躾・トレーニング

2016年6月 6日 (月)

5/29 レッスン (2)

こんにちは。関東地方も梅雨入りし、今日はどんよりとした曇り空です。気温は低めなのでクールネックも不要でした。

飼主の都合で、原っぱへは行かずに市民運動場に直行。

Cloudy20160606

この写真だけ見ると大型犬!という印象ですが、実際は18キロ台の小柄なセターです。

Boyarata20160606

あーあ、飛んで行っちゃった!

Ohno20160606

さて、レッスンの続きです。
「待て」の練習を2種類行いました。前回書いた、「座れ→伏せ→待て」と指示して、犬の前に回って 「待て」と言いながら後ろに下がる。
いったん停止し、今度は「待て」と言いながら、犬の前に戻る。正面まで来て「よし」で解除してトリーツを与える。

普通、コマンドは「連呼」しないほうがいいですね。
なかなか座らない犬に対して「座れ!座れ!」と繰り返しません。
でも上記の「待て」は連呼してもいいと言われました。解除するまで何もしてはいけないから。

そしてもうひとつの「待て」を練習したのですが・・・
ありゃ?詳細が思い出せない。うーん、うーん。期待を持たせて待たせる方法なのですが、えーと、どうやったのだっけ?
ひとつめの最後の最後までご褒美をあげない方法ではなかったような気がします。
ややこしかったので、私は最後にやらせてくださいと申し上げた記憶があります。
やれやれ・・・一緒に参加した人に聞いてみよう。
中途半端で申し訳ありません。

さて、カプチーノ君が何度もくしゃみをしたので、質問が出ました。
「どうして何回もくしゃみをするのですか?」
「フードのカスが鼻に入ったのでしょう」という答えでした。

そうなのかな?
私が思い出したのが、以前DogActuallyに載っていたボディランゲージのこと。
記事はこちらです。→「犬たちのボディランゲージ

もしかしたら、本当にフードのカスが鼻に入ったのかもしれないし、反論するつもりは全くありませんでしたが、「落ち着け、自分」という意味ではないかなあと思ってはいました。

その後、シェルターに来たばかりの「ムクリン」との接し方を教わりました。
ムクリンは、センターに居たとき人を噛んでしまったことがあります。
噛まれた人は何も考えずに、安易にムクリンに近付き過ぎました。
たぶんムクリンは噛む前に、サインを出していたと思うのですが気付かなかったのでしょう。

まずは、シェルターは安心して過ごせる場所であること、世話をする人間たちは優しい人たち、おやつをくれる人たちであることを理解してもらうことから始めましょうと先生に言われました。
お散歩はリーダーやトレーナーさんのみが行きます。

この日は目を合わさず、名前も呼ばず、知らん顔して座っていました。
先生がリードを持ってムクリンと歩き、おやつをあげ、少し落ち着いてから私たちが座っている場所まで来ました。
時間の経過とともに、「名前は呼ばず、優しく声をかけておやつをあげる」ことを交代で行いました。

あれから1週間以上経ちました。
今月は最後の週になるまでシェルターに行けないので、私自身の感想はお預けになってしまいます。
時間がかかっても、きっと安心して人間と過ごせるようになると信じています。

今日も読んでくださってありがとうございます。
悠太のことも書きたいし、新太の保育園でのことも書きたいけれど、焦らず少しずつアップします。

安全に楽しく過ごせますように。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2016年6月 4日 (土)

5/29 レッスン (1)

こんにちは。天気予報を見ると、晴れるのは今日までで明日からは雨が多くなるみたいです。そろそろ梅雨入りかな?

土手から数メートル離れたところに咲いているガクアジサイ。きれいに選定しているなあと感心しながら眺めています。もっと花が増えるかな。

Ajisai20160604

今日は5/29にシェルターで行われたレッスンについてです。

レッスンが始まる前、カプチーノ(レッスンに参加するポインター・男の子)にリードを付けて先生が自分の左に付かせていたとき、あっ、それを教わりたい!と私は咄嗟にリクエストしました。

新太の場合、私が指先にフードを持って誘導しながら左側に来させることはできますが、なかなかピタッと「付く」まではいきません。
少し離れて斜めに座ったり、横向いて座ったり、信号待ちしているときに「あら可愛い」なんて言われたら立ってしまいます。

