« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

猫のクロベェが入院

 今日、猫のクロベェ が入院しました。昨年11月にも1週間入院し、すい臓炎、胆管肝炎と診断されました。点滴、抗生物質の投与などで症状は落ち着いていましたが、必ず再発すると言われていました。
 昨日、今日と嘔吐が続き、急に気持ち悪そうにしたので 「またあの症状だ!」と思って病院に行ったら、黄疸が出ていると言われてすごいショック。
朝、私がまぶたの裏や歯茎を見たときは、普通だと思っていたのですが、先生が「ここです」とおっしゃった目の奥は、薄い黄色でした。
 前足の毛を少し剃って、点滴の準備。クロベェは何をされても、本当に大人しくて優等生なのです。前より悪化していたらどうしよう。

 クロベェが入院すると未来ちゃんの元気がなくなり、未来ちゃんが入院するとクロベェの元気がなくなります。今夜は家の中がやけに静かです。
今頃、どうしているだろう。
 点滴の効果が出ますように。少しでも早く家に帰ってくることができますように。
出るのはため息ばかりです。
しっかりせんかい! >> 自分

 未来ちゃんの食欲がなくなるのではないかと心配しましたが、ご飯、お魚(ブリ)、リンゴを食べました。元気を出そうね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

久しぶりのサツマイモ

 こんにちは。今日の夕食は、割に食べました。アニモンダのフード40グラムくらい。トッピングは茹でた豚挽肉。あとはリンゴ4分の1、蒸したサツマイモを少し。
サツマイモは久しぶりです。食べてくれたとき、「やった!薬を包める!」と喜びました。
無糖のヨーグルトも用意していたのですが、こっちはあんまり好きではないのです。

 フォルテコールの量を増やしてから1週間ほど経ちました。増やした翌日、2回嘔吐しましたが、その後嘔吐はありません。
先生は「副作用はない」とおっしゃいましたが、私はひそかに「あれは一時的な副作用だ」と思っとります。
 全てのワンちゃんが薬に対して平気だとか、同じ反応を示すとか、そういうことはないと思うのだけどなあ。

 人間の私は「ロキソニン」という痛み止めが合いません。とても一般的な薬らしいのですが、やはり個人差があるのだと思います。

 明日は暖かくなるようです。皆さんのワンちゃんも春になって体調が良くなりますように。

「にほんブログ村」に参加しています。よかったらクリックしてください。(o^-^o)
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

お薬、サプリを飲ませたいとき

 こんにちは。昨日、ロンママさんから「なかなかサプリを食べてくれない。何かいい方法があったら教えてください」というコメントを頂きました。
 同じ悩みを持つ方も多いかもしれません。未来ちゃんも薬が苦手で、何かに包んでも薬に気付いてしまうと「ぺっ!」と吐き出してしまうのです。
今まで頂いたコメントも含めてまとめてみました。「こんな方法もあるよ!」というアドバイスがありましたら、お願いします。
 ロンママさんが書いていらっしゃるサプリというのは、大粒?無味無臭?それとも苦いのでしょうか?

■ワンちゃんの口をうまく開けて薬をぽいっと放り込む。これができればいいですね~
■薬を包むためのポケットを購入する。商品としては二つありました。
タブ・ポケット ←リンク
ピルポケット ←リンク
■錠剤を「ピル・クラッシャー」で砕いて、流動食に混ぜてシリンジ(針の付いてない注射器)で与える。
■無塩バターにくるむ。
■味の付いていないピーナッツバターにくるむ(アレルギーでないことを確かめてほうがいいかも)
■ロイヤルカナンの関節用タブレットを少し薬に付けてあげる。
■無糖のヨーグルトに混ぜる。

 何に混ぜるか、ということもいろいろ悩むところですが、ワンちゃんが明らかに薬やサプリを嫌っていて「これにまた入ってるのでは?」と警戒しているようなとき、飼い主が「なんとか薬を飲ませなくては」と必死になっているとき、というのは、その気配を感じ取ってなかなか飲んでくれないように思います。
 肩の力を抜いて楽しく食事をするような雰囲気をつくって、薬やサプリが入ってるなどと分からないようにあげて、「わあ食べられたねえ、いい子だね~」と誉めて、誉めて、誉めまくると成功率が高くなるように思います。

 未来ちゃんの本日の夕食は、アニモンダのフード30グラムくらい、ご飯、豚ハツ、りんごを少しずつでした。体重は12kg → 11.9kg → 11.7kg → 11.6kg と少しずつ下降していますが、ここで落ち込んではいけませんね。焦ってもしょうがないし。
これだけしか食べなかったと思わないで、ここまで食べたよ~と思うことにします。
薬は、ご飯粒にくっつけてあげました。ほっ・・・
 ここのところ、冷え込みましたね。また少しずつ暖かくなるそうです。皆さんのワンちゃんの体調が少しでも回復しますように!

