« これまでの経緯(その1) | トップページ | 腎不全という診断 »

2009年1月29日 (木)

これまでの経緯(その2)

 昨日の続きです。ネットでタクシー会社の電話番号を調べて、数社に電話しました。ケージに入る猫や小型犬ならいいが、そのまま乗せるのは駄目だと予想通りの答えが続きました。うーん、困った・・・。
 車内を汚さないのならば、いいと言ってくださったタクシー会社がありました。バスタオルでくるんで抱っこしますからお願いしますと何度も言って、迎えに来て頂くことができました。
 24時間対応の動物病院に着いて、カルテを作成するための紙に記入、少し待って診察。後ろ足が立たなかった未来ちゃんは、その頃にはヨロヨロしながらも立つことができました。
検査をしなくてはならないので、入院することになり、私は1人でタクシーに乗って帰宅。

 殆ど眠ることができずに翌朝になり、仕事に行きました。病院に電話をして経過を聞くと血液検査の結果が良くない、ご飯を食べないなど、現状を教えてくださいましたが、何が原因なのかは今のところ分からないとのことでした。
 夜、帰宅してから面会に行きました。エリザベスカラーを付けた未来ちゃんは、私に気付いて家に帰れると思ったらしく、弱々しく尻尾を振りました。

 病院で3泊して、10月25日(土)の午後に退院。診断は「馬尾症候群」でした。今考えれば、どうして「腎臓」という言葉が一言も出てこなかったのか不思議です。また何故血液検査の結果をすぐに見せて頂くことができなかったのかも不思議ですし、私自身が「見せてください」と言うべきだったのに、何をしていたのだろうと情けなくなります。
 入院は、未来ちゃんにとって大きなストレスでした。避妊手術以外、一度も入院したこともなく、具合が悪い状態のまま、突然入院となったので無理もありません。
帰宅しても何も食べず、ぐったりしていました。

 その後、数回同じ病院に通いました。神経の先生に診てもらったらどうかと言われて、予約を入れました。レントゲンだけでは、神経は分からないからと言われると確かにその通りですから、診ていただくことにしたのです。
 未来ちゃんを抱えて片足で歩かせたり、さまざまなことを試して数時間かかりました。結果としては、頭のすぐ後ろのあたりを押すと痛がるので、ここに原因があるのではないかということでした。もっと詳しく調べるならMRIと言われましたが、私の頭は混乱していました。
 入院した10月22日から、11月の5日あたりまで、私の記憶はぐちゃぐちゃです。手帳を見ると病院に行った日は、きちんと書いてありますが何をどう判断していいのか分からなくて途方に暮れていました。

 その病院までペットタクシーを利用していましたが、待って頂く間にも課金されるので1回で1万円かかるし、今後どうなることだろうと不安でした。
 そのペットタクシーの運転手さんが、私の家から近いところにある動物病院の話をしてくださいました。開業してから1年も経っていないが、腕のいい先生だということでした。
セカンドオピニオンを聞きに行こうと決めて、電話をして予約をし、話を聞いていただきました。きちんと対応してくださったのと、家から近いということで、転院したい気持ちがどんどん強くなっていきました。
 入院していた病院には事情を話して、血液検査の結果やレントゲン写真のデータを頂きました。その前に未来ちゃんが通院していた病院にも事情を話しました。

 そして11月7日に未来ちゃんを連れていきました。血液検査をしてすぐに「腎不全の可能性が高い」という診断になったのです。
皮下注射が始まり、今に至ります。
 だいぶ端折りました。細かく書くのは非常にしんどいので、だんだん大まかになってしまいました。ごめんなさい。

 血液検査のみで「腎不全である」と診断するのは難しいため、その後も「腎不全の疑いがある」という診断が続きました。腎不全にも種類があるので、もっと詳しく調べるには腎臓の細胞を採取する必要があります。
 でも私はそこまでは希望しませんでした。腎不全であることは間違いない段階になってきたので、あとは点滴と食事で少しでも小康状態を保つように頑張ることにしました。

 読みにくい文章になってしまいました。補足したいことが後から出てくると思いますので、また機会があったら書きますね。
 未来ちゃんは、食欲がありません。昨日は、鳥の砂肝を初めて食べて歯応えが気に入ったようでしたが、今日は全く食べませんでした。
米粉で作ったパンケーキに無塩バターを塗って、少しずつちぎってあげてみると、数切れ食べました。
 昨年の秋、全く食欲がない時期に未来ちゃんの命を繋いだのは「成犬用粉ミルク」です。一時期、飲まなくなったのですが、昨日久しぶりに作ってみると喜んで飲みました。今日も飲んだので粉ミルクの復活です。
 今日は病院で点滴800cc。病院だと諦めるのか、点滴が終わるまでなんとか大人しくしています。早く春になってほしいなあ。

Milk

|

« これまでの経緯(その1) | トップページ | 腎不全という診断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531795/43897513

この記事へのトラックバック一覧です: これまでの経緯(その2):

« これまでの経緯(その1) | トップページ | 腎不全という診断 »