悠太

2016年12月18日 (日)

悠太の尻尾

こんばんは。昨日の朝までは冷え込んでいましたが、今日から暖かくなるそうです。
でもね、12月なのに最高気温が16度とか、17度とか、そんな予想を聞くと違和感アリです。
冬は寒いほうがいいな。

今日のタイトル「悠太の尻尾」については、最後のほうに書いてあります。

昨日は霜柱をザクザクと踏みながらお散歩。原っぱは草刈りが進んで、広くなりました。ありがたいことです。
陽射しが出てから暖かくなり、江戸川方面まで足を延ばしました。

下まで降りてみました。なんだか嬉しそう。

Edogawawalk20161217

休憩中

Fineday20161217

いつものペロン

Peron20161217

歩いたり走ったり、かなり運動しましたが、新太にとっては「こんなのは運動に入らない」という感じです。さすがセター(今更言うか・・・)

帰宅してご飯食べたら、バタンキュー。爆睡してましたので少しは疲れたのかな?

自分の限界を考えずに走るから、オーバーワークにならないよう、人間が気を付けないとね。

悠太のことを何度も思い出しています。
そういえば、1年2ヶ月の間、食欲がなかったのは最後の最後だけだったなあ。
朝が弱かったから、朝食は少なめだったけど夜はモリモリ食べていたなあ。

悠太はセンターに収容されるとき、普通に立派な尻尾があったそうです。
でも何があったのか、引き取るときは短い尻尾でした。
CACIの代表がセンターの職員さんに聞いても分からない、自分で自分の尻尾を噛み切ったのではないかと言われたそうです。

でも、悠太と暮らしてそれは違うと思いました。
何かがあったのだ。悠太、痛かっただろうな。

芝犬の尻尾は、フサフサのはずだもんね。
写真は今年3月にお尻のイボを取る手術をした直後のもの。

Yutashippo

今日も読んでくださってありがとうございます。
安全で楽しい週末をお過ごしください。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2016年12月15日 (木)

悠太、また会おうね

おはようございます。今朝は家に私しか居ません。
新太は保育園で昨日からお泊まりです。大晦日から2泊3日で預かって頂くための予行演習です。
私は大丈夫だろうと思っているのですが、保育園側から練習しておいたほうがいいと言われると首を縦に振るしかなくて、お願いしました(またお金がかかる~などと思ってしまうのでした)
予約したときは、私と悠太でのんびり過ごそうと思っていました。まさか旅立ってしまうなんて想像もできませんでした。

昨日はシェルターでワンズのお散歩、お世話をしてから帰宅。1人ぼっちの夜でした。

保育園からメールで簡単な報告を頂きました。食事は完食、トイレも問題なし。
新太が保育園で他の子と遊んでいる様子を動画に撮ってくださいました。
一番張り切って楽しそうに遊んでいる、走り回ってるのが新太でした。久しぶりの保育園だから嬉しかったのでしょう。
今日お迎えに行きます。

新太と悠太は昨年10月に出会った頃は、お互い唸っていました。
時間の経過と共に唸ることはなくなりましたが、仲良くなることもなく、お互いマイペースでした。一緒に遊ぶことは無理だったので仕方がないと思います。

悠太が旅立った後、新太は淡々としているように見えました。匂いを嗅いで終わり。
新太が冷たいというわけではなく、たぶん普通の行動なのだと思います。

新太はよく分かっていました。
悠太の後ろ足が動かなくなってからは、食事のときに介護が必要となりました。
自分の食事が終わってからもケージの中にいて、悠太の食事が終わるまで待っていました。指示したわけではありません。新太のケージの扉は開いたままです。

私が新太のケージまで行って空っぽのフードボウルを下げると出てきました。
それが習慣になり、1日たりとも例外はなく続いていました。

そして悠太が旅立った翌日から、新太は食事が終わると自分から出てくるようになりました。そうか・・・そうだよね、今までありがとう。

悠太を引き取った日、とても臭かったのを覚えています。
連れて帰ってすぐにシャンプーしました。匂いはマシになりましたが、見た目は非常に良くない。伸び放題の毛が原因。

早く病院で検査して耳掃除もしてもらおう!と数日後に連れて行ったのですが、どうも先生の対応が冷たい・・・(初めて行く病院でした)
受付で保護犬であることを伝えて、問診票にも書いたのですが伝わっていなかったのか、先生が見落としたのか?なんだか歓迎されていないような雰囲気でした。
何だろう?帰り道あれこれ考えたのを覚えています。