にほんブログ村に参加しています。よかったら下記のバナーをクリックしてください。
いろいろなブログに出会うことができます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

ルーク君のご冥福をお祈りします

 このブログに何度もコメントをくださったひろぴょんさん (←リンクしてます)のルーク君が旅立ちました。
一時、驚異的な回復をみせていたので、ひろぴょんさんの献身的な介護とルーク君のがんばりはすごいなあと感心していました。前回の記事に続き、また悲しい記事になってしまいました。昨夜はとても書き込む気持ちになれませんでした。
ルーク君もひろぴょんさんも本当に頑張りました。今頃、虹の橋で楽しく遊んでいると信じたいです。

 2月の初め、リキ君が旅立ったときコメントにはいろいろ書きましたが、ブログの記事として書きませんでした。リキママさん、申し訳ありませんでした。
もしかしたら、今も時折読んでくださっているかも・・・と思いまして、書いています。

 いつか未来ちゃんにも「その日」は、やってきます。
それまで、1日1日を大切にしたいと思います。



 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

お腹の音

 冬に戻ったような冷たい夜です。明日は上空に真冬並みの強い寒気が流れ込むそうなので、部屋を暖かくしなくては。腎不全に最もよくないものは「冷え」だそうです。

 うーん、今日はどうも元気が出ません。未来ちゃんの食欲は、下降気味のままです。朝はリンゴを細かく切ったのを少しと、馬肉を干したおやつを1切れだけでした。
夜もリンゴを少し、ご飯を1口だけ食べました。1度食べなくなったリンゴですが、再びお気に入りのようです。でも吹けば飛ぶような量でした。
お肉もお魚もアニモンダのフードも「要らなーい」でした。
薬をどうしよう。しょうがないので無糖のヨーグルトを少しだけ手にのせて、薬を混ぜました。薬は、なんとかOK!

 下痢ではないのですが、先ほどお腹がキュルキュル鳴っていました。痛いのかもしれません。原因は何だろう??明日またブスコパンを輸液に入れてもらおう。

 このブログの左側にいくつかリンクを表示しています。腎不全だけでなく他の病気のワンちゃんのブログも含めて、いくつかリンクさせて頂いています。このブログに訪れてくださった方のリンクもあります。
 今日「老犬金ちゃん!ゆっくり のんびりいこう♪」の金ちゃんが、旅立ちました。それを知った途端、すごく悲しくて呆然としています。
金ちゃん、頑張ったね。もう苦しくないからね。

 長い夜になりそうです。また明日お目にかかりましょう。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

血液検査 3/24

 約20日ぶりの血液検査。今日の値は下記の表の最後です。

  11/23 12/3 12/24 1/3 1/21 2/5 2/17 3/5 3/24
BUN 49 51 102 120 102 47 61 70 79
CRE 1.9 1.8 2.1 2.5 2.3 2.4 2.3 1.9 2.1
IP 4.9 4.3 4.4 5.4 4.7 4.0 3.3 4.5 4.0

 大きな変動はありませんが、クレアチニンが再び2.0を超えました。BUNも少しずつ上がっています。最も数値が悪かった1月3日に比べると良くなった、と前向きに考えることにしよう。

 体重は10日くらい11.9キロをキープしていましたが、今日は11.7キロでした。この200グラムを取り戻すのが大変なのでーす。今回は下痢が原因ではなく(ちょっと自慢?)、食べる量が減ったからでした。

 気になる薬のことを先生に質問してみました。フォルテコールは未来ちゃんの体重だと1日2錠のところを1錠にしているから、副作用は出ないはずということでした。
少し安心しましたが、量を増やした翌日に嘔吐したので、本当に心配しました。前回の記事を書いた日は、夜も胃液を吐いたのです。オロオロ・・・

 昨日と今日は、嘔吐もなし。下痢もなしでホッとしています。食欲は、まあ「ぼちぼち」です。本日のお気に入りは、リンゴ。それから納豆ご飯でした。

 夕飯のあとで未来ちゃんの体をゆっくり撫でています。最初は本を見ながらマッサージをしていたのですが、軽く撫でてあげるほうがリラックスできるようです。
自分の体の力を抜いて息を吐いてリラックスすると、未来ちゃんが一緒にふーっと息を吐いて気持ちよさそうに目を閉じることがあります。
 最初の頃は、気合いが入りすぎていたのかも。(´▽`)ハズカシ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

日々の体調

 朝の散歩途中で、吐いてしまいました。昨夜食べたものが胃液と一緒に少し出ていたので、胃酸過多だけでなく、胃の調子が良くないのかと心配。
夕方、先生に話すと「うーん、胃腸がちゃんと動いてないのかな」 と、どきっとする返答。