カプチーノ君とコマンドなしで左横に付かせる練習を繰り返しました。
彼は付くことを理解しているので完全に失敗することはありませんが、きちんとやらないとお尻が少し離れます。

リードを持って少しだけ歩き、左側に誘導して止まり、もう少しリードを自分のほうに引きます。
後ろから見ている先生が「よし、今」と仰ったときに誉めてトリーツをあげます。
自分からはカプチーノの体がどこまで付いているのか、座っているお尻はどこにあるのか見えません。
他の人が行っているときに後ろから見ていると、タイミングなどがすごくよく分かるので勉強になります。とっても楽しかった。

途中で質問が出ました。「なぜ左に付かせるのですか?」

昔、犬に真っ暗なトンネルを歩かせるという実験をしたら、90%以上の犬が自分の右側にトンネルの壁面が来るように歩いたそうです。
また、戦場に犬を連れて行った時代、人間の盾になるよう左側に付かせたそうです。

ということは、10%の犬は自分の左側に壁面が来るように歩いたわけですね?
そう、右利き、左利きと同じで分かれたのでしょう と先生は仰いました。

基本は左に付かせるけれど、右でも左でも付くようにトレーニングしたほうがいいと先生は仰いました。
ふむふむ、あっ!そうだ。あのフードボウルを使ったトレーニング!
私は思い出して質問しました。
やはり、左右両方でトレーニングしないといけないそうです。

帰宅してからフードで右側に誘導して座らせようとしたら、新太は「は?」という表情をしてすぐに動かないのでした。
うーむ、そうか。そういう柔軟性を求めてはイカンのだ。

おっと話が逸れました。
左側に付かせる練習は、その後、人間が90度ずつ動き、その都度カプチーノが左側に付くよう誘導し、付いたらトリーツをあげるということを数回繰り返しました。

次に行ったのは「待て」の練習。
以前もやりましたが、復習を兼ねてもう一度。

自分の左側に座らせて、その場で「伏せ」
カプチーノが伏せたら、回り込んで正面に来てから「待て」と言いながら、後ろに下がります。
下がった場所から今度は戻りながら「待て」を繰り返し、正面まで戻ってきたら「よし」で解除します。
この「待て」は人間が解除するまで、他の一切のことをしてはいけない。犬にとっては「伏せて待つのみ」です。

私と新太にとっては、このトレーニングは「ステイ」に似ています。
私はステイの次は「よし、来い」で解除していますが、上記の「待て」は「待て」とコマンドを出した人間が「必ず」元の場所に戻ってから解除すること、というのがルールです。

長くなりそうなので、また続きは次回に書きますね。

写真を撮った曜日はバラバラです。すべて今月に入ってから。

鳩が居るのですが、なかなか舞い降りてきません。

Find_hato20160601

人には慣れていない鳩ばかりで、新太と私が運動場から出ると・・・
あら、こんなところにいたの?
少し歩いて振り向くと、次々と運動場向かって飛んでいきました。

Getaway20160602

何を見ていたのか忘れてしまいました。

Gokigen20160602

今朝、原っぱでの写真。走っている姿はブレブレなので、後姿となりました。

Morning20160604

今日も読んでくださってありがとうございます。
安全に楽しく過ごせますように。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2016年5月23日 (月)

本能 VS 人間が教えて学習すること

こんにちは。今日は30度を超えるようですね。朝から気温上昇中。

原っぱに行くと、風が気持ちいい。

Fun0155

それーっ!

Run20160523

昨日書いた記事を読み返したら、コンパクトにまとめ過ぎて、今まであった小さな出来事や感じたことがすっ飛んでいるなあと思いました。
限られた時間で書いているので、どうしても端折ってしまいます。
今度は「鳥シリーズ」にしようかな。

以前参加した、ワンコの幼稚園無料体験の後、お金を払って預けてみました。
幼稚園と思っていたら、「保育園」でした。
トレーニングがメインではなく、預かりがメインで、様子を見ながら他のワンちゃんと同じ部屋で遊ばせたり、トレーナーさんと遊んだりします。
毎週決まった曜日にきちんと通えるわけではなく、不規則に飛び飛びに、4回通って終了。
金銭的にはこれが精一杯でした。