どうも犬の世話をしないダメ飼主がボロボロの老犬を連れてきたと思われていたようです。
そこでCACIのブログ記事を印刷して持っていき、説明しました。
先生がすごく優しくなって、これまたビックリ仰天しました。
(追記:看護師さんは一貫して誠実で優しかったです)

たぶん外で飼われていた悠太は、部屋の中でフリーにするとあちこちをウンチだらけにして、オシッコを引っかけるのでありました。
ケージに入れるとギャン吠えして、水入れをひっくり返し、タオルの上にウンチをして踏みまくるし、後ろ足がヨロヨロしているのでケージに当たるし、あの頃は毎日がスリリングで心配でもありました。

周りが柔らかいサークルを購入してからも、行動はあまり変わりませんでしたが、ぶつかっても転んでも怪我をする心配がなくなりました。

あの頃が懐かしい。この先どうなるんだろうと思いつつ、頑張るしかないぞ~と自分に言い聞かせていたあの頃。とにかく必死でした。

私の一番の悩みは、私自身の気持ちでした。
ちゃんと世話しなくちゃという使命感、義務感が凄く強いということに自分で気付きました。
愛情よりも強かったと思います。CACIから預かった犬です。
だから、懸命に世話をしました。
愛情はその中で少しずつ芽生えていきました。

もう少し時間が欲しかった。本格的な介護はまだこれからだったから。
悠太に見限られたのかな。
悠太の前の飼主さんは、もしかしたら亡くなっていて悠太も逝きたくなったのかな。

想像しても何の解決にもならないし、言葉にしたいという人間のどうしようもない欲求をなかなか抑えられません。

新太がドライヤー好きになったのは、悠太のおかげ。
犬は犬に学ぶ。
悠太の無駄吠え、要求吠えが減ったのは新太のおかげ。

どこでも寝てしまう悠太

Yutasleepy

毛が伸びるのが早い。すぐにライオン丸になってしまう悠太

Lionmaruyuta

悠太、また会おうね。
センターやシェルターにいるワンちゃんたちに赤い糸が見つかるよう、応援してね。
私も前を向くから。

今日も読んでくださってありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2016年12月14日 (水)

悠太、ありがとう

こんにちは。今日はお休みです。夕べからの雨が止んだり、降ったりを繰り返しています。

12月12日(月)悠太が虹の橋を渡りました。
日曜日の夜から状態はどんどん悪くなり、朝出勤するときに覚悟しました。
どうしても休めない仕事でした。

帰宅したのが18時半。間に合いませんでした。
体を触ると まだ暖かいし、柔らかい。
ギリギリまで頑張ったんだね。側に居てあげることができなくてごめんね。

腎臓病が突然悪化したとは思えないのです。
先月の血液検査は、BUNが少し高め(といっても40台)でCREは正常範囲でした。
1度も嘔吐せず、下痢も最後の1回だけ。
土曜日の朝までフードボウルから食事を取り、日曜日はスプーンとシリンジ、月曜日の朝もシリンジから少し食べました。

腎臓のことばかり考えていた私は、まだまだ大丈夫と思っていたのです。
勝手な思い上がりだったのか・・・

悠太、虹の橋に無事に着いた?
美味しいもの沢山食べて、思い切り走るんだよ。
いろんなことを教えてくれた悠太、ありがとう。

今年は帰省しなくてはならないので悠太をどこかに預ける必要がありました。
普段お世話になっている病院は年末年始のみの預かりをしていません。
他の病院にお願いして決まったのが土曜日でした。

具合が悪くなった日曜日、今度のシェルター当番は休ませてもらおうと思っていました。
あんなこと、こんなこと、心配していたことを分かっていたかのように逝ってしまいました。
単なる偶然かもしれません。
でも「そんなに気を遣わなくてもよかったのに」と思ってしまいます。

写真は、まだなんとか立てていた頃の悠太。

Memoryyuta01

先月、病院での血液検査のあと眠ったところを看護師さんが撮影
後ろ足は完全に麻痺していて、まっすぐになっています。

Yutahospital

昨日お別れの直前
もっと沢山のお花を入れてあげたかったけど、時間もお金もなくて、これが精一杯でした。

Goobyyuta

今日も読んでくださってありがとうございました。
明日も悠太のことを書きます。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2016年6月 7日 (火)