 昨日は朝食を食べてよかった!と喜びましたが、今日は「何も要らなーい」モード全開でした。日によって食欲があったり、なかったりというのは何度も経験しているけど、「わーい!」とジャンプしたくなるくらい嬉しくなったり、ドドーンと落ち込んだりということの繰り返しです。
少しは自分の気持ちをコントロールできるようになったかな?と思うこともありますが、今日は吐いたこともあって 動揺しました。

 夕食は少し食べました。薬もなんとか飲ませることができました。
薬のことを昨日書きましたが、血圧を下げる薬を減らしたり増やしたりするということが、体にいいわけがない、大丈夫だろうか・・・と心配です。
薬の影響については、しばらく様子を見るしかないですが、いい方向へいくことを願っています。今日はこの辺でおやすみなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

ワンちゃんは選べない

 本日2つ目の記事です。うまくまとめられないかもしれませんが、思いついたときに書いておくことにしました。 
 このブログの左側にある「リンク」の中に「無添加手作りドッグフード:栄養スープの素」があります。須崎動物病院の院長先生が監修なさっているサイトで、ご覧になったことがある方も多いと思います。

 このページに「自然界では、動物たちは具合が悪くなったら葉っぱを食べて、一番最近食べたものを吐き出して断食をして身体を浄化させようとするのです」と書いてあるのが印象に残っています。

 私たちは「なんとか、ひとくちでも食べてほしい」と願って食事を用意して、ワンちゃんの口の近くまで持っていくこともあります。
ワンちゃんは、自分が何の病気か知らないし、具合が悪いときは食べないことで体力を温存して具合が良くなったら食べるつもりなのでしょう。
ここで気持ちがすれ違ってしまうこともあるかもしれませんね。
「私は食べたくないのに、なんでおかあさんは食べさせようとするのかしら」と思ってるかもしれません。

 一過性の下痢や風邪ならば、それほど心配しないけど腎不全で食欲がない場合は、放っておくわけにはいきませんよね。
好きなもの、なんとか食べられるもの、あれこれ考えます。

「なんで食べさせようとするのかしら」という気持ちだけではなく「食べるとおかあさんは喜ぶから、なんとか食べてみようかな」という気持ちもあるのかなあ・・・と時々感じます。

 食事については、病院の先生は殆どアドバイスしてくださらず、「腎不全のワンちゃんは食べないですよ」とだけ言われて、すごく落ち込んだこともありました。
信頼関係がなくなるのではないかと、そのときは思いました。 今は、先生には食事療法のことまで考えたり勉強したりする余裕がないのだと思っています。

 さて、話は変わります。
 少しでも快適に暮らせたら、少しでも具合が良くなったらと未来ちゃんのことを考えているのですが、何かを決めるのは飼い主である私ですね。
 未来ちゃんにとって一番いいことなのか、ストレスにならないか、その判断を間違いたくないという気持ちがあります。未来ちゃんは自分では薬も治療法も選べないからです。
なんだか当たり前のことを書いているなあと思いますが、「自分は最善のことをしている」という自己満足に陥らないようにしよう、そんなことを今日は考えました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

薬が増えました

 今日は「ビックリ」がいくつかありました。最初のビックリは、未来ちゃんが久しぶりに朝食をしっかり食べたことです。
 朝、散歩のあとで台所まで来て、「今日は食べられそう」という視線を送ってきました。おっ!そうなの。よしよし、すぐに用意しようね。
豚挽肉とキャベツの煮物、ブリの残り、ご飯と納豆。少しずつ食べました。
最初から全部を器に入れてしまうと食べないのです。味が混ざるのが嫌なのか?そこまで気になるのか、うーん・・・分かりませんが順番に食べるんです。

 次のビックリは、病院でのできごと。
ちょうど薬(ベナゼプリル)がなくなったことを先生に申し上げると、今まで2分の1錠だったけど1錠にしましょうと言われました。
僧帽弁閉鎖不全症と診断されてから、ずーっと薬を飲んできましたが、昨秋転院してから未来ちゃんの症状はそれほど重くないので、薬を減らしましょうということになったのです。
カプトプリルからベナゼプリルになり、1錠から2分の1錠になり、現在に至ります。
2分の1錠にするとき先生は、もう飲まなくても大丈夫かもしれないが突然止めるのは良くないからとおっしゃいました。
 今回また1錠に戻すのは、腎不全の治療としてACE阻害薬(ベナゼプリルのこと)は有効なので飲み続けたほうがいいから。
なんでも講習会に行って、腎不全治療についての発表を聞いて方針を変えたそうです。
 1週間くらいしたら未来ちゃんの血圧を測ってみましょうと言われて、ん??血圧??と、またビックリ。ベナゼプリルは降圧剤なので血圧を下げるわけですが、ワンちゃんの血圧を測るというのはあまり聞いたことがなかったのです。どんな器具を使うのだろう?