また改めて記事にしますね。

今日のタイトルは「本能 VS 人間が教えて学習すること」です。
この言葉は保育園の園長先生が「本能 VS 学習」と仰っていたのを私が少し言葉を追加したものです。

本能よりも学習が勝つ、というのが園長先生の持論。
私もそう思いますが、地道にコツコツやらないと無理だと思います。

この「地道にコツコツ」が簡単にできるのなら、誰も苦労はしないのでありまして、「まあ、こんなところでいいんじゃない?」と妥協したら、そこでおしまい。

でも妥協が全て悪いとも思わないのです。
トレーニング犬を目指しているわけではないので。

例えば「座れ」が家の中でできるようになった。
これをバージョンアップして、外でも座れるようにする。飼主の目の前で座っても、外ではあまり役に立たないので、左側に着いて座れるようにする。
公園に鳩が飛んできたら、「座れ」で座れるようにする。座ったら、「いいよ」で追ってもいいことにする。

最後のはあくまで例ですが、積み上げていくというのは、根気、努力、感情のコントロール、いろいろ必要ですね。

「座れ」ひとつ例にとっても、とても奥が深いのでありますが、新太は鳩が飛んできたときに座ることはできません。
「カム」という指示は聞こえていて、こちらに来ますがそれが限界。

交差点で信号を待っているときに座ることはできても、それは興奮していないから。

犬は一度にひとつのことしか学習できないので、そこををうまく利用して、時間をかけてコツコツやればいいさ。と考えています。
何ヶ月かかってもいいから、いつでもどこでも「座れ」の一言で必ず座れるようにする。
こんな感じでいこうかなと考えています。

本当は書きたいことが沢山あるのですが、思い付くまま入力してしまいました。
時間が欲しいなあ。時間は作るもの? はい、そのとおりですね。

今日も読んでくださってありがとうございます。
安全で楽しい1日を過ごせますように。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2016年5月 7日 (土)

左右の区別

こんにちは。風がとても強い朝です。

原っぱに行ったら、きれいに草が刈ってあり、セイタカアワダチソウは影も形もありませんでした。びっくりしました。
地主さん?おじいさん?全て手作業で刈るのは大変だったはず。
この場所を使わせて頂いている私たちは感謝しなくては。

逆光ですが、お気に入り。

Kusakari20160507

ブレました。楽しそうに走っています。

Fun0150

川沿いをテクテク歩き、柵がないところまで来ました。
カワウが羽を乾かしているのをじっと見つめる新太。

Kawau20160507

まだこれから行くところがあるので、固執せず先へ。

着いたよ!

Niceplace20160507

今日は鳥はいなくて、景色を見て興奮しているようでした。
何度も写真のように河口を見たがるので新太を抱っこして景色を見せました。
あ~重かった。

今日のタイトルは「左右の区別」
歩くときやトレーニングのとき、「おやつをあげる手」と「リードを持つ手」は別。
「おやつをあげる手」と「頭を撫でる手」は別。

私の場合はおやつをあげるのは常に左手。リードは右手。頭を撫でるのも右手。

これは常に心がけていないと、おやつをあげた手で撫でそうになったりします。
シェルターでのレッスンでも、よく先生の声が飛んできました。

新太はご褒美やおやつは左手から出るものだと学習してるので、必ず左手を見るようになりました。

左右の区別で最近驚いたことがひとつ。

2月末に犬とフードボウルと人間が三角形になるようにして、1度人間のいるところまで来させてから、フードに誘導するという練習をしました。
過去記事は、こちらです。→2/28のレッスン

今もこの練習を続けていて、フードボウルをどんどん近付けています。
先日ふっと思い付いて、フードボウルと私の位置を逆にしてみました。
今までは新太から見て左側にフードボウルがあったのを右に変えたのです。

すると、いつもなら座って待っているのに、いきなり行こうとしました。
えっ?えっ?そうなるの?
「あ・あ・あ」で止めてから座らせてやり直し。

左にあるときは、すぐに食べてはイカンけど、右にあるときは未経験だったから?
また次回の質問が増えました。楽しみだなあ。

今日も読んでくださってありがとうございます。
安全で楽しい1日でありますように。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2016年5月 1日 (日)