土と草が好き

こんにちは。今日は早く家を出る日なので少しだけ更新。

昨日新太のお散歩をルート変更したのは、私と悠太の都合でした。

最近ますます後ろ足が弱ってきた悠太は、サークルの中でうまく歩くことができません。
マンションから1番近い公園は、土はあっても草が殆ど生えていないのでカートに乗って少し離れた公園まで来ました。

ここはどちらかというと、原っぱに近いかな。

あー疲れた。さっそく休憩。

Restingyuta20160606

ちょっと立ってみよう!

Standingyuta20160606

よいしょ!右の後ろ足がとても不安定です。

Yutawalk20160606

支えながら、ツーショット。わっ!私のスニーカー汚いね。

Issyo20160606

先週から服用しているステロイドのせいでオシッコの量がますます増えました。
あまり効果はなかったので、ステロイドは減らしながら止めることになりました。

変性性脊髄症でも椎間板ヘルニアでもなく、やっぱり老化のせいかな。
MRIを撮ることについては先生も消極的でした。
食欲もあるし、どこを触っても痛がることもないし、このまま穏やかに過ごせるようにサポートしていきたいです。

悠太は、たぶんお家の外で飼われていたのだと推測しています。
お庭でフリーだったのかもしれません。
好きなところでオシッコできて、気ままに歩いていたのかな。

可愛がられていたのではないかとよく思います。
芝犬の血が流れている保護犬なので、もしかしたら歯を当ててきたり、唸ったりするかなと昨年引き取ったときに注意深く観察しましたが、そんなことは一度もなく、どこを触っても大丈夫です。
目薬、飲み薬、おむつ、なんでもOKです。
フードの中に入っているビオフェルミンをはじき飛ばして食べません。
美味しいものを貰っていたのかな?
お薬は何かに包めば大丈夫。

可愛がられていたのに、なんで?と思いますよね。
想像するしかないのですが、高齢の飼主さんが亡くなり、世話をする人がいなくなって家族や親類が捨てたのかもしれません。

そういうケースは珍しくはなく、今後も増えていくと思います。
亡くなった人の家族が愛護センターに持ち込むこともあり、犬の名前すら知らなかったという例もありました。
悲しいね・・・

悠太、のんびり、ゆっくり過ごそう。
いつもそう思っているのですが、どうしても新太が優先となるし、サークル内でのお世話に時間も取られてしまうし、「わっ!時間がない!」てなことになります。

1日の時間配分を見直してベストを尽くそう。

たまには悠太の写真だけアップしよう。

今日も読んでくださってありがとうございます。
安全に楽しく過ごせますように。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2016年5月21日 (土)

悠太の後ろ足

こんにちは。昨日は涼しい1日でした。最高気温が20度以下だったとニュースで知ってビックリ。
今日は、また暑くなるようですが、仕事から帰る時刻には涼しくなるから、何を着て行くか迷う毎日です。

舛添知事の記者会見、テレビで見て 「なんじゃ、これは!」と怒り爆発。
あ、いかん、いかん。私が家の中で突然怒ったら、新太や悠太は混乱してしまう。
うーん、あんな逃げ方で許されると思っているのかな。

今日は写真を2枚しか撮りませんでした。そのうちの1枚。

Morning20160521

朝露で私も新太も、足がびっしょり濡れました。
早朝は涼しくて気持ちよかったね。川沿いの道も歩きました。

今日のタイトルは「悠太の後ろ足」です。
昨年引き取ったときから、後ろ足が弱っていましたが、ハーネスとリードで短いお散歩もできるし、ベランダだと滑ることなくウロウロできる状態が続いていました。

ところが、1週間前くらいから「右の後ろ足」に力が入らなくなり、ベランダでも尻餅をついて斜めに座ってしまうようになりました。
前足は全く問題なく、食欲もあり、すごく元気ではあります。

サークルの中では右に傾きながら歩く、伏せる、歩く、伏せるを繰り返しています。

今までも病院で悠太の後ろ足については何度か質問してきました。
答えは「老化によるもの」
でもね、今回の右後ろ足は突然進行だなあという印象なので、来週また病院に行ってみよう。

今日も読んでくださってありがとうございます。
安全で楽しい1日を過ごせますように。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2016年5月 4日 (水)