 薬について整理してみます。
今回処方されたのはフォルテコールという薬でノバルティスアニマルヘルス株式会社の製品です。Webサイトはここです。→ノバルティス
フォルテコールは商品名で、薬の名前はベナゼプリルです。
 上記のリンクページにある 「フォルテコール2.5mg添付文書」をクリックするとPDF文書が開きます。読んでみて、おや?と思ったところが「効能または効果」です。
「犬:僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全の症状の改善」「猫:慢性腎不全における尿蛋白の漏出抑制」と書いてあります。
腎不全の薬としては猫用だけど、犬にも効くということでしょうか。

 さてさて、腎臓は小さな濾過器「ネフロン」と呼ばれるものがたくさん集まっており、それで血液を濾過して、老廃物を尿の中に排泄しています。ネフロンは一度損傷を受けると再生しないため、残っているネフロンに負担がかかり、残っているネフロンも損傷していきます。
腎不全は、とにかく進行を遅らせることが大切なわけですね。

 ここからは、ノバルティス社の引用です。
↓↓
慢性腎臓病になると、残ったネフロンは機能を失ったネフロンの分まで働こうと無理をするため、ネフロンにある糸球体の血圧が高くなります。
糸球体の血圧が高い状態が続くと、やがて残ったネフロンも壊れてしまいます。
こうなると残ったネフロンに負担がかかり、さらにネフロンが壊れる悪循環をひき起こします。
ACE阻害剤というお薬は、全身の血圧および腎臓の中の血圧を下げるお薬です。
血圧を下げることで、残っているネフロンの負担を軽くし、蛋白がおしっこの中に漏れるのを防いだり、ネフロンが壊れるのを防いで、慢性腎臓病の進行を遅らせます。
↑↑
ここまで

 えーと「ACE」というのは「アンジオテンシン変換酵素」のこと。Googleなどで調べるとすぐに出てきます。
 私の頭の中では「僧帽弁閉鎖不全症を改善する薬」と「腎不全の進行を遅らせる薬」は別のものでした。が、「血圧を下げる」という点において、同じだったわけです。
わ~! 恥ずかしい。よく分かってなかったのね。とほほ

 胃酸を抑える薬も処方していただきました。今までは輸液の中に時々入れてもらっていました。でも「毎日」ではないので、薬を飲ませるよう頑張ることにしました。
ファモチジンという薬を1.5錠です。とりあえず1日1回です。順調に服用できれば1日2回にする予定。
 今日は点滴のスピードが遅く、最初の500ccがなかなか終わらなくて未来ちゃんのストレスがかなりのところまできていたので500ccで止めました。明日夕方また行きます。

 帰宅して、お水とミルクを飲んで未来ちゃんはお昼寝。私は仕事と言いたいところですが、くたびれたので気分転換。
地元のカフェでコーヒー飲んで、100円ショップで買い物(安上がり)

 今日の薬は無事に飲みました。夕飯のイワシに包んで、手の上にのせて「はいっ」
これが毎日となると、なかなかうまくいかないのです。
長文になったので、いったんここで終わります。あとでもうひとつ記事を書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

甘えん坊

 

今日は、砂肝をゆでて細かく切ったのをフードの上にトッピングしました。なるべく細かく切って混ぜないと、トッピングだけ食べてしまいます。
あれ?食べないの?大好きな砂肝だよん。
その上目遣いは、何かなあ? 手にのせて食べさせて~!と言ってるように見えるのだけど・・・、こらこら自分で食べなさい。
しばらく 知らん顔してました。うーん、ダメかなあ。するとポリポリと食べる音がして、やれやれ、よかった。
 でも途中で 「もう要らない」モード。そこで昨日と同じ「ご飯と納豆」を手にのせて・・・ん??ややや、これでは未来ちゃんの思うつぼ?
なんだかおかしくて笑ってしまう。はい、どうぞ。
今日もカロリー的には全然足りないですが、なんとか無事に夕食は終わりました。
 


 
 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

尿検査

 昨日に引き続き、暖かい日でした。約1ヶ月ぶりに尿検査をして頂きました。
比重は1.030 でした。1月の比重が1.027 2月は1.025でしたので少し良くなっていました。
尿を濾過、濃縮する機能が低下してしまうと、薄い尿しか作ることができなくなり比重は低下します。正常な範囲は 1.015~1.045で、この範囲から出たことはありませんが、検査の度に少しずつ値は異なっています。
 25%しか残っていない腎臓機能は、必死でフル回転しているのでしょうか。

 体重は、なんとか 11.9キロをキープ。
あまり食べていませんが、運動量が少ないことやミルクなどで水分を補っているせいかもしれません。お腹のゴロゴロ音が聞こえると先生がおっしゃったので、ブスコパンを輸液に入れていただきました。