「名前」も「コマンド」

こんにちは。今日は暑くなりそうです。
そろそろヤギミルクシャーベットを作ろうかな。

いつもの通り、原っぱへ。
朝露でびしょ濡れですが、涼しくなってちょうどいいようです。

Nakigoe20160401

あっちへ行ったぞ!あまり本気ではない走り。

Fun0145

と思っていたら、真剣になってきました。

Run20160501

原っぱの次は、川沿い歩き。
今日はシラサギ、アオサギ、カワウ、カルガモ と揃っていました。
こんな風にじっと見つめているときは、一緒に見つめる時間を取ってから「カム」と言うと来ます。
川沿いを歩くようになってから、いろいろ発見もありました。

Riverside20160501

今日のタイトルは「名前」も「コマンド」です。

ワンコ幼稚園の園長先生が仰っていたこと。

ワンちゃんの名前を呼ぶとき、多くの人は呼び戻しのように、自分がいるところまで来てほしいと思って呼んでいることが多い。

ところが、人間の子どもに接するときのように「名前を呼んでから、コマンド」を発する人も多い。

例えば、「タロー、待て」 と言ったとしたら
「タロー」は「おいで」と同じように使っているわけだから、「おいで、待て」と立て続けに言ってることになり、犬は混乱する。

「タロー、NO」と言ったら、「おいで、ダメ」になってしまう。

「名前もひとつのコマンドです」と仰るのを聞いて、おおお、なるほどそうかと頷きました。

今まで自分で心がけてきたのは・・・

・名前を呼ぶときは、いいことがあるときだけ(呼ばれたあと、おやつが出てくるなど)
・名前を呼んで無視されてしまうとよくないから、できる限り呼ばないでこちらを向くように舌で軽く音を出したりする。

この2つを心がけてきました。
でも「名前もコマンド」という概念をきちんと持っていなかったなあ。

とてもスッキリしたのでした。

今日も読んでくださってありがとうございます。
安全で楽しい1日でありますように。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2016年4月30日 (土)

ケージそれともフリー?

こんにちは。朝からいいお天気です。真っ青な空。うーん気持ちいい。

眩しいね。

Fineday20160430

かなりゴキゲンのようです。

Gokigen20160430

いつもの休憩

Kyukei20160430

原っぱの近くに咲いているツツジ。まだ花が増えそうで楽しみです。

Tutuji20160430

今日は、今までよく質問されたことのひとつ
「新太君はお留守番中はフリーにしてるの?」についてです。

他のお家ではどうしているのだろう?と気になることってありますね。この質問をよく頂くということは、気になる方が多いのかもしれませぬ。

新太はお留守番中はケージの中です。
歩いて10分のところにあるコンビニに行くくらいならば、フリーですが、仕事に出かけるときは必ずケージに入ってお留守番です。

「うちはお留守番はケージです」と答えると、間髪入れずに「うちはフリー」と仰る方が多く、そんなに慌てて即答しなくてもいいのですけど・・・・と不思議に思うことがあります。

フリーにしていて何の問題もないのであれば、いいと思いますし、あくまで各ご家庭で決めるのがイチバンだと思っています。

ただし、人間が勝手に
・ケージでお留守番させるのは可愛そうだから
・フリーのほうが嬉しいのに決まってるから(←これも擬人化だなあ)

という理由で決めるのは、おかしいのではないかと私は思います。

1日中ケージに閉じ込めているとしたら、そりゃ虐待にも繋がりますが、ケージの中で落ち着いてお留守番できるというのは、いいことだと思います。

私が自宅にいるときでもPCに向かって長時間仕事をするようなときは、新太はケージの中です。
一緒に遊んだり、トレーニングしたりする時間になると、ケージから出してたっぷり遊びます。

飼主は仕事中、自分はフリーだけどやることがない、そういう状態ならばケージの空間で寝そべっているほうが新太は落ち着いています。

パピーの頃から一緒に暮らしていて、ケージもクレートも大丈夫。家族が誰かいつも家にいるし、フリーにしても大丈夫。
というような理想的なお家は少ないのではないかと想像しますが、どうなんだろう?

前述したようにこれは家庭によって異なるので、あくまでわが家の場合を書きました。

私が仕事を終えて帰宅した後は、フリーです。
寝るときはケージの中ではなく、私の足元で寝ています。

いつも同じパターンなので、私が出かける前になると「ハウス」と言わなくても入ります。
おりこうさん!と言いたいところですが、おやつが出てくると分かってるからでもあります。

わが家はこれでいい、今はそう考えています。

今日も読んでくださってありがとうございます。
安全でいい1日でありますように。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2016年4月29日 (金)

新太自身にとってのメリット、いいこと

こんにちは。昨日のお散歩は朝も夜も雨でした。気温が低めなのは良かったけれど、ちょっとつまらなかったね。

昨日の朝。濡れても平気なので、少し走りました。

Wet20160428

今朝は晴れていたので、張り切って出かけました。暑くなるかなあ?