最近の悠太

こんにちは。早朝から暴風雨でしたが、雨は止み、少しずつ青空が見えてきました。
GW中、今日だけお休み。シェルターに行く日です。

久しぶりに悠太の近況報告。
元気にしています。腎臓の数値も安定していて、食欲もバッチリ。

昨日ベランダで撮影した写真。
悠太は体長は新太よりも短いけれど、首から肩にかけてはガッシリしています。

ほらね。

Yuta20160503

新太と並んでみると・・・ね?びっくり。

Arata_yuta20160503

悠太はベランダでは、ハーネスも首輪も着けていません。
ベランダの床は不思議なくらい滑らなくて、悠太は私の力を借りなくても立っていることができます。
疲れるとペタンと座ります。

あっ、悠太の毛色が変わったように見えますね。黒いのは毛先だけなので夏向けにカットしたら、ブラウンに近い色となりました。

さて、今日は忙しいぞ~!
暑くなりそうなので涼しげな写真を。

Scilla20160502

シラーという花だそうです。種類があって、これはベルビア。
原っぱの近くに咲いていました。

今日も読んでくださってありがとうございます。
安全で楽しい1日でありますように。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2016年3月17日 (木)

悠太の手術は無事終了

おはようございます。今日は20度近くまで気温が上がるようです。
暖かくなるのが嬉しい気持ちと、お散歩は寒いほうがいいという気持ちと両方です。

悠太の手術は無事に終了し、昨日迎えに行ってきました。

肛門にできていた腫瘍は、目に見えるもの以外に2つもあり、合計3つ摘出。ついでに尻尾の横にできていた脂肪の塊も取ってくださいました。

去勢してよかったと思ったのは、睾丸の大きさが左右異なっていて、そのうえ「腫瘍化」していたと分かったから。
悠太君、これで寿命がかなり延びたかもよ。

迎えに行くと、エリザベスカラーを付けられておとなしくしていました。
うーん、これは病院だからかな?

バギーに乗せたとたん、ギャン吠えしながらエリザベスカラーを拒否。
一時的に取ると、一瞬おとなしくなりました。

またバギーの中でドタバタ。

ぷーん・・・
ん?この香りは・・・
ウンチをガマンしてたのかな。そうか、そうか、そりゃ仕方ないね。
バギーの中にシーツを敷き詰めていたので大丈夫!と言いたいところですが、手術跡に付いたら嫌なので、途中で確認。
暗くてよく分からない。急ごう~!少しガマンしてね~

帰宅してからお尻を確認。大丈夫。
人間の「赤ちゃんおしりふき」を重宝しています。
抜糸は1週間後です。

ご飯食べてからは、爆睡してました。
写真を撮る余裕もなく、ポニーテールのような尻尾写真は次回にお預け。

新太は昨日、公園に行きました。
仲良しのワンちゃんに会えたけど、こちらも写真はなくて、あら残念。

では過去の写真。
朝食後、くつろいでいるところ。だんだん陽射しも入らなくなってきましたね。
もうすぐベランダに出ないと陽射しを浴びることができなくなります。

Kyukei2016march

今日も読んでくださってありがとうございます。
安全で楽しい1日でありますように。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2016年3月11日 (金)

悠太の肛門周囲腺腫

こんにちは。雪が降るかもという予報でしたが、雪ではなく冷たい小雨でした。
お散歩中ずっと降っていましたが、新太と元気いっぱいに走ってきました。

今日は3月11日
東日本大震災から5年。
5年前、都内で仕事中でした。帰宅できないと覚悟しましたが、23時を過ぎてから都営線が動いたので途中まで乗り、あとは14号線をひたすら歩きました。

未来とクロベェが待ってる。とにかく帰りたい。
パンプスを脱ぎ捨てて、裸足で歩きたい!と思いましたが、ガマンしてテクテク。人の列がずっと続いていて走ることもできず、テクテク。