 今日の夕食はアニモンダのフード50グラムくらい。トッピングが茹でたブリ。あともう少しで完食なのに、「もう要らないよ~」
 でも、まだ何か食べたいよ~と目で訴えていました。こういうときは、チャンス!
炭水化物系のものをあげよう。発芽玄米を混ぜて炊いたご飯を小さなお団子のように丸めて納豆を2粒くらいのせて、「はい、どうぞ」
ぱくっ!と食べました。よっしゃ!(心の中でガッツポーズ)
お団子にしたのを5つくらい食べました。今日だけかも?
 りんごは2日間だけのマイブームでした。パンケーキも今朝は全く食べませんでした。
さて明日は、何にしようかな。←← こんなことを書ける日は、余裕があるのですが、時々何かに八つ当たりしたくなるようなこともあります。 食べられないのは仕方がないと分かっていても常に冷静でいられるほど私は人間ができてないのでーす。
言っちゃった~!
 アニモンダ社のサンプルを輸入元に送ってみたところ、色の違いは心配ないとの回答を頂きました。よかった!輸入再開まで、なんとかサンプルで繋ぐことができればいいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

お好み焼き

 こんばんは。いろいろな時刻にブログを書いているので「昨日」「今日」の区別が曖昧なことがあります。ごめんなさい。
 久しぶりに写真もアップしてみます。

昨日の朝、焼いたパンケーキ
Pancake


今晩焼いた、お好み焼き
Okonomiyaki


なかなかカメラを向かない未来ちゃん
March2009


 お好み焼きは小麦粉を使いたいけれど、最近の「腸の状態」を考えて米粉にしました。あとは山芋、卵、キャベツ、お水を混ぜて豚肉を焼いた上にのせて、ジュー・・・
写真は大きく見えますが、20センチのフライパンです。

 残った分は私の夕食になるから、いいんだ~!と気楽に考えて、未来ちゃんの器に入れてみました。豚肉の部分は食べるのですが、お肉がなくなると食べるのも止めてしまいました。そこでお肉だけ別に焼いておいたのと混ぜて、手にのせてあげてみました。
 「うーん、特別美味しいというほどではないね~」と言ってるような表情。途中で「もう要らない」と食べるのを止めてしまいました。ドライフードは数粒だけ、ポリポリ。
りんごを1個の8分の1くらい食べました。カロリー的には足りないですが、まあとにかく食べたのでよかった。
 山芋を入れて焼くと米粉のお好み焼きもなかなか美味しいです。グー!

 腎臓ケアフードを食べているときに、本当はお肉なんぞ食べるとよくないのです。わかっちゃいるけど、ドライフードだけではカロリーが全然足りなくて体力もつきません。
卵は「リン」を沢山含んでいるし、リンゴはカリウムが多いですね。量が少ないので神経質にならなくてもいいと思いつつ、「食品成分表」とにらめっこしています。

 最後の写真は、このノートです。手のひらに載るサイズです。
Note


 このノートは未来ちゃんが何を食べたか、ウンチはどうか、など書いてあります。真面目に毎日毎日書いてはいません(正直!)
 書かない日があってもとにかく続けることに価値があると、途中で気付きました。時々読み返すと、下痢の原因はコレかも?とか、体重が減少するときの特徴とか、こんな日もあったんだとか、いろいろ見えることがあります。

 体重といえば、12キロを記録してから、11.9キロになりました。100グラムくらい気にしない、気にしないと思いつつ、少し気にしています。上記のノートを見ると12キロの大台に乗ったあとは、必ず11.8→11.6→11.5のように、減っているのです。原因は下痢。
 下痢の原因になりそうなものは、断固排除するのだ~!おーっ!
今日は暖かい1日でした。病院で未来ちゃんの足を触った先生が、「おっ、今日は足が暖かい」とおっしゃったのが嬉しくて、春になったんだなあと思いました。
 腎不全のワンちゃん、シニアのワンちゃん、暖かくなると共に体調が良くなるといいですね。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

突然のドカ食い

 前回の記事で殆ど食べないと書きましたが、その翌日は「ドカ食い」でした。器に入れたフードを完食し、「もっとないの?」と要求するくらい食べる日が「たまに」あります。
突然勢いよく食べると、その反動で吐いてしまうので「もっと食べられる!」という表情を見ながら途中でストップしました。少し時間をおいてからのほうがいいようです。

 今日は突然、リンゴを食べました。今まで見向きもしなかったので驚きました。
未来ちゃんが、リンゴを食べる?そんなこと、あっぷる?
(あ~アホなこと書いてる)

 久しぶりにパンケーキを焼きました。米粉(上新粉)と、卵黄と、ワンちゃん用粉ミルクと、水を混ぜてフライパンで焼きます。無塩バターを塗ってあげると、殆ど完食しました。
以前にも作ったことがあるのですが、あまり好評ではなかったのでしばらく止めていました。
パンケーキを食べるのなら、これにキャベツと肉を混ぜてお好み焼きにしたらどうかなあ?明日トライしてみよう。

