少し。
夜はアニモンダのフード3分の1くらい。ご飯と納豆をほんの少しでした。
プリンやカップケーキを以前ほど喜ばないということは、飽きてきたのかもしれません。

本日のレース、「オークス」は予想通りにブエナビスタが優勝。今度競馬場に行けるのは、いつかなあ?
今日は、人形浄瑠璃「文楽」東京公演の千秋楽でもありました。
文楽、とっても好きなんですが、しばらく聞きに行ってません。

今日も読んで下さってありがとうございます。
明日は更新できないかもしれません。
皆さんのワンちゃんたちの体調が安定しますように。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

|

« 蒸し暑いのは苦手 | トップページ | 寝ても覚めても食事のこと »

コメント

未来ちゃんのカップケーキやプリンのブームが過ぎちゃったんでしょうか・・・
この病気は本当に食べてもらう為に苦労が多いですね~

ベリーも以前ほどバームクーヘンを喜んでくれなくなって・・・最近はちくわなんですが・・
先日、私が食べていたオムライスを見つめて居るので卵のところをあげたら食べました。

なので今日の夕ご飯の時にスクランブルエッグを作ってあげたら食べてくれました。卵1個分ぐらいですが、食べられる物が見つかってホッとしてます。

投稿: ベリーママ | 2009年5月26日 (火) 00時17分

ベリーママさん、こんにちは。
未来はプリンやヨーグルトに飽きてきたようです。
朝は何も食べず、薬も飲ませることができませんでした。
夜はいろいろと用意しましたが、どれも気に入らないようで少ししか食べませんでした。
ベリーちゃんのマイブームも変わっていくのですね。
何をあげたら食べてくれるのかと考え込んでしまう、この苦労を分かってくださる方と出会えたのはブログのお陰です。
時にはイライラしながら、少しでも食べてもらえるように頑張るしかないですね。
ちょっとため息・・・(-ε-)

投稿: みゅう→ベリーママさん | 2009年5月26日 (火) 01時34分

みゅうさんお久しぶりです(^o^)/
あれから自宅点滴デビューをし3週間経ちました!初日は変なとこに刺してしまったようで輸液がジャージャー噴射してしまったり(泣)何度か失敗し今やなんとかうちのパパや親に押さえてもらいながら上手く出来るようになりました!針も太いやつを使ってましたが毎日の事なので痛みが軽減するならと多少の時間かかりますが細い針に変えました!所が血液検査の値が悪いのです(泣)クレは一番悪かった時3.7→2.6にまで落ちたのですが今日の検査ではBUN118クレ4.1ですょ(ToT)でも至って食欲、元気はあるのです。クレこんなに高かったらこんなに調子良い訳ないと思うんですが…先生はこの子は波が激しいとおっしゃってました。また3日後に検査して上がってるようなら静脈をやりましょうと言ってました。数値に振り回されないようにとも思ってますが…もうどうして良いものか分からなくなってきました(ToT)食事は腎臓食一切食べないので市販の物にリンを抑える白い粉のサプリを混ぜたものをあげてます!体重も痩せてもなく200増えました!みゅうさんいわく同じ様なわんちゃんの飼い主様いらっしゃいましたらアドバイス宜しくお願いします!

投稿: ぴぽ | 2009年5月26日 (火) 14時13分

ぴぽさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
血液検査の結果にはドキドキさせられますね。
数値ばかり気にしないようにと思っても、目の前にBUNやクレアチニンが上昇している事実があれば飼い主は動揺します。
どうしたらいいんだろう??
私も知りたいでーす。おそらく腎不全のワンちゃんと暮らしている誰もが思っているはず。
皮下点滴、食事療法、お薬、この3つ全てが実行されて順調に効けば、血液検査の結果もかなり改善するかもしれませんが、なかなか難しいのが現実ではないでしょうか。
未来ちゃんの場合、最も大変で難しいのが食事療法です。
人間ならば、こういう病気だからこれを食べたほうがいい、これは食べないほうがいいと頭で理解することもできるし、実行することもできますが、ワンちゃんにはできません。
今さら当たり前のことを書いていますけど、食べたくないものは食べないですよね。
日々のカロリーは必要ですから、療法食でなくても食べてくれるのなら普通の食事をあげるしかないわけです。
普通の食事をしていると体内に発生する燃えカスを腎臓は濾過できないから、BUNやクレアチニンの値は上がります。
皮下点滴は少しでも燃えカス、老廃物を尿と一緒に出せるようにやるわけですが、100%排出できるわけではありません。
ネフガード、クレメジンなどは、消化管の中で作られた毒素のみを吸収するためのものであり、体内が全てきれいになるわけでもありません。
なんだか余計に落ち込むような事実を並べていますが、進行を少しでも遅らせる治療しかできないので飼い主としてはストレスが溜まるわけですね。
血液検査の結果と食欲は、あまり関係ないことが多いようです。
BUNやクレアチニンの値が高くても食べる子もいるし、多少低くなっても食べない子もいます。
食欲があるというのは素晴らしいことですよ~(o^-^o)
食欲があるのなら、好きなものを先にあげてから少しでもいいので療法食を食べさせてみるというのはどうでしょうか?
たいしたアドバイスもできなくて、申しわけありません。
グーフィーちゃんの場合、皮下点滴やサプリは実行なさってるわけですから、あとは食事療法ができればいいですね。
そう申し上げても、わが家の場合食事療法は実行できていないので、理想論を並べただけみたいになってしまいます。
他の方々からも何かアドバイスを頂けるといいですね。
グーフィーちゃんの体調が安定するよう祈っています。

投稿: みゅう→ぴぽさん | 2009年5月27日 (水) 04時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蒸し暑いのは苦手 | トップページ | 寝ても覚めても食事のこと »