着いた!午前3時頃だったかな。正確な時間は忘れてしまいました。
玄関のドアを開けて飛び込むように家の中へ。

無事でよかった。抱きしめた感触を今も覚えています。

何年経っても家族を亡くした方々は悲しくてやりきれないと思います。

少しずつ復興が進んでいる場所、原発事故のため、5年前と殆ど変わらない場所。

国は何もしてくれない。
生き残った方々が必死に努力してきた5年間。

テレビで沢山の特集が組まれているようですが、当時の映像はあまり見たくない。
現地の方々に寄り添うような、暖かい番組なら見たいけど・・・

さて、今日のタイトルは「悠太の肛門周囲腺腫」です。
去勢していない男の子、それもシニアのワンちゃんの肛門にできる腫瘍です。
引き取ったときからありました。
小さなイボ状です。

腎臓が弱っているから手術して除去するのは難しいと言われて様子を見てきました。
大きくならないなら、このままでもいいかなと思っていましたが、少し大きくなってきました。
先生も「切除するなら、今」と仰るので手術することにしました。

大きくなってしまうと肛門の筋肉も一緒に切除することになってしまいます。
そうすると・・・分かりますね。
常にウンチが出てしまう状態になります。言葉は良くないけど垂れ流し状態。

BUNとCREは麻酔に耐えられるくらい下がっているので、たぶん大丈夫だろうと先生が仰るので決めました。
再発しないように、去勢もしなくてはいけないそうです。

予定は来週の15日。
いつもは、のんびり行こうね~悠太♪ ですが、手術は頑張ろうね~♪

本日の写真です。

ヒヨドリの鳴き声がしたので振り向きました。

Coldmorning20160311

来たよ~! 写真の左側です。

Fun0119

ほんの1秒差くらいの写真ですが、こっちは必死の表情!

Ganba20160311

今日も読んでくださってありがとうございます。
寒い金曜日になりそうですが、楽しい1日を!

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2015年11月17日 (火)

青空とバギー

こんばんは。また日付が変わってしまいました。
11月16日(月)のできごとです。

青空!

Sunshine20151116

シラサギが逃げて行ってしまったよ。悔しい!
舞い降りてくるかと思ったのですが、飛んで行ってしまいました。

Kuyashii20151116

さて、昨日は悠太をバギーに乗せて病院へ行きました。目的は耳掃除と洗浄。
自宅でも市販のシートを使って拭いていますが、奥のほうまではきれいにできません。
来週もう1度行かなくちゃ。

バギーに乗ると、お顔もよく見えますよ。いいお天気でよかったね。

Yutaonbuggy20151116

1頭病院に行くだけで、時間に追われてしまいます。朝ご飯食べるヒマがない~!
でもこのご機嫌な表情見たら、私も笑顔になりました。

水曜日のお休みまで、あともう少し。
今日も新太、悠太、クロベェに会いに来てくださってありがとうございます。
安全で楽しい1日でありますように。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2015年11月 3日 (火)

よく見ている

こんにちは。今日は朝からいいお天気。気持ちのいいお散歩ができました。

たたずむ姿。何を考えているのかな。たぶん、観察しているだけ。

Arata20151103

向こう側に鳥が居るよ!
たぶん、もういない。飛んで行ってしまったから。

Otherside20151103

しかし、諦められず。
「来い!」と言うと、あっち側を気にしながら走ってきます。

Chase20151103

居るんだよ~!一緒に何往復したことか。
「来い」と言ったときに、私が鳥を見つけたと思ったみたいでものすごいスピードで飛ぶように走ってきて、アクセルターンしました。

Again220151103

今日のタイトル「よく見ている」は、悠太の行動のことです。

悠太がわが家に来て、最初の1週間は悠太と新太は互いが見えないように段ボールで高い仕切りをしていました。
悠太がすごく吠えるので、バレバレでしたけど。

今は、互いが少し見えます。
新太がケージに入って横になると、悠太もすごく静かになって横になります。
夜鳴きは、今もありません。

悠太は耳が殆ど聞こえていないので、起床のときはシンクロしないけどね。
目は、まあまあ見えているようです。光にも反応します。

年齢差が開きすぎているし、一緒に遊ぶのも無理なので、それぞれのペースを尊重して全て完全に別行動です。
今のところツーショットなども全然考えていません。
焦る必要もないし、人間の欲望は弊害になるし、3頭が穏やかに過ごせるのが1番。
それぞれが私と1対1で過ごせる時間を確実に確保して、しばらくこのままでいこう。

あっ、またレッスンの続きを書けなかった。申し訳ありません。
明日、お休みなので書けるかな。

今日も新太、悠太、クロベェに会いに来てくださってありがとうございます。
安全で楽しい1日でありますように。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