 腎不全のワンちゃんと暮らしている方々、昨日食べたものを今日食べないとか、何をあげても拒否されるとか、突然食べるとか、毎日毎日試行錯誤ですね。
魚、肉、野菜などいろいろ用意するのも大変で、時々なんというか、心が折れそうになるような、ため息が出るようなことがあります。 息抜きをしながら、気長にトライするしかないようです。

 前回アニモンダ社のフードについて書きましたが、電話の対応はとてもよかったです。私の書き方が中途半端で誤解されてしまうかも・・・と思ったので補足しておきますね。
サンプルを沢山送って頂いたことには、とても感謝しているし、電話対応も誠実でした。飼い主としては、製品についてきちんと知っておきたい、曖昧な点を残したくないというだけです。このフードのおかげで、未来ちゃんの体調は以前より良くなったのでなんとか輸入再開になればと思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

強風の朝

 今朝の「風」は、すごかったですね。台風並でした。電車は止まってるし、道路は混んでるし、病院の先生方、看護士さんたちは無事に着いたかしらん?と思いつつ、到着すると皆さまお揃いでした。

 朝は、ミルクのみでした。夕食は、カツオ、豚ハツ、ブリ、など少しずつ出してみましたが、どれも「いらなーい」でした。アニモンダのフードも数粒しか食べず。
ワンちゃん用のミルクは、50cc飲みました。カロリー的には、全然足りません。
焦ってもしょうがないので、明日に期待。

 アニモンダのフードは、サンプル(1袋60グラム)を食べています。輸入元のジャーマンペット事業部に電話で問い合わせたときに、サンプルを送りましょうと言ってくださったことは以前、書きました。
 サンプルの袋に入っているフードの色は、薄い茶色で、それまで食べていたフードが焦茶色だったのでビックリしました。
問い合わせてみたら、
「ドライフードの最終製造段階では、スプレーでドライフードに油を噴霧しているため、 スプレーからの距離により、ムラが生じてしまいます。その為、油の吹き付け具合で、多少粒の色が変わる場合もございます」という回答でした。
 あまり違うようならば、返送してくださいとのことですので、1袋送ってみようかなと思っています。

 サンプルなので、10袋くらい届くのかな?と思っていたら、なんと100袋くらい届いて本当にビックリしました。もしかして、古いんじゃない?などと思ってしまいました。
全くもう、私は疑い深いですね。賞味期限は今年の8月でした。よかった・・・
 今まで開けた分は、すべて薄い茶色でした。明日は違うかな、などと思っているうちに日が経ったのですが、そろそろ送ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

しみじみ

 今日は仕事が終わってから、ダッシュで帰宅して病院へ行きました。間に合った~!
点滴をしているときの未来ちゃんは、少し緊張しておとなしく診察台の上で立っています。お座りしてもいいんだよ、とお座りさせようとしても「立ってるほうがいい」と主張するかのように30分以上立っています。
 私は横の椅子に座って、時々未来ちゃんに話しかけて時間を過ごしています。未来ちゃんが「ねえ、おかあさん」と言うみたいに首をかしげると「ん?何?」と返事をします。
「早く帰りたいなあ」「そうだね、もうちょっと頑張ろうね、いい子だね」といつも同じような会話をしています。この瞬間を切り取って保存できればいいのに。
 いろいろなことを考えたり、思い出したりしていると、涙が出てきたりして慌てます。どうも涙腺が弱くなってしまったなあ。

 2人で窓の外を眺めていました。暗くても外を見たがります。
未来ちゃん、よく頑張ってるよね。じっとガマンして立ってる。とても健気に見えて、また涙腺がゆるんでしまう。とほほ・・・
 健康が一番。何よりも大切。それを実感しますが、未来ちゃんとの距離は、以前よりも今のほうがずっと近いとも思います。

 今日の体重が、ちょうど12キロでした。12キロになったのは3回目ですが、いつも続きません。なんとか12キロになって喜んだら、直後に下痢をして減ってしまうというようなことを繰り返しているので、勝手に「12キロの法則」などと呼んでいます。
 病院から帰ってきて、夕食。お腹が空いていたのか、茹でたイワシをトッピングしたフードを60グラムくらい食べました。
 今日も無事に過ぎてよかった。1日1日を大切に生きよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

食べないときの表情や仕草

 こんにちは。今日は食べないときのパターンをいくつか書いてみます。
■何か食べたそうな雰囲気なので、手にのせたり、器に入れて出してみると匂いを嗅いで顔を「フン」と背ける。
■「何も要らない」モード全開で、呼んでも近づいてこない。
■ 「フン」と顔を背けると、どうも飼い主がガックリくるようなので、遠い目をして玄関のほうを見つめる。
■口に入れた途端、ぺっと吐きだして自分の場所に逃げるように戻る。
■ご飯には関心を示さず、さっき散歩に行ったばかりなのに、また散歩に行こうと誘う。

