« 今日は豚肉の気分? | トップページ | パニックと安堵 »

2009年5月29日 (金)

マーティ君、kimiさんへ

こんばんは。
今月初め、ブログに来てくださったkimiさんのマーティ君が本日旅立ちました。
コメントが途絶えた頃から、とても心配していましたが、まさか1ヶ月も経たないうちに悲しい知らせを受け取るとは思ってもみませんでした。

皮下点滴をして、検査を受けて少しずつ体調が安定していきますように、と祈っていました。
でも私たちが想像していたより、マーティ君の状態は悪かったのですね。

とても残念です。悔しいです。まだ10歳なのに。
マーティ君を可愛がっていたパパとママの悲しみは、いかばかりかとお察しします。

こんなとき、何と書けばいいのか、なかなか言葉が出てきません・・・

今まで、リキ君、ルーク君、ロン君、レナちゃん、と見送ってきました。
マーティ君が虹の橋のたもとに着いたら、暖かく迎えてあげてください。
いつか未来ちゃんが行ったら、遊んであげてくださいね。

マーティ君、最期までいい子だったんだね。よく頑張ったね。
もう苦しいことも痛いこともないんだよ。

kimiさんも奥様も看護でお疲れのことと思います。睡眠も取ってくださいね。
マーティ君のご冥福を心からお祈りいたします。

|

« 今日は豚肉の気分? | トップページ | パニックと安堵 »

コメント

みゅうさん。
マーティのことブログに書いて下さってありがとうございました。なかなかこの寂しさを振り切るのは難しいけど、火葬するときまでには笑顔で送り出せるようになるつもりです。カミサンと三人で寝ていたベッドもなんだか広くなりました。マーティの具合が悪くなってから、高さの高いベッドではなく床に置いたベッドマットで奴と寝ていたので、今晩は久々にベッドで眠りたいと思います。未来ちゃんの具合が安定しますように。そして少しでも長くみゅうさんといられますように。

投稿: Kimi | 2009年5月30日 (土) 00時03分

kimiさん
我が家と同じラブなので、その後マーティ君は大丈夫かなぁって心配していたのですが・・・
残念です・・・ご冥福をお祈りいたします。

実は今日我が家に遊びに来た友人夫婦も5月5日に黒ラブの「らぶちゃん11才」を見送ったばかりです。

我が家のバニャと親戚関係なので、ママさんは寂しさを紛らわす為に・・バニャに会いたくて、会いたくて、ベリーの病状が安定するのを待って来てくれました。

らぶちゃんは去年の11月に骨肉腫と診断されて闘病していたのですが・・最期は歩く事が出来なくなって旅立ちました。ただ抗がん治療で痛みや苦しみをセーブしていたので、眠るように逝ったそうです。

マーティ君は思ったより病気が進行していたのですね・・でも川の字で寝ていたくらいだから・・
きっとパパママに心配させたくなくてギリギリまで元気な振りして病気に気づかせなかったんだと思います。

でもマーティ君は最後に海にも連れて行ってもらって、きっとパパママに感謝していると思います。暫くは辛いと思いますがお体を大事にしてください。


投稿: ベリーママ | 2009年5月30日 (土) 21時01分

Kimiさんへ…
昨日コメント見て呆然とし自分事の様に涙が止まりませんでした。最近コメントがないので凄い心配していました!マーティ君ほんとに残念で仕方有りません(泣)
少しずつだけど安定してきていると思いましたが急激に悪化してしまったんですね…
でも最後の最後まで良く頑張りました!
大好きな海にも連れて行ってもらってパパとママと最後迄一緒に寝れて…マーティ君は幸せだったと思います。きっと天国からパパママを見守っててくれるでしょう!
Kimiさん当分は辛いでしょうがお体には気を付けて下さいね!
マーティ君のご冥福をお祈りします。

投稿: ぴぽ | 2009年5月30日 (土) 23時15分

ベリーママさん、ぴぽさん。
ありがとうございます。今日マーティを火葬場に連れて行き荼毘に伏せてもらいました。いつもの散歩コースだった土手を車で走り、その足で行って来ました。マーティは30キロあった体重も最後には17キロになり、抱っこして運ぶ時びっくりするくらい軽くなっていました。本当はもう少し一緒にいるつもりでしたが、気温の高さとマーティの亡き骸のことを考えて今日連れて行ってきました。今は笑っている写真とお骨箱が花と好きだった物たちに囲まれてテーブルの上にあがっています。本当にあっと言う間。一ヶ月弱なんて短いものですね。でもあいつ良い子だったから僕らが心の準備をするに必要な時間を与えてくれたのだと思います。でも最後は「父ちゃん母ちゃん、俺もう行っていいよね」って感じで大きく伸びをして眠りにつきました。なんかまだ実感の無い感じもあります。36時間前まで目の前に居て目をぱちくりさせていたのに。でも思うんです。この胃袋がねじれるような悲しさよりもやっぱり与えてくれた楽しさや幸せの方が何倍も大きいって。今はお腹いっぱい食べて、沢山水も飲み、思いっきり走っているんだと思います。本当にありがとうございました。皆さんの優しさの溢れる言葉に何度も何度も助けてもらいました。ホントしばらくは悲しいし、ちょっとした拍子に涙が出ますが、あんまり悲しむと奴も安心して向こうで走り回れないでしょうからね。適度にしておかなきゃ。皆さんのわんこちゃん達を僕の分まで撫でてあげて下さい。あのやわらかく優しい感触はワンコ以外では感じられませんよ。本当に思います。皆さんのわんこが少しでも長く元気にみなさんの傍に居られますように。皆さんありがとうございました。本当に本当にありがとう。

投稿: Kimi | 2009年5月31日 (日) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は豚肉の気分? | トップページ | パニックと安堵 »