Sun20160429

でも雲が多くて、風が強くて少し変なお天気。原っぱ 東の空。

Sky20160429

雨の翌日は、走る走る。おじいさんに会えて嬉しい!

Fun0144

川沿いを歩きました。ここは初めて来てみました。釣り船がたくさん。

Turibune20160429

ゴールデンウィークの初日なんですね。
自分には関係ないので、皆さんどこに行くのかなあと不思議に思ったり、家で過ごす人も多いのではないかなあと思ったり。
あ、仕事には関係あります。この期間は、ゴールデンウィークを快適に過ごしたい人のために働いてるようなもんです。

さて、今日のタイトルは「新太自身にとってのメリット、いいこと」です。

おやつは絶対的にいいもの・・・と書きましたが、実は当てはまらないワンコもいます。
現在シェルターにいる子たちの中にもいます。
お散歩途中、ちょっと休憩しておやつをあげたいのですが見向きもしません。
鼻の近くにジャーキーを近付けてみても関心なし。
シェルターに戻ってきてからも変わらず。

一緒に歩いている人間に意識がなかなか向きません。最初よりほんの少しだけ意識してくれているかなあ??と感じることがありますので、少しずつですね。

その子は女の子。散歩中楽しそうに見えることもあります。
暑くなってきて舌を出して、ハアハアしていると口角が上がるので笑顔に見えるのかもしれません。
こういう場面は、人間が「楽しければいいな」とか「楽しそうだな」とか自分の感情を投影してしまうので、本当のところ楽しいのか?どこまで楽しいのかはワンコにしか分からないのではないかとよく思います。

もしかしたら「これくらいの散歩じゃつまんないわ!暑いわ!」 だけかもしれないのです。
彼女にとっての「いいこと」は何だろう?
それが分かれば、トレーニングに使えるのに。

セターが散歩中に鳥や猫を見つけて興奮するとき、こりゃ楽しいのではなく、本能のままに興奮しているだけではなかろうかと思ったりします。

理屈っぽいことを書いて3日目。今日で一段落します。

あらゆることが全てのワンちゃんに当てはまるとは思わないですし、犬種、年齢、個体差によっても異なることがあると思います。

新太の場合はどうなんだろう。

彼はご褒美大好きなので、コマンド通りに行動するといいことがあると理解しています。
トリーツが出てくるというのは、彼にとって 「いいこと」

新太がわが家に来た頃は、まだ様子を伺っている最中でお散歩のときあまり引っ張りませんでした。
慣れてくるとだんだん引っ張るようになります。
つい、私も早足になってしまいました。
こういう場合、自分が早く歩いて引っ張れば、飼主も早く歩いてくれる、と1回で学習してしまいます。
新太にとっては「メリット、いいこと」だったわけです。
いいことは繰り返し行うことで定着します。しかし、これは飼主にとってはいいことではありません。

犬と人間は違う。とても奥が深いといいますか、擬人化してしまうと、見えなくなってしまうと思うのです。
犬が自分にとって「いいこと」「メリット」と思うのは、人間が考えていることとは違う場合があるかもしれませんし、まだまだ人間は気付いていないのではなかろーか。

来月のレッスンで自分の体験を元に質問してみよう。まだ1ヶ月先です。
質問するには、きちんと説明できるようにしておかないとね。

擬人化のことは、また来月書くことに致します。

今日も読んでくださってありがとうございます。
お休みの方もお仕事の方も安全でいい1日を過ごせますように。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2016年4月27日 (水)

新太にとって嬉しいこと

こんにちは。昨日は冷房が入っているお店、電車の中で「ああ涼しい」とホッとしました。
職場では「冷房は、まだダメ」なので「暑い~!」と言いながら仕事をしていました。
今日は曇りだから、昨日ほどは気温が上がらないようです。

昨日「新太にとって楽しいこと」を書いて、自分で読み返して、「うーん、なんか違う」と思いました。
書きたいことを文章にするのがうまくいかないときは、熟すまで待つのがイチバン。

でも書くことで無自覚だったことを自覚できることもあるなあ・・・と思い直したり。

今日のタイトルは「嬉しいこと」
楽しいことも嬉しいことも、似たようなもんだと思いつつ、分けてみました。書いてる本人もまだ迷っております。
もうひとつタイトルを候補にあげるとしたら
「新太自身が自分にとってメリットだと判断すること」かな。

飼主の機嫌がいいと、犬も嬉しい。
飼主に誉められたら、犬は嬉しい。

どのくらい嬉しいのだろう。尻尾ブンブン、笑顔ニコニコだから、とても嬉しい?

だいぶ前に、シェルターでのトレーニング中
「おやつは、ツール」と先生が仰ったことを最近繰り返し思い出します。

誉められたら嬉しいだろうけど、おやつも必要。
コマンド通りにやったら、美味しいものが出てきたぞ!という「絶対的にいいこと」が必要。

言葉だけで誉めて嬉しそうにしているワンコの気持ちを「嬉しい」と表現してもいいのだけど、「犬は嬉しいのに違いない」と考えているのはあくまで人間なのでした。

人間は言葉をかけてもらっただけで嬉しくなったり、ほっとしたり、救われたりします。
でも犬は、コマンド通りに行動したら美味しいものが出てきて、飼主の機嫌もよくて、自分にとっていいことがあるから、そのコマンドをすぐに学習するんだよね。

私は自分が無自覚なところで、まだまだ犬を擬人化しているような気がするのです。

おっと、また時間切れになりそう。
今日はお休みなのですが、いろいろ用事があり、シェルターに行く日でもあるので、また書きますね。

昨日と今日の写真です。

走っている写真を見るとね、やっぱり楽しそう~!

Fun0141

一緒に走ると楽しい。

Fun0142

明日は雨だから、今日たくさん走ろう。

Fun0143

2016年 4月もうすぐ終わり。

Fun0140

疲れたから休憩。この表情を見て笑ってしまいました。

Kyukei20160427

川辺にいたシラサギ

Riverside20160427

川沿いの散歩道はかなり長く、緑も多いです。

Riverside20160426

このとき川には、川鵜(カワウ)が居て魚を獲っていました。潜ったり頭を出したりするカワウがいると、新太は夢中になります。
川の反対側にはお友だちのパウダーちゃん(ゴールデンの女の子)が歩いていて、パパさんが私たちを見つけてくださいました。
走ってこちらまで来てくださったのですが、新太はカワウに夢中。
可笑しいやら、申し訳ないやら・・・でした。

今日も読んでくださってありがとうございます。
お天気下り坂ですが、安全でいい1日となりますように。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2016年4月25日 (月)

新太にとって楽しいこと

こんにちは。5時過ぎに家を出たときは曇り空でしたが、少しずつ青空が広がりました。
陽射しが強くなってくると「暑い」と感じます。

今朝の原っぱは、いつもより静かでした。カラスが沢山飛んできてうるさい日もあるのですが、今日は2羽くらいでした。
鳩は舞い降りず、横切っただけ。

よし、早めに川沿いを散歩しよう。
先週のようにキジバトが飛んできたりしない限り、新太は「終わり」と聞くと素直に原っぱを出ます。

川沿いを歩くのが楽しいようです。時間があれば、いつまででも歩いていたいのかもしれません。

犬にとって何が楽しいのか、何が嬉しいのか。時々考えるんです。
人間は自分の勝手な想像や思い込みをしてしまう傾向にありますが、もし犬が言葉を話せたら 「それは違うよ」と言いたいことがあるかもしれません。

なーんて書いてますが、私もあれこれ分かっているわけではなく、日々新太を観察しながら考えています。

誉めながらトレーニングをすると、トレーニングが楽しくなりますね。
犬が好きなおやつを使うと、喜びますね。
機械的に誉めても犬には伝わらないかもしれませんね。きっと見抜いてしまう。
でも、人間だって疲れることがありますし、ちょっと飽きることもあります。

犬が喜ぶこと、犬にとって嬉しいこと、何度も繰り返さなくてもすぐに覚えて、おやつがなくてもできるようになること。
それが理想なんですが、私は毎日常にそれを頭において行動してるかな?
お散歩のときはしているかな。日によって体調によって異なることもあるかな。