 最後の「散歩に誘う」ときは、私の「少しでもいいから食べてほしい」気持ちが強すぎて逆にプレッシャーになってるのかなあと思います。反省・・・
平常心でいるように心がけること、それ自体が平常心ではないよーな気がするけど、焦らないようにしなくちゃ。

 人間も具合が悪いときに、例えば麺類ならば食べられそうと思って口に入れたら、美味しくなくて食べられなかった・・・てなことがあります。ワンちゃんも食べたい気持ちはあるけれど匂いを嗅いだら食べる気をなくしてしまうのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

薬を飲むのが苦手

 おはようございます。深夜から朝になってしまいました。今日も雨のようです。太陽が恋しい。
 昨日は胃酸を抑える薬を点滴に入れてもらったのですが、夕方になってから再びゲボゲボと黄色い液を吐きました。ちょっと心配。
夕食は、アニモンダのフード50グラムくらいと茹でた豚肉を少し食べました。
 日々の食事もあれこれ悩みますが、薬をどうやって飲ませるかも悩みます。そのままパクッと口に入れてくれるワンちゃんもいますが、未来ちゃんはできません。何かに包んであげればいいのですが、その「何か」を食べなかったら薬はゴミ箱行き~!となります。
 以前は、チーズをほんの少しだけ、パンをほんの少しだけ、薬を包むだけの分量をちぎってそれに入れてました。ところが、どうもそういう食べ物が下痢の原因になっているようなんです。
 ほんの少しならば問題なかった食べ物に未来ちゃんの腸が過敏に反応するかのように下痢をします。先日のシンプルゴートミルクやアニモンダのウェットフードまで下痢の原因だったかどうか、分かりませぬが、もう一度試す勇気はありません。
 トッピングにうまく混ぜても、器用に避けることもあります。とほほ・・・
ピルクラッシャーで潰して、ワンコ用ミルクに混ぜる方法は最後までミルクを飲み干さない場合、薬も残ります。さて、今日はどの方法にしようか。
 しばらく写真もない、味気ない文面になりそう。読んでくださってありがとうございます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

胃液と胆汁

 未来ちゃんは朝の散歩の前に全く何も食べず、水も飲みません。散歩が終わらないと何も口にしないという彼女なりのルールがあるようです。何を出しても駄目で絶対に口を開けません。子犬の頃は、違ったなあ。
 空っぽの胃袋のまま散歩に行くせいなのか、途中で黄色い液体を吐くことがあります。胃液と胆汁が混ざって泡が出ているようなもので、最初見たときはビックリしました。腎不全と診断されてからのことです。
 毎日ではなく、時々ですが本人的にはあまり辛くないのか??帰宅してから、水やミルクを飲んでけろっとしています。
 輸液に胃酸を抑える薬を入れて頂いても、長時間は効かないので時々「げぼっ・・・」
私は「どきっ」
 下痢は治りました。ウンチ品評会に出場したいくらい、いいウンチです!
食欲は、相変わらずです。夕べはアニモンダのフードは30グラムくらいしか食べませんでした。でも茹でた砂肝は嬉しそうに食べていたので、マイブームが毎日コロコロ変わるという状態です。
 今日も時間に追われる1日になりそう。病院にも行かなくては。私自身の生活、気持ちを安定させないとね。分かっちゃいるけど、なかなか難しい。
それでは、また深夜に??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

血液検査の結果(3/5)

 おはようございます。千葉はまたまた雨です。
血液検査は3項目についてのみ調べていただきました。
BUN→ 70, クレアチニン→ 1.9, リン→ 4.5
 印刷されたものを見て、あ~!またBUNが上がったと思ったのですが、クレアチニンが2.0を切っているのを見て、「わっ!ほんと?」と驚きました。
昨年12月からずっと2.0を上回っていたので、この値が下がったのは嬉しかった!

 BUNは120まで上がって、一度下がりましたが、また上昇中であります。
血液検査の結果と未来ちゃんの食欲は、あまり関係がないですね。とにかく長期戦なので焦らずに取り組んでいきましょう。

 仕事の予定がタイトになってきて、少しドタバタしております。落ち着いたら、またいろいろ書きますね。
皆さまのワンちゃんの体調が少しでも良くなりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

少し復活

 昨日、病院からの帰り道、未来ちゃんがウンチのポーズをしたと思ったら、かなりの下痢でした。ありゃっ!
 夜のお散歩でも、またまた下痢。夕食は全く食べませんでした。
こういうときは、前日何を食べたっけ?と思い出すのですが、前日は殆ど食べていません。アニモンダのウエットフードを2口くらい。あれが原因?まさか~。
 今日も朝から下痢で、朝は全く食べませんでした。でも夜は、排便なしだったので少し治ってきたようです。
ミルクを50cc飲んで、ドライフードを50グラムくらい食べました。

 すねてるのかなと思ったけど、体調が悪くなる前兆だったのかなあ。
未来ちゃん、ごめんね。
 例のミルクも体に合わなかったのかもしれない。原料は全て国産、合成保存料なども全く使っていないとのことで安心していました。

 体調が急変することは、これから何度もあると思います。今回は軽かったけど、何が起こるか分かりません。
私は、自分の気持ちをコントロールできるように、ドーンと構えていられるように(そんな~!無理や~!)今から、自分に言い聞かせておこう。
・・・と日記(ブログ)に書けば、少しは覚悟もできるかな。(^-^)

| | コメント (0)

2009年3月 2日 (月)

本日のハプニング

 千葉は、9日ぶりの快晴でした。
久しぶりの日差しが嬉しいのは、犬も猫も人間も一緒ですね(みんな動物だ!)。
でも明日から、またお天気は下り坂。週間予報を見ると「晴マーク」は全くありません。
しょぼーん・・・

 現在通っている病院は月曜日が休診日なので、行きたくても行けません。
 スタッフの方々は出勤して、入院中の動物たちの処置や手術をしていらっしゃるのですが、診察はお休みなのです。だから、月曜日は朝から「何も起こりませんように」と祈る気持ちです。

 で、本日の月曜日は無事に終わりつつあるのか??
それがね~ なんちゅうか・・・本中華(古過ぎる)
「なんなんだ!」 と叫びそうになったのでした。

 朝の散歩から帰ってきて、森永のミルクをお湯で溶いてあげました。シンプルゴートミルクは全く混ぜなかったのです。でも、飲みませんでした。
えっ??未来ちゃん、いつものだよ。指先にミルクを付けて口元に持って行くと、ぺろぺろ舐めるのですが、器のミルクは飲まない。うーん・・・
 夕方の散歩のあとも飲みません。夕食は、食べるかなあ。少し心配しつつ、本日届いたアニモンダのウェットフードを用意しました。美味しそうな匂いがします。
 未来ちゃんの反応は 「あれ?これは初めて食べるわ」でした。でも2口くらいしか食べません。うーん、ドライはどうかな。これも数粒だけ食べておしまい。
「もういらなーい」と、顔を背けてしまいました。

 急に具合が悪くなったのか(そうは見えないですが)
昨日のミルク事件から、勝手にすねてるのか? 何かこう、ケチが付いたみたいに。
なんなんだ~!頭を掻きむしっている自分。

 食事を食べないこと自体には、だいぶ慣れてきたといいますか、明日がある!と気持ちを切り替えることがかなりできるようになりました。
今回は、なんか違うような気がしたのです。
 男の子のワンちゃんと暮らしたことがないので、なんとも言えませんが、私の勝手な感想を申し上げると、未来ちゃんは時々「すねる」のであります。
私が女だから、そう見えてしまうのか?
 飼い主が言いなりになるわけにはいかないので、私は知らんぷりをするのですが、腎不全と診断されてからは、だいぶ甘くなっているなあと時々思っていました。
 これを食べないなら、こっちは?ということを繰り返していたわけですし、多少食欲があるときでも、待っていれば次が出てくると学習していますね。

 でもね、それを気にしていたら腎不全がどうのこうの、よりも栄養失調で死んでしまう!と危機感があってエンゲル係数が飛躍的に上がるのにドキドキしながら、いろいろな食材を買いまくり、試しまくってきたわけです。
 あれ??一度乗り越えたはずなのに、なんだか堂々巡りしてますなあ。
うーん・・・気分を変えて、仕事しよう。

 考えているうちに、今度は心配になってきました。前回の血液検査から2週間経っているので、明日は調べてもらおうかな。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

ミルクの味

 未来ちゃんは「シンプルゴートミルク」を飲みませんでした。溶けやすくて、いい匂いがして、これはバッチリかも!と期待していたので残念です。
 クンクンと匂いを嗅いで、「フン」と顔を背けてしまいました。あらら・・・
それでは、いつもの森永ミルクを作ってみよう。すると今度は飲みました。

♪♪ダバダ~ 違いが分かるワンコのミルク・・・♪♪

 高かったんだぞ~、これ! 130グラム2,200円などと言ってもしょうがないし、次回は少しだけ混ぜてみようと思ったのでした。
 そして今朝、混ぜてみたら少し飲んで、途中で止めてしまいました。とほほ
そんなに違うのかあ・・・

 朝は殆ど食べないので、ミルクはとっても貴重な水分源なのです。

 昨日、皮下注射を1000cc入れて頂きました。静脈注射と違い、皮下注射なら未来ちゃんの体格で1000ccは大丈夫と言われたのです。2日間、病院に行けないという話から、こうなったのですが本人(本犬)的にはどうなんでしょうか。
 尿の量がかなり多くなった以外は、特に何もありませんでした。次回は、また800ccにしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »