« これまでの経緯(その2) | トップページ | 心臓と腎臓 »

2009年2月 1日 (日)

腎不全という診断

 今お世話になっている病院で「腎不全の疑いがある」から「腎不全であると言っていいでしょう」へと変わったのは、血液検査で「クレアチニン」の値が上がったからでした。
 消化器で出血しているとか、どこかに腫瘍があってもBUNの値は上がるそうです。慢性腎不全もあるが、他の病気から腎不全も悪化しているという場合もあるそうです。
 腎不全は「病名」ではなく「状態」なので、シニア犬の加齢による慢性腎不全であると言い切ることは難しいのだと思います。

 では、もっと検査するか・・・ですが、腎臓の細胞を採取するには、全身麻酔をしなくてはならないと聞いて諦めました。未来ちゃんの心臓を考えると怖くてできません。
今のところ、血液検査と尿検査のみです。 
 今日も点滴に行ってきました。病院だと静かにしてるなあ・・・家でもあんなふうにできないものか。今月点滴に行った回数は13回でした。家で点滴できたら増やせるのにと思うと焦ります。

 今日の食事は、茹でた鳥レバーとサツマイモを潰して混ぜたもの、米粉のパンケーキです。量は少ないですが、突然食べたのでビックリしました。
米粉のパンケーキは、あっさりしていて美味しいので、私がはまってしまいました。

 2日間冷たい雨と風で、気持ちまで暗くなりそうでした。気分転換もしないとね。

今日の写真は、猫のクロベェです。未来ちゃんの世話をする時間が多いと「ヤキモチ」を焼いてこんな顔になってしまいます。
Yakimochi

|

« これまでの経緯(その2) | トップページ | 心臓と腎臓 »

コメント

リキは家に帰ってきました。検査の結果は測定不能だった数値が測定できる数値になっただけで芳しいものではありませんでした。1年前くらいから首の回りの毛がぬけはじめ、副腎皮質ホルモンの分泌異常ということで治療していましたが、暮れから食欲がなくなり、1月8日に受診したところ、慢性腎不全と診断されました。それから毎日2週間補液の注射に通い、一度は正常値になって喜んだのもつかの間、たった2日でさらに悪化してしまい、入院することになりました。昨日流動食を20CCほど与えてみましたが、口にいれるのは嫌な様子でした。吐き気止めと胃酸を抑える薬を飲ませてからはおとなしく寝ていましたが、朝になったら何回か吐いたようでした。外に連れて行くとオシッコはいっぱいだしてくれるのが救いです。今日から家で補液の注射をしています。リキには抗う元気もありません。みゅうさんももう1度トライしてみては?ちなみにリキはまだ9歳です。

投稿: リキママ | 2009年2月 1日 (日) 13時09分

リキママさんへ
読みながら泣いてしまいました。とても心配です。自宅での補液注射でリキちゃんの具合が少しでも良くなるといいのですが。
看病で疲れていらっしゃると思います。
リキママさんご自身も大切になさってください。千葉からお祈りしています。

投稿: みゅう | 2009年2月 1日 (日) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531795/43918775

この記事へのトラックバック一覧です: 腎不全という診断:

« これまでの経緯(その2) | トップページ | 心臓と腎臓 »