一緒に居る時間が限られているから、その時間を大切にしなくちゃね。

原っぱを走るのも楽しいけれど、風に吹かれながら一緒に川沿いを歩いていると、私自身が優しい気持ちになれるのです。
なんでそうなのか、よくわかりません。

川面を眺めたり、風に吹かれたりすることで余裕ができるのかな。
たぶんリードを通して新太に伝わっていると思います。

川沿いを歩くときは、歩くだけで走りません。
それでも新太はとても楽しそうです。距離も長いし反対側にも行けるし、車も通らないしね。
楽しそうな新太を見ると私も嬉しい。

互いの気持ちが伝わって、どちらも落ち着きハッピーになる。相乗効果かな?

あっ、写真は原っぱで撮ったものしかありません。
川沿いをリードを持ちながら撮るのが面倒で、何も撮らなかったのでありました。
また次回ね。

さあ、行くぞ~!顔は殆ど見えませんが楽しそう。

Gokigen20160425b

ブレてしまいました。

Gokigen20160425

こういう表情も好きなんです。笑顔のときより老けてみえますね。

Cloudy20160425

今日も読んでくださってありがとうございます。
安全で楽しい1日でありますように。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

2016年4月23日 (土)

ワンコ幼稚園無料体験

こんにちは。今朝は曇り空。雨の心配はなさそうなので安心してお散歩に出ました。お留守番が長い日が続いたので、今朝はたっぷり走るぞ!歩くぞ!

今日と昨日の写真が混在しています。

一緒に鬼ごっこのように走っているときの写真。ブレブレです。

Run20160423

スイッチが入ると夢中になります。

Run20160423b

このあと少し休憩。以前お会いした、地主さんのお友だちに再会。
新太、大喜びでした。

こちらは、畑に来るかもしれないおじいさんを気にしながら、後ろで鳥の鳴き声が聞こえるとパッと振り向く新太。

Findit20160422_2

昨日も今日も「そろそろ行かなくちゃ」 というときにキジバトが飛んできました。
電線に止まって新太とにらめっこ。

Hatopoint20160422

さてどうするか。この場でリードを付けても動かないかもしれないし、すぐ横で声を掛けても無視する可能性が高いし・・・と考えてから、私はリュックを背負ってリードを持ち、原っぱの出口へと向かいました。

出口の少し手前から、大きな声で 「来い!」と呼びました。
来ないか。よし、もう1度。「来い!」
すごい勢いで走ってきましたよ。さすがに置いてきぼりは嫌のようです。

今日のタイトルは幼稚園の無料体験です。

先月から私の体調がいまひとつで、寝込むことはありませんでしたが、何かあったときに新太を誰に預けるかについて真面目に考えていました。

1日くらいなら友人にお願いすることもできますが、それ以上は避けたいし、相手にもいろいろ都合があるでしょうし、仕事として預かってくれるところにしたい。
シッターさんにお願いするという手もありますが、期間にもよります。

以前から1度行ってみようかなと思っていた、ワンコ幼稚園無料体験(約2時間)に参加してみました。
簡単な説明の後、飼主は幼稚園から出ていきます。
2時間後に迎えに行きます。

大丈夫かなあ?
買い物をしながら、ドキドキ。

迎えに行くと、トレーナーさんと楽しく遊んだようで楽しそうな表情をしていました。
中型、大型の男の子を見ると少し緊張するようで、女の子は大丈夫そうだと言われました。

ははーん。散歩中と同じだ。
相手が男の子だと緊張が走ることがあります。すっと回避しますが、たまに相手がリードを短く持って下さらず、逆にどんどん近付けてくることがあります(やめてくれ~)

相手が女の子だと、モテたいのか? 少し態勢を整えて(これが笑える)スマートに近づこうとすることがあります。
でも、あまりモテないです。しつこいのかも?
人間にはモテモテなんですけど。

平和に暮らしていても、いつ何が起こるか分からない。それは誰でも同じですね。
飼主の病気、事故、予測できない災害、一寸先は闇・・・なーんてことをいつも考えているわけではなく、いつもは楽しく過ごしていますが、先月から今月にかけて少し不安になってしまったのでした。

大丈夫!そうなったときのために少しずつ準備しておこう。
お願いできる人、場所も確保しておこう。

今日も読んでくださってありがとうございます。
安全で楽しい週末でありますように